「帰ってきたヒトラー」←ネタバレ

上映館が少ないので都内に出向いて鑑賞してきました。上映館が少ないので(!) 席が完売していました。思ったより若い世代が多かったのは、ネットのおかげでしょうか。正確にいうとニコ動とかYouTubeの「総統閣下シリーズ」のおかげかと。
コメディですしね。内容が。
でも、そこはかとなくブラックで、おそろしい内容でもあります。
原作はドイツで刊行された風刺小説。ティムール・ヴェルメシュ著。
アドルフ・ヒトラーが現代のドイツにタイムスリップしてきたらという内容で、ドイツ社会の問題点などもさらりと描かれています。ドイツでヒットし、映画化もされていて、その映画がコレ。
ほとんど時事に沿ってます。
現政権の首相のことまで揶揄している。恐れを知らないとはこのこと。さすがドイツ…なのか…?
そんなわけで、面白かったです。でも、ちょっと、もよっとしました。
実はこの映画、予告編でその内容がほとんど網羅されてますので(笑) 日本語版の予告を見て、面白そうと思った人は、是非お近くの上映館まで足を運んでくださいませ。
以下、感想。

ヒトラーは現代に突如として現れ、右も左もわからない状態ながらも冷静に周囲を観察し、いまがドイツの未来であることに気づいたあとは、情報を頭のなかに入れることに貪欲になります。あくまでもヒトラーになりきっている男のことを人々は「芸人」だと思いこみ、まじめくさった喋りと、卓越した演説(実に核心をついた言葉を力強く発する) 本人が意図せず挟む現代的な一言にウケる観客たち。ヒトラーは、こに国を変えるためならば、どんなことも利用しようとします。本人は、ただ本人であるだけ。
周囲が勝手に芸人と思いこみ、面白がっているだけ。
ただひとり、そんなヒトラーを最初に芸人と思いこんでテレビ局に売りこんだ男だけが、長くこの男と共にいたからこそ、この男の怖いところに気づくのです。ホンモノかもしれないと気づく。ヒトラーは最初から「私はヒトラーだ」と本当のことをいっているのですが、それを周囲がホンモノだとは思っていないことすら利用しているんです。
淡々と。
この映画は、風刺。強烈な皮肉をふくんでる。
いまのドイツは難民をたくさん受け入れいる移民国家です。それをいやがっている人たちもいる。ヒトラーは「まだポーランドがあるとは」と嘆きます。しかもやつらはドイツの地に住んでる。あの戦争が無駄になったとぼやく。いまのこの状況は都合がいいといいます。独裁者が生じる土壌があるということです。
現代にきてしまったヒトラーの秘書役についたクレマイヤーは、ヒトラーから「ユンゲ女史のかわり」として重用されるけど、実はユダヤ人で、ヒトラーを見たユダヤのおばあちゃんは(認知症なんだけど) ヒトラーに向かっていうんですよ。おそろしい男だと。またひどいことをするのかと。最初はみんな笑っていたと。いまも、あのときと同じだと。
小説では「トルコ人の批判」をしてウケるんですが、映画では「トルコのやつらもやるな。見なおしたぞ」とヒトラーにいわせてます(大人の事情かな) シリアの難民とか出てきます。
まさしく「いまの問題」
政界に出ようというところは、映画ではなかったですけどね。

映画で気になったこと。
ところどころ群衆のなかにモザイクかかったり黒い目隠しが入れられたりしている人がいたこと。ゲリラ撮影でもしたのかな。一般人だから隠してあったのかなぁ(謎です)

途中、ありえないほどの笑い声が沸きおこったこと。
いっしょにいったツレは「ここ笑うところ?」とこっそり聞いてきました。
ニコ動やYouTubeの「総統閣下は○○にお怒りのようです」シリーズでよく見ている場面だったので、私はすぐにピンときたけど、わかんない人はほんとにわかんないと思うんですよね。、映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」のヒトラーに嘘字幕をつけたMADシリーズです。メガネをぶるぶる震える手で外すシーンがよく使われていて、それと同じシーンがこの映画のなかにあるんですよ。
やってるのはヒトラーではありませんけども。

もよっとしたのは、本当のことに気づいた男が精神病扱いされて病院に入れられちゃったこと。原作ではクレマイヤーと結婚してるそうなので、こんなふうにはなってないのかな…? 原作は日本語翻訳されてます。
書店で見たな。そういえば。読もうかな。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カピバラさん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ