2016年 秋ドラマです

思いだしつつ、箇条書き。たぶん感想は短いです。

「逃げるは恥だが役に立つ」
ガッキーと星野源のあれですね。恋ダンス。大ブームで紅白とか「踊ってみた」とかでネット上でもいろんな動画をみました。正直、新垣結衣だから可愛い恋ダンスであったと思ってます。あ、石田ゆり子さんも好きでした。役名はなんだったかな。ドラマの内容は、小賢しい女が草食男子の童貞男と疑似(雇用主と従業員として)結婚するというものでしたよね(身も蓋もない。すみません) 主人公の一見非の打ち所のない可愛らしい良妻ぶりが「金銭をいただいている仕事」ゆえのことで、ボランティアに等しい「ただで働く主婦」となったら苛ついてしまうし笑顔もつくっていられなくなるというのは、世の奥さまたちの共感を誘ったことでしょう。
OP曲も好きだったし、恋ダンスもよかったので、リアルタイムでみることも多かったです。

「校閲ガール・河野悦子」
石原さとみ主演。その独特なファッションも話題になってた…かな? ファッション雑誌の編集者になるのが夢なのに、なぜか超地味な校閲の仕事につくことになった主人公が、その仕事にハマりこんでいくお話。校閲とは「文書や原稿などの誤りや不備な点を調べ、検討し、訂正したり校正したりすること」なので、校閲=校正ではないんですね。本来、考証することまでが仕事の範囲とも思えないんですが、このドラマでは「実際にそれが可能なのかどうか」実地で調べるなんてことまでやってました。
アクションシーンの体の動きまで…。でもこのネット社会だと、小説やドラマのそういった不備などをいちいち突っついてくる人たちも多いですし、ファンの多い書籍であればあるほど、注意が必要なのは確かではあるなぁと思いながらみてました。
石原さとみの喋り方は役柄によって変えてくれたらいいのにと思ったりもします。このままだと、どの役やっても「石原さとみ」でしかなくなっちゃう。このところ連続して彼女の出演作をみちゃってるからかな。

「ドクターX」
シリーズ化しているので面白いのかもしれないと思っての視聴だったんですが、面白かったです。一話完結なのでストレスなくみれるし、米倉涼子がハマり役です。人間的にどうかと思う大門さんを爽やかに演じてる(笑)  駄々っ子というか、基本、こどもみたいですよね。悪役がきちっといるところも含めて、どこか時代劇のようなサッパリした感じ。ラストには必ずスッキリするのもいい。
なるほどなぁと思いながら、みてました。

「砂の塔」
ラストの3話くらいしかみてないんですが、とてもおもしろかったです。ラスト3話しかみなかったせいか、最終的な犯人は結構すぐにわかってしまいましたけども。松嶋菜々子が演じる「不気味な隣人」は、そんなわけで不気味な人ではなく「かわいそうな人」という印象になっていました(ラスト3話くらいしかみてないから) 菅野美穂が追いつめられていくのもみていてしんどかったけど、心を閉ざしたおにいちゃんが最終的に何を選ぶのかが気にかかってしょうがなかったです。
レンタルでイッキ見しようかなと思ってますけど、ラスト3話だけでも満足できるドラマでした。

「コピーフェイス」
原作は、たぶん(?) ハーレクイン・ロマンス。原作者はサンドラ・ブラウン。
セレブ妻の罪を暴こうとしていた雑誌記者がそのセレブ妻と同じ飛行機に乗り合わせたとき墜落事故に巻きこまれて重傷をおい、目覚めてみたら顔がそのセレブ妻のものになっていたという漫画みたいな展開…(小説だけど) ちなみにホンモノのセレブ妻は雑誌記者としてすでに埋葬済。入れ替わりの原因になったのは、ふたりが互いのネックレスをつけかえていたからなんですが、果たして性悪のセレブ妻がたまたま隣り合わせた貧しそうな女性に自分の豪華なネックレスを渡すということがありえるのだろうかという疑問は脇にどけておく(笑) 戸惑いながらも、潜入捜査するにはもってこいじゃないかと開きなおる雑誌記者(考えてみたら、すごい根性だな)  事故のショックで人格の変化や記憶障害をきたしているのだとごまかしまくって、本人になりすましてセレブなお屋敷で旦那と娘と触れ合うことになるのですが、旦那とはすっかり冷めきった関係で、娘のことは邪険にしていた母親でもあったので、案外、疑われないという。どこまでも歪んでいて高飛車で人の心を思いやれないセレブ妻の性質がわかればわかるけど、邪険にされてきたゆえに母の愛を求めながらも心を閉ざす少女に同情し、自分を否定されつづけてきた旦那(しゅうじさん)の寂しさに触れるたびに想いをつのらせていくことに……。最終的には、まぁ、ハッピーエンドだったのでよかったです。

「ラストコップ」
録画はしていたんですけど、結局、2話めくらいまでしかみれませんでした。ちょっと…ギャグについていけなかった…(涙) 窪田正孝くんが好きなんで、ちゃんとみたかったんですけども……残念でした。

以上です。

あと「真田丸」はラストまでしっかりみましたよ。
ラストまぎわにようやく出てきた「真田丸」 キャラ立ちした面々のやりとりが楽しかったです。
合戦シーンとかは派手じゃなかったですけども…。というか、関ヶ原がさっぱり過ぎちゃってなんの印象も残ってない(!) あと石田三成を演じていた山本耕史は好きな役者なんですけど、石田三成の小賢しいがゆえに人望のない男っぷりがよかったです。誤解されやすい性格だけど、根はまじめで忠義心の厚いやつだということを人たらしの殿下や親しい人だけが知っていたというのもよかった。というわけで、三成が目立つはずの関が原のさらっとぶりに落胆して、ちょっとトーンダウンしてしまった最終話でした。
竹内結子の演じた「破滅型」の茶々もよかったです。ファム・ファタールのような。運命の女というのが自然に浮かんでくるようで…。彼女に関わった男はみんな破滅していくのですよね。本作の主人公も含めて。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カピバラさん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ