FC2ブログ

2015年春アニメです。

ドラマより先に。今季は実はあんまり見てなかったうえにまだ終わっていない番組が半分近くあるので感想後回しにしようかなと思っていたんですが、書くの逸してしまいそうなので、さささっと。思いついた順に箇条書き。

「アルスラーン戦記」
原作は小説(未読) コミック連載中。鋼の錬金術師の荒川弘さん画。アニメはこの荒川弘さん版をベースにしている。いま放映しているところはまだ描かれていないところらしい。荒川弘さんの描いたコミックは読みました(3巻まで既刊)
王子が国を追われ国を取り戻すために仲間を集めていくものがたり。ゆくゆくは王都奪還を目標にしている。原作を読めば複雑な背景と政治情勢がわかるのだろうけど、アニメとコミックだけではいまいちわからないところもある。へたれだったアルスラーン王子がたくましくなっていく物語かと思っていたら、アルスラーンは相変わらずお姫さまみたいな見目のまま、仲間を信じたり労ったりすることで忠実な臣下を得ている(進行形) 簒奪者の息子といわれたアルスラーンの真の出自はまだ明かされない(なんかありそげ) 王国を真に継ぐべきモノとしてアルスラーンの抹殺を企てる鉄仮面王子はやたら剣の腕がすごい。
でもまあいろいろ途中すぎて、あと1クールで話がまとまるのか謎です。

「ふなっしーのふなふなふな日和」
ある日あるときテレビからやたらふなっしーの声が聞こえてきたので何かと思ったらアニメだった。びっくりした。アニメになってるよ!? でも耳で聴くだけで、ほとんど映像はみてません(仕事中だったから) 以来、ふと耳に入ってくる、ふなっしーの小話。ほとんど意味のない日常アニメ。ほのぼのしました。

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」
これをみる前に第一期のシドニアをレンタルしていっき見しました。オープニングの曲にハマりました。ぬるぬるした動きに違和感があったのは3Dアニメだったからなんだなと、あらためて実感。顔の区別がつかない人たちがたくさんいるのはクローンだからというのもわかった(仄ばかりで見分けつかない) 宇宙外生命体によって太陽系が破壊された1000年後、かろうじて逃げのびた宇宙船で植民可能な惑星をもとめて放浪している人類の種の存続をかけた戦いのお話。宇宙船といっても超巨大な空母みたいなもんで(マクロスか) 生産と繁殖が可能。いろんなエリアがある。人類は自らを改造していて、知識と歴史を継承するためなのか不死の人たちもいるし、光合成で生命維持することができたり、性を持たずに相手にあわせて性別をかえたり単性でクローンを生み出すことのできる人間もいる。倫理的なタブーよりも種の存続に賭けている。んだけど、それって、ほんとに「種」なのかなと思わずにはいられない。でも、敵、強すぎるし。敵の正体もよくわからんままでした。
隊員たちの恋愛模様は楽しかった。つむぎは可愛かった。この生き残った人々のコロニーは日本文化を受け継いでいるので、エリアにはそれはみごとな桜満開なエリアもあって美しい。開発されたロボットの名前は漢字で表示されるし、機器の表示もすべて漢字。これはこれで、かっこいいなと思った。一文字で意味がわかるしね。

「プラスティック・メモリーズ」
耐用年数9年のギフティア(アンドロイド)を回収する仕事をすることになった主人公と主人公のパートナーであるギフティアの恋物語。耐用年数をすぎたギフティアは暴走してしまうため、きちんと回収しなければならないらしい。アンドロイドを提供し、9年経ったら回収する会社ってことは、リース契約なのかな。アンドロイドとはいえ感情表現ゆたかで「人間」にしか見えません。たとえ相手が無機質であろうと愛用すれば愛着がわくし、離れるときは寂しい。耐用年数がきて回収されたアンドロイドは初期化されて、メモリのすべてを失うことになる。主人公のパートナーは耐用年数まぎわのギフティアなので、最終話は恋人たちの別れでした。
せつないけど、やさしいお話でした。

「終わりのセラフ」
吸血鬼と人間の戦いのお話。どちらも相手を悪しざまにいうのは戦いの構造上、どの時代でもどこでもありがちなことだけど、一方からみた相手と、仲間になったときに感じることには隔たりがあるものなんだなと思わせられる。ただアニメの最終話を見たときの私のつぶやきは「終わりのセラフって、終わってないじゃん」でありました。いくらなんでも途中すぎるだろう! 原作まだ終わってないにしても。それとも二期ありきなんだろうか。

「グリザイアの迷宮」「グリザイアの楽園」
タイトル似てるけどなんだろう?思ったら18禁ゲームだったんだな。いや、っぽいなとは思ってた。「グリザイアの果実」「迷宮」「楽園」と続いて、楽園が完結編。喜怒哀楽の少ない少年、風見が主人公。登場する少女たちはなんらかの傷を負った女の子ばかり。風見のお姉さんからしてちょっと怖い。風見を育てた傭兵、麻子はカッコいい。風見の年齢にあわせて「女の子にモテる」才能を育てていくところとか。詳しくは覚えてないけど、お前くらいの年だと、とにかく走るのが早いやつがモテる。だから走れ、とか。そんなふう。ゲームではどうなのかわかんないけども、アニメの風見は麻子ひとすじで、麻子の言葉にしたがって5人助けたら死ぬことができると思いながら生きていたという感じ。風見は、5人の女の子を救っている。風見に救われた女の子たちが風見のために、あらゆる手段で助力を惜しまないところがよかった。というか、楽しかった。
風見の声は櫻井孝宏。あれ、この声って?と思ってスタッフロール確認したらそうだった。
つか、このアニメ、R18じゃないんか…。ダークな内容でしたよ。重くって。

「俺物語!!」
少女コミック原作。まだ終わってません。原作も終わってないけど。
高校生にはとても見えない超巨体で漢な主人公・猛男(たけお)と、ちっちゃくてかわいい大和(やまと)の恋物語。実写化もされるんだとか。でも大和みたいにちっちゃくてふわふわしてて少女漫画の主人公!という感じの子って、現実には、あまりいないよね…(猛男や砂川みたいなタイプは現実にもいそうだけど)
猛男の親友・砂川(通称すな)は、イケメンだけど、彼女はいない。猛男のことを面白がりながらも真摯に関わってくる人のいいキャラクターで、ファンが多そう。実写化映画のあらすじで「猛男の恋のライバルで親友の砂川」とかいってたけど、恋のライバルにはなりえないので、その紹介は間違っているとツッコミいれてました。画面に向かって。

以上かな。
うん。たぶん。これくらい。
アニメって、夏アニメを予約していて思ったけど、多すぎる…。
こんなにたくさんアニメつくって大丈夫なんだろうか。アニメ制作する人たちの体力が心配。声優さんも。…声優さんといえば、このところ女の子のしゃべり方がみんな同じに聞こえるんですが、流行かな? 萌え声っていうか、妙に高くて、かわいらしい。
今季は「赤髪の白雪姫」が楽しみです。あと「GATE」は自衛隊アニメなのでちょっと気になって録画しました。
それから「乱歩奇譚」はみてみたら面白そうだった。興味のある対象以外はモブにしか見えないコバヤシ少年の異常さが小気味よかった。アケチの声がこれまた櫻井孝宏だったので(あれ?と思ったらそうだった) 好きなアニメに出演してる率高いなぁ。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ