このところ。

人様の生命保険のことで頭がいっぱいでありました。
生命保険って結構いわれるがままに入ってたりするんですよね。とくに会社勤めしていると団体割とかで生保のおねーさんとかおばちゃんとかがやってきて説明して、じゃあ入りますーなんて流れで契約しちゃったりなんかして。
新入社員のときは年齢が若いから保険料もたいした額じゃなかったりするけど、歳を重ねていくうちに保険料がどんどん上がっていって、しまいには「…え。3万こえるの!?」ということになりかねないのです(マジで)
その時点で「自分が死んだらたちゆかなくなる扶養家族」がいる場合は「まあしょうがない。もしものときのためだ」と思うものですが、独身者だったりすると「いや、自分死んでも受けとる人いないし」とかになってしまうのですよ(親も老いてますし) それにひとりならこんなに保険いらないからちょっと保険料下げたいなと思ったりもします。が、団体割の大手保険会社のおねーさん(おばちゃん)は、いまの保険をベースにしてこの保険に入れば保障がしっかりしていて安心ですよとオススメしてくるのです。
外交員の方はほんとにわかってオススメしてくるのでしょうか。
それとも責務のように会社に追い立てられて、ひとつでも商品(保険)を売らなくてはならなくて、多少の不利益には目をつむってしまうのでしょうか。いや、相手も仕事だから大変なのはわかるんですけどもね…(自分が外交員の立場なら心が挫けそう)

私が入っていた保険もそうだったんだけど、
終身保険のはずが、特約は10年更新になっていて、10年ごとに保険料が高くなっていくというやつでした。これにはメリットもあります。保険の内容はそのときどきのニーズにあわせて変化していくものだし、物価もインフレになったりしたらそのたびに見直しができること。たとえば3000円が300円くらいの価値になっちゃうスーパーインフレとかになったら入院日額3000円もらってもお菓子くらいしか買えません。昔は入院5日めからでないと出なかった入院保障も、いまは日帰りだって出ますよって保険が主体です。
見直しができるというのにはそういうメリットがある。
一方で、終身保険の保障は死亡保険金100万だけであることが多くて、特約の更新をしないと、これまでかけてきた莫大な保険料にまったく見合わない保障しか残らないことに……。しかも更新した直後に「やっぱり解約します」ってことになった場合、それまでかけてきた莫大な保険料はどこにいった?と思うほどの解約払戻金しかありません。更新するときに、いったん解約手続きをしているからですよ。更新とは名ばかりです。だって解約払戻金が減るんだもん。更新じゃないよね!?
いまがどうだかわかんないけど、私のときはそーだった。
んで、知人の保険もそうなっていて、相談されて、これ保険を見直すならいったん解約して払戻金もらっちゃったほうがいいよと助言しておきました。それでよその保険を調べて自分なりに比べてみればいい。
掛け捨ての医療保険だって今は充実してますし。掛け捨てで月々1万とかはさすがに払えないけど、3000円くらいならサプリでも買ってると思えばいけそーだし。死亡保険金なくてもいいなら医療保険もありだよと。

ふりかえるとねぇ。
むだに保険料払ってんですよねぇ…。私。すごい。計算したくない。
20歳そこそこだったのに死亡保険金あわせて6000万とか、どこのおっさんだよって感じのに入ってましたからね…。もしあのとき誰かに殺されていたりしたら、死亡保険金の受取人だったおとーさんが疑われていたかもしれない(笑)

そんなわけで、頭のなかが保険一色でした。でもやっと落ちついたので、自分のことしてますよと。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カピバラさん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ