整骨院と整形外科

もともと整骨院って胡散臭いなぁ思っていたんですけども(イメージとして) たぶんずーっと以前のイメージのせいなんですけども、今は裾野もひろがって若い柔道整復師さんが増えて(理学療法士さんと同じように若い人が増えて) 街中で気軽に行けるところになりつつありますが。まずレントゲン撮影などができないという点をあげると、ひざとか腰とか痛めたり、交通事故に遭われた方が最初にかかるべきところは整形外科だと思うんですね。交通事故ならまず総合病院の外科にかかってると思いますが。
レントゲンでないと、まず骨の状態がわかんないし、わかんない状態で整骨するのは悪化する可能性もあるしで危険だと思うのですよ。素人考えですけども。たぶん、整形外科の医師にいわせれば、整骨院とか接骨院とかは邪道というか反目しちゃうところのような気がする。漢方医と蘭方医の違いなんですけども。日本においては柔道整復師のほうが歴史があるハズです。
あと「理学療法士」と「柔道整復師」が決定的に違うところは「し」でわかるように、理学療法士は理学療法士として事業所を設立することができない一方で、柔道整復師は設立できます。歯科衛生士と看護師の違いもおなじです。
柔道整復師が病院などでリハビリに関わるには受講する必要がありますが(一日の受講でいいそーです) 歯科衛生士はリハビリに関わることはできません(看護師はOK) そもそも歯科衛生士の資格には身体介護が含まれてないのです。
さて、柔道整復師。
その業務は、急性期において骨や関節を元来あるべき場所に戻す施術をおこなうこと。そこにマッサージや温熱療法も加えられています。けれど慢性期のマッサージなどは按摩針きゅうマッサージ師がいるので、そちらが専門です。
受傷した状態でなければ柔道整復師の施術で保険は適用されません。自費になります。
肩のマッサージお願いしたいわぁでかかってはいけない場所です。
以前かかったときは、マッサージでいったけど痛すぎて合わずに2回でやめてます。今回はちょっとまじめに通うつもりでいますが、自費なので高いです。めっさ高い。でもまぁしょうがない。
治療がうまくいくといいなぁ。
今日お試しでいってきたんですが(自費ですよ) 全身矯正。一応。肝心のひざと足は怪我している状態なのですぐに治るわけもなく施術終えたあとも痛かったんですけど、肩と首がめっちゃすっきりした。頭の神経痛は首からきてるものなので、結局ここのせいなんだなとわかりました。というか、からだが全身かたくなっていて、ほぐすだけで大変。
ふくらはぎのところをマッサージするだけで楽になるのも結局つながっているからなんですねぇ。
ジムは来月休むので、かわりに整骨院に通います(忙しいなぁ笑)
なんかもう歩き方とかちゃんとしないと、どんな運動しても怪我するだけだと思うこの頃です。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ