FC2ブログ

ASKAさんのコンサートにいってきました。

ライヴといってもいいんでしょうけども、私にとっての「ライヴ」は、どうにもこうにも「ライヴハウス」なので、小さな箱で生演奏するのでなきゃライヴとはみとめない(乱暴な…/笑)ということで、ASKAさんのコンサートに行ってきました。演出が憎かったです。
「上を見上げてごらん」からはじまって「上を見上げてごらん」で終わる。
舞台の幕がそのままスクリーンになっていました。
昭和の歌謡曲や洋楽を謡いこみながら、途中途中に自分の持ち歌を挟んで新曲も披露してくれました。やっぱり自分の歌のほうが歌いやすそうだったけど。というか、コンサートにいくにあたって「新しいアルバムとか出てるのかな。まったく予習してないよ!」とかファンにあるまじきことを友人と言い交わしていたんですけど、全然、まったく必要なかったね!(こら) でも昭和のことを知らないお客さんにはどう響いたろう? ASKAさんのファン層は意外に幅広くてびっくりなんですよ。
まぁ、でも、あれだ。
舞台の幕があけて歌いはじめたとき、その姿をみて「ん?」と思っていたら、最初のMCで開口一番「太ったでしょ」って自分でいってたけど、ほんとに太ってた(笑) 気づいてなかったんだって。衣装合わせのときに周囲の反応が微妙でやっと気づいたんだって。びっくりするくらい、まんまるなんすよ。あははっ 
でもね。
そのせいか声が太くなっていて、ハリがあって、よく響いてました。
鼻づまりが「馬油」で解消したのもあって、独特な鼻にかかったような歌声じゃなくなってたし。
にゅーASKAな感じ。こう、円熟したなぁという。ソウルな歌い手になったなぁという。
痩せるみたいですけど。
これはこれでいいんでないかなぁ。
じーんと響いてきて、心地よかったし。
日本武道館だったんですけどね。あそこ、以前からだけど、音響とかダメだから(もともと武道館だから) 場所によって音の聞こえ方が違うのはどうしようもなくて。幸い、うちらの席は舞台から斜めの席で、ASKAさんのバッグにいたオーケストラの音が響きわたる場所じゃなかったので、ASKAさんの歌声がソウルフルに聞こえたんですが、正面とかアリーナとかだと、どうしてもオーケストラのほうが大きく響いて聴こえてしまっていたみたいです。オーケストラに負けてたって、帰りぎわ、背後の人が、そんな感想を語っていたので。
私には、まったく、負けてるようには聴こえませんでしたよ。
むしろコーラスのお姉さんたちの声が聴こえてこなくって、いまのASKAさんだからこそ、隣にハイトーンの透き通った声でハモってくれるCHAGEがほしい!と思ってました。
新しいアルバムをひっさげてのツアーは秋口から始まるそうです。
今回のコレは「昭和がみていたクリスマス?」というタイトルの単発コンサートだったんだなぁ。表立っては何もいわなかったけど、チャリティーでもあるんじゃないかと思ったので、収益が何かの助けになるのならと、高額なグッズを一点買いしました。
ブックカバー(文庫用)4300円なり。革製だけど、高いなぁ…!

ブックカバーって、新書サイズ、少ないですね。
コミックサイズのがあればなぁ……
意外に高いから(革製にしろ布製にしろ)自分ではなかなか買えないんですけどね^^:

関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ