FC2ブログ

皮膚科にいってきました。

仕切りなおしです。でも仕切りなおしなら、いま通院している先生でもOKな気がするんですが、他にもいろいろお薬いただいてきました。ビオチンは飲んだほうがいいということで、1日3回 効くかどうかわからないけど昔からあるお薬で、IgEを下げる作用のあるお薬があるからソレと、花粉症のシーズンしか飲んでいないシングレア(キプレス)も痒みに結構効くということで処方してくれたもんで、えらい薬の量になった。軟膏も2種類。
私が医療従事者で、長年アトピー治療もしてきているということで「ランクダウン、自分でやってみて」といわれました。まあ、それは、どこもそうなんですが。遠いから通院が大変というのもあって、前もって一ヶ月分を想定してランクの違う軟膏を2種類。状態がよくなれば下げて、もっとよくなればもっとランク低いの処方するから来てという感じに。
いままで、だらだらとつけつづけていたステロイド軟膏は「テクスメテン」という上から2番めに強いステロイド軟膏なんだけど、そのさらに上の超強いステロイド軟膏(いわゆる最後の砦/笑)で、ひとまずやってみることに。でもこれ効かなかったら、あとはもう免疫抑制剤しかないという。それは避けたい。避けたいんだよね。と、いったら、それは医者が判断することでお前がとやかくいうことじゃないと母にいわれたけど、避けたいよ。免疫抑制剤は! たかがアトピー性皮膚炎でって思っちゃうんだよ。、たかが花粉症でステロイド注射やっちゃうのと同じ感じがするんだよ。免疫抑制剤は、もっと高レベルのアレルギー疾患用って感じがする。でもまあ効かなかったらそれっきゃないんだろうなぁ。それ使っちゃうと、血液検査とか尿検査が必要になってしまう。まあ、超強いステロイド軟膏も1日に10g以上使うと副腎皮質ホルモンが抑制されちゃうかもしんないそうだから、気をつけなくちゃなんだけど。←いま全身に塗らなくちゃだし。
連続使用は最長2週間かな。いや、それ私が決めるの?なんだけど、医療従事者だから、そこは自分の加減で。わからなかったら来院してね。ということのようです。どうなんだろう。とりあえずいわれた通りに飲んで塗って様子見かな。
そしてカラーリングはしばらくできない。というか、もうできないかも。
そっちのほうが困る。ストパもできないなんて。
見た目とか考えることないでしょ、誰が見てるわけじゃなし。とかいわれたけど(母親、容赦ないな!) そういう人から見られる意識をなくしたら、転がり落ちるの早いんだから。母だって私の年齢のときにはいろいろ気にしていたくせに。自分の辿った道をころっと忘れちゃうんだから。私の肌を見て気が動転したんだろうけども(だからびっくりしないでよと念を押したのに) 私は、なんとなく治る気がしているよ。仕切り直しができるというのは、よいことだ。
とりあえず、この超強いステロイドが効きますように。
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ