FC2ブログ

お引っ越ししましたハガキ

以前アパートからマンションに引っ越したときは利便性もよくなったこともあって、友人とかに「近くにきたときには立ち寄ってね」なんて転居ハガキをふつうに出したりしたんですが、今回はどうしようかなーとか思っているうちにですね。カレの伯父と私の叔母と叔父がつづけざまに逝ってしまったのです。カレの伯父さんとも面識はあったし、叔母とはこどものときにすごく仲良く遊んでもらった記憶があります。おばさんではなくて名前で呼んでました。母が仲良しだったというのもあるんですが(幼馴染だったので) うちの母はよく溜息ついては涙ぐんでいます。カレの伯父の告別式には「いっしょにいって」といわれたのもあったのですが当たり前に行く気になってでかけていったのですが、家族葬だったので私のアウェー感は半端なかったです。あれ、ここ私がきてもイイトコロ?とか思っちゃったです。
叔母と叔父はそれこそ家族のみですませてからのお知らせだったので心のなかでお悔やみしました。なのでいまいち実感に乏しいです。告別式って実感するためのものなのかもしんないですね。逝ってしまった。もういない、と。うちの母のとこには、叔母(母にとっては義理の妹)からお手紙が届いたそうです。自分が逝ったあとに送るように娘(私のいとこ)に言付けてあったそうです。そういうのもいいなと思いつつも、せつないなと思いました。母は、叔母のアドレスを削除してました。LINEなどのやりとりも見るとせつないから消してしまったそうです。
そんなわけで喪中にすべきかどうか悩んだのですが、転居のお知らせを年賀状で!と思っていたので、とりあえず年賀状は出すことにしました。喪中はがきに転居知らせくっつけるのも何だし、タイミング的にもう間に合わないし。

ひっこしにともなって、おばあちゃんからもらったかわいいうさぎのぬいぐるみをどうしようかと迷ったあげく、人形供養しようかなと近所の神社とか探してみたりもしたのですが、自分なりの供養をして燃やしてもらいました。そう思うと、むやみにぬいぐるみとかあげちゃいかんなと思ったりもしました(笑) あげたほうはどうということないと思うので、ふつうに捨ててもいいとは思うのですが、なんとなーく、故人からもらったものとなると躊躇してしまうものですね。
ぬいぐるみといえば、小学生のときから寝るときにいっしょしていた小さなぬいぐるみがありまして、どうしても捨てられずにいまも部屋にいるのですが、カレがとっても怖がるのですよ。なので見えないところにしまっているというのに、その位置をカレはなぜか知っていて、あのあたりが怖いとかいいやがるのです(!) なんか動いたとか気配がするとかいっちゃって。でもまぁ、かわいいと思うのは私だけで、客観的にみると、ところどころほつれていて修復したあとがありありで、母がつくってくれた毛糸のワンピースを着ているんですが、それも色あせているので、もしかしたら怖いのかもしれない。けど、私にはかわいいのです。
いや、だから何がいいたいって、私の部屋、ぬいぐるみ多すぎです(結論か)
いただきものよりも自分で買ったもんだらけです(笑

今年もおわりそうですが、そんなわけで年明けの挨拶は遠慮しておきますです。
気持ちの問題なんですけども。
来年もよろしくです。
いや、まだなにか今年中に書くかもしれませんが。とりあえず。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ