2016年 春アニメです。

とはいえ、まだ終わってないアニメもあるんですけども。
とりあえず思い出した順。箇条書き。

「甲鉄城のカバネリ」
キャラ原案が美樹本さんなのでなんだか懐かしい心地がしました。グロテスクな内容でしたけど、進撃の巨人ほどではなかったです。アニメ版「進撃の巨人」を制作したスタジオによるオリジナル作品だから、その「色」を受け継いでます。飛んだりするアクションとか、大量のカバネ(カバネ=屍)たちによる行進や殺戮行為とか。世界観はいまいちわからなかったけど、蒸気機関の発達した日本(日ノ本)が舞台になっている将軍が治める世界。天皇の存在はわからんまま。カバネと戦うのは武士の勤め。
カバネはウィルス感染によって拡大し、日ノ本はそのほとんどがカバネたちの住む土地と化している。生き残った人々はカバネたちから隔離された堅牢な「駅」とよばれる砦のなかで生活していて、駅と駅をつなぐのは駿城という装甲蒸気機関車のみ。これでカバネたちを轢き殺し、叩き伏せ、斬り捨てながら往来するという。
無名(むめい)と呼ばれる女の子が一方の主人公として出てくるんだけど、こどもっぽかったな(年齢的にもこどもだけど) 主人公の生駒(いこま)は武士じゃないのにカバネと戦うために自らカバネに感染した男です。マッドサイエンティスト系。カバネへの復讐心に突き動かされている。でもこれウィルスが原因なら、そのウィルスを殺すことを考えたほうがいいんでは…。それともそういった科学的知識はない設定なんだろうか。ああ、ウィルスが原因だなんて「知らない」設定なのかも。江戸時代における結核と似た扱いなのかも(結核は細菌ですけども) カバネに噛まれるとカバネになるということは知れ渡っている。
で、美馬(びば)様ですが、やりたいことがよくわからなかった。こどもを洗脳し自分の計画のために利用して、使い捨てていく。虐待されたこどもがそれでも親を慕うように、無名は美馬を兄様と呼んで慕っている。そんな無名に、おまえに「無名」だなんて名前を与えるやつなんか信用できるかと生駒はまっとうな感情を投げつける。
生駒は周囲からダメ出しされるような立場にあって(武士と同じように戦おうとしているだけで越権行為として叩かれる) 蔑まれ、ばかにされてきた俺が、おまえらを助けてやる! ざまあみろ!といってカバネたちの中に飛びこんだりする。決して、かっこよくはないんですが(泥臭いというか、青臭いというかで) 好感のもてる主人公でした。
OPとOP曲が好きで、スキップせずにいつもみてました。

「ジョーカー・ゲーム」
1話ごとに主役がかわる。オムニバス形式なアニメ。映画化もされたけど、映画と同じなのは1話めのポーカーゲームだけなんじゃないかと感じるくらい内容が転々としてました。日中戦争中につくられた国家(諜報)機関。大戦のまえだったり最中だったり、時系列が1話毎に行ったり来たりするので、あれ?と思うこともしばしば。どの顔も同じに見えるし、作戦中は偽名なので、ますます誰が誰だかわかりません。櫻井孝宏さんの声は好きなので、声だけでわかったけども。
諜報のスペシャリストたちのやりとりが面白かった。ラストは全員が揃っていてよかった。
任務を遂行することのみを淡々とこなしているスパイたちの感情を殺した無表情さがちょっと不気味だった。死に顔が穏やか=任務を遂行したから。というのは、せつなかった。

「少年メイド」
母親をなくした少年が、母親の弟にひきとられるお話。母の「働くざるもの食うべからず」という教えを守って家事のスペシャリストになってる千尋と、壊滅的に家事のできない円(まどか)とのやりとりがほのぼのしい。なにより「動いてないと落ちつかない」千尋くんの奮闘ぶりがたのしかったです。原作コミックは未読。
ほのぼのしていたので、みていてほんのりした気持ちになれた。千尋くんがかわいすぎる。ぼんやりしていながらもしっかり大人で保護者な円(まどか)もよかった。

「文豪ストレイドッグス」
なじみの文豪たちが異能者となってバトルをくりひろげるお話。次は誰だろうって楽しみでした。二期が配信される予定になっているので、一期は途中で終わってしまった感が半端ありません。え、ここで終わり?という感じ。
二期をみてから、ちゃんとした感想を書こうかな。

「マギ シンドバッドの冒険」
本編の「マギ」では、いいおっさんになってるシンドバッドの少年時代からのお話。原作もまだ未完。シンドリア国をどうやってつくったのかという過程が描かれていて、サクセス・ストーリーぽく楽しむことができました。
二期は…あるのかなぁ…
一応、いい感じのラストで、さぁ船を繰りだそう!だったので、これでおしまいでも違和感はない、かな。
原作の「マギ」のほうでは、いよいよシンドバッドの野心が花開いているので、続きがおっかな楽しみになってます。シンドバットのやり方が正しいのか過ちなのかわからないところがおそろしい。なにもかも利用するという器の大きさは頼もしいけど、それによって変わっていく世界に「ほんとにこれでいいのか」と疑念を呈すアリババの存在がおっきいです。このアニメにはアリババは出てきませんけども、物語がどう帰結するのか楽しみ。←「本編」の感想になってしまった…。
シンドバットの冒険では、ジャーファルがなぜシンの傍らにいるのかというところが丁寧に描かれてます。

「マクロスΔ(デルタ)」
まだ終わってません。マクロスなので三角関係なんだよなぁ思いながら見てます。感想が短いのは、まだまだだから。私はマクロスではいつも、ふられる側の女の子が好きなので、これもそうなっちゃうのかなぁと思いつつ、マクロスの常識を覆してほしいと願ってます。にしても寿命が短すぎるなぁ、ヴィンダリア人(平均寿命が30そこそこ) それだと12くらいで相手を見つけて子孫を残していかないと絶滅しちゃうよ、種族的に。そういえばマクロスといえば巨大母艦なんですが、いまのところその母艦を有しているのは敵側です。くわしい感想はラストまでみてからにしよう。

「迷家-マヨイガ-」
現実世界から隔離された村をユートピアになぞらえて、そこへ行こうツアーに参加した少年少女たちが、都市伝説として語られる「納鳴村(なな きむら)」に閉じこめられてしまうお話。うさんくさいバスツアーです。ネットでのニックネームで呼びあってます。みんな現実の世知辛さから逃げてきた。ので、何かしら深いトラウマを抱えている。辿り着いた「ななきむら」を理想の楽園にしようと息ごみながらも巨大なバケモノに遭遇して、人が減っていき、疑心暗鬼にとらわれることになる。
トラウマを克服した(トラウマに向き合った)人のみ「ななきむら」から吐きだされていくのだと気づいた人は、すでに「ななきむら」の外にいるから、それを中の人たちに伝えることができない。そんな感じだったかなぁ。
この少年少女たちって、やたらヒステリックな喋り方をするんですが、なかでもほんとに耳に痛いくらいヒステリックに叫ぶ女の子がいて、それがいやで飛ばしていたので、実は内容が飛んでます。……とくに後半(ぇ)
10代の少年少女がメインなんですけど、いい社会人も不倫カップルもいるんですよねぇ。
なんかこう、もやっとする内容でした。

「Re:ゼロから始める異世界生活」
またしても異世界ものかと。ゲームの中だけのことかと思ったらライトノベルがほぼこれになっちゃったもんだからアニメまでこればっか。なんなんだかなと思いながら初回をみたんですが、面白かったのでつづけてみてます。まだ終わってません。異世界に召喚されちゃったぽい主人公は筋トレばっかしてたニートで、異世界召喚にヒャッハーするおばかです。これは主人公の成長物語なんだと思いたい。面白いのはループしていること。タイムループというよりも死んだらセーブ地点に戻る感じ。正解を見つけないかぎり生き残れないので、主人公は何度も死に戻ることになるし、その時点からやり直すことになる。
ゼロから始めるというのはそういう意味なんだろうけど、せっかく築いた関係がちゃらになるだけではなくて、主人公の行動によってもっとひどい惨劇が起きたりする。主人公はひたすら異世界にきて最初に出会ったハーフエルフのエミリアたんを助けたいだけなんだけど、エミリアは最初の出会いを知らないので(何度もループしてるし、ループするごとに出会い方は違ってたから) なんで自分をそんなふうに想ってくれているのかさっぱりわからない。んで、すれ違っていく。
ただのふつうの少年で、なんら特別な力は持っていない。死ぬのは怖いし、痛いのはいやだとのたうち回る。それでも知り合った子たちを助けたい一心でがんばっていたけど、エミリアから否定されてしまったら、あっけないくらい心が折れてしまって、ぐちゃぐちゃです。情けない主人公です。背景に胡散くさいものを感じます。そもそもなぜ召喚されたのか、誰が召喚したのか、なぜ死に戻るようになってしまっているのかわからないんですよね。召喚したのはエミリアについてる、もふもふの精霊かもですが、
原作はまだ未完かな。
完結してからアニメにすればいいのに。

以上です。
ドラマより熱の入ったコメントつけてますね、私…(笑
いまやってるアニメでは「ももくり」がかわいくて好きだなぁ。日常系恋愛ものですけど。あと「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-2nd」 1stを知らないんですが(見たいんだけどそのうち再放送するかな) コードギアスの谷口さんが総監督してるだけあって面白いです。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カピバラさん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ