「シン・ゴジラ」←ネタバレ

私はこの映画をネタバレ感想を読んでから見に行きました。でなかったら見に行ってなかったです。まったく内容を知らない人は、ネタバレ感想を読んでみたらいいと思います。ただの怪獣映画じゃないから。
予告ではね。よく目にしていたんですよ。劇場で。なんとなく「クローバーフィールド」みたいだなと思ったりしてました。クローバーフィールドの感想は、コチラ

この映画は、日本近海に突然生じた異変に対して日本政府がどういう対応をするかというシミュレーション動画のようでした。会議だらけです。いちいち会議室に移動したり「こんなことしている場合じゃないのに」と思いながらもそれをしなければどうにもならない状況がやけにリアルです。とくに有識者会議には笑いました。
でも最初に上陸したときのゴジラは深海魚みたいでなんかすごくちゃちくてかわいかったです。なんだこれ、ゴジラじゃないじゃん。と、思ったら、すさまじいスピードで進化していくという設定でした。エヴァンゲリオンの庵野秀明が総監督と脚本、進撃の巨人の樋口真嗣が監督と特技監督を務めてます。
フルCG。
破壊されていく街並みがリアルだったのでおそろしかったです。
以下、ネタバレ。

主演は長谷川博己。好きな俳優さんです。滑舌もよく聞きとりやすいので政治家向きだなと思いました。米国側の使者としてやってくる日系アメリカ人を石原さとみが演じてます。アメリカが祖国。日本は「おばあちゃんの国」だけど、愛着はある。だから自身の政治生命を賭けてまで、日本を守ろうとする。祖国アメリカを守るためだったかもしんないけど。
アメリカ版のゴジラ(古いほう)は怪獣ではなくて恐竜だった。ハリウッド映画は未曾有の脅威に立ち向かうとなると不思議なくらい気軽に「核弾頭」を使おうとするんですが、それをこの映画では揶揄っていたようにも思えた。

もともとゴジラは、反核の象徴のようなもの。なのに、それを倒すために核を使う。核をエネルギーにしている相手に核を使う。まあ、目には目を的な…? 蒸発しちゃうだろうしね。でも東京に核を落とすなんてとんでもないことだと思うんだけど、絶対的な脅威がそこにあるなら排除するのも当然なのか。国際社会的にもそうすれば支援の輪がひろがるだろうという政治判断もあったり、アメリカからの圧力があったり。アメリカを「かの国」と呼び、戦後はずっと属国だと断言する。
アメリカの(爆撃)計画書を見て「ゴジラよりひどいな」とつぶやく。ゴジラは核燃料の廃棄物質を喰らって突然変異したいきもので、驚異的スピードで進化していく生物学的には上位にある生体として、その核エネルギーを軍事転用できるものとして「研究したい」と考える人たちもいる。けど、このまま進化すれば翼が生えて空を飛んで大陸間を行き来することになるとなったら他国も黙ってはいません。放射性物質が風にのって世界をめぐるとなったら他国が黙ってなかったように。
実際、ゴジラは放射性物質を吐き出すいきものですしね…。
でも日本もただ黙って従うだけじゃない。
他の方法をしっかりと考え実践しようとし、また実践する。
東日本大震災を思いだしました。
ゴジラが福島原発のよう。
そのときどきの政治判断や現場に向かう人たちの決意のようなものがないまぜになって、途中じーんときました。相手はゴジラだし、口からレーザービームみたいの出すし、背びれからも尻尾からもビーム出してビルとか真っ二つにしちゃうという、えらい騒ぎだし、まるで破壊神のようだった。けど、核弾頭を落とされるくらいならという意気込みで全力をつくす人たちに感動する。インフラめちゃくちゃだけど。東京駅もなにもかもめちゃくちゃだけど。
もともと復興しインフラを整えて立ち直ってきた国だといわれれば、そうだったなと思ってしまうあたり災害慣れしているんだかなんだか。たとえばトップが突然いなくなってしまっても、すみやかに次の誰かがトップになる国でもある。代替のきくトップ。それを支える人たちもまた代わりがいる。絶対的存在がないというのがおもしろい(のか) とはいえ決定を下すのは総理大臣。責任をとるのが政治家。「ゴジラを殺せ」とデモをする人たち。その中で疲れきって眠ってる人たち。それこそ不眠不休で働きつづけている人ばかりなのに、国民の目からしたら「何もしていない」ように映ったりするんだろう。

そしてゴジラがいったん姿を消せば、人々はまた日常に回帰する。
避難しろといわれてもすぐに避難することができなかったりするなかで、人が残っていても時間がくれば構わずに爆撃すると伝えてくる国連の多国籍軍とか。こわっ。

会議での話し方などもリアルでした。
取材協力とか堂々たるエンドロールの顔ぶれに感心しました。
すごかった。

え、ゴジラ? 興味ないし。って人には「未曾有の危機に直面したとき日本政府がいかに後手後手にまわってしまうかがわかる映画だよ」といえば、もしかしたら興味もってくれるかも?というか、平日の何のサービスデーでもない映画館の座席がうまっていたことにびっくりしたんだけど、ロングランヒットしちゃうのかな、もしかして。
ロングランになって話題になれば、じわじわと観客数が増えるかもしれない。

脅威は完全には過ぎ去らず、オブジェのように佇む姿は勇壮で、ふたたび動きだすときがくるかもしれないラストには薄ら寒いものがあったけど、エンドロールが流れるまでの無音状態が、実はいちばん怖かったです(お腹の音がなってしまいそうで!)

最後に。
この映画が興味深いからこそ感じたこととして、ゴジラがかわいそうだった。ゴジラは核の廃棄物のなかで生き残るために進化した生体であって、ただ海を渡って陸にあがって歩きまわっていただけなのに、攻撃されたから攻撃し返してるだけなのに、害獣扱いです。いや、害獣なんだけどさ。ただ歩いてるだけで破壊しちゃいますし。
ただ、私が知ってるゴジラには哀愁が漂っていたと思うんですけど、今回のゴジラはおそろしい怪獣でしかなかったなぁ。人から見たら、そうとしか思えないものですけども。
機会があれば、またみにいくつもりでいます。リピーターか。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カピバラさん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ