FC2ブログ

河川の氾濫

自分で書いておいてなんだけど(この下の記事) これでもし近くの川が氾濫したりして、新聞の記事になるような大災害をひきおこしていて(ハザードマップによるとうちの近辺は2m浸水地域なので)下手したら逃げ遅れて救助待ちだなんてことになっていたら「まさか、こんなことが起こるなんて思ってもいなかった」とつぶやいていたんだろうなと思えるくらい、まったく悠長だなぁと、思った。
すみません。
まさか起こる筈がない。とか、根拠のない「安心感」なんて持っちゃいけませんね。
うちの近くにある川は近くにあるといっても徒歩20分はかかる距離なので、ふだんは川の見えない生活をしています。けれど、氾濫すればここは絶対に沈むということは知っている。鬼怒川近辺の場合はどうだったんだろう。ふだんの雨くらいでは冠水もしなかったりすると「まさか、ここまでは」とか思っちゃうものなんだろうな。うちは引っ越してきたばかりのときに道路冠水を経験して「え、ここ、水が出るところだったの!?」ってびっくりしたから市のマップを確認したので「知っている」だけかもしれない。
ちなみに避難場所として指定されている小学校も川氾濫したら被災する場所に建ってるので、マンション上階のほうが避難場所にふさわしいよなと思います。うちは浸水するけどねー。だから小学校行ったら二階より上に行っときたい。
いま鬼怒川のハザードマップがニュース画面に出ましたけど、これこれ、こういうの、うちのとこにもあります。さっきも書いたけど、2m
浸水地域です。他人事じゃないですね…。
カレは仕事柄か水の怖さを知っていて眠れぬ夜をすごしてました(私は寝てた) 明け方は、うちのとこも「避難勧告」出ていたらしいです。市内スピーカーでアナウンスしていたとか。でも、まったく聞こえませんでしたよ。避難勧告も、寝てる私にはわからなかった。避難準備までは目にしていたけど、寝てる間にそういう知らせがあっても気づかず「寝てたら水音が」とかリアルに起こりえます。
うちのとこが、はじめて冠水して、多大な被害(おもに車の沈没)がおきたとき、住民たちが「雨で戸締りしていたら防音しっかりしているおかげで外の雨風がまったく聞こえなくて気づくのが遅れるから、室内アナウンスで全館放送みたいのやってほしい」と提案したんですが、それは管理人からの連絡時には大音量の呼び出し音が鳴るというやり方で応じてくれたもんで、たまに管理人から連絡がくると「え、なにこの音!」ってビビります。そしてこのところの豪雨は深夜にくることが多いので、管理人いません。つまりあまり役立ってません。つまり、個人の判断なんですよね。避難準備が出た段階で逃げろということなのでしょう。
それとはべつに、近くの河川の水位はネットで確認してました。
もう少しで氾濫警戒水位になりそうだなぁというところまで増水はしていたし、翌日の10日もずっと洪水警報がでてました。けど、逃げるのって、結構、勇気いりますね。様子見しちゃうし、なんとか家にいたいって思ってしまうから。
実は、準備さえしてなかったし。
それにしても大変なことになったものです。
このところ河川の氾濫、多すぎる…。
常総市ですが、元の地名は水海道市だったんですね。
わかりやすい地名だったのに、合併とかで名前が変わると土地のこともわかりづらくなってしまいそう。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ