FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 夏アニメです。

もう秋アニメがはじまっちゃってるんですが、録画したままみていないアニメが数本ありまして、それみてから感想をとか思っていたんですが、もはや見ないかもしれないので、見たアニメだけ感想いきます。

「アルスラーン戦記 風塵乱舞」
二期です。血筋に関係なく愛される王子アルスラーン。もうひとりの不遇の王子ヒルメスとの対比が面白かったです。戦闘シーンは相変わらず迫力ありました。という感想だけになってしまうんですが(!)
一期から残してあるので、時間のある時に通しでみようかと思っています。ストーリーがつながっているので、イッキ見したほうがいいアニメだと思います。 たくさんの登場人物がいてそれぞれにストーリーがあるというのは田中芳樹(原作者)さんらしいです。
主人公の成長と王都奪還物語です。三期もあるのかな。

「はんだくん」
アニメ化もされている「ばからもん」のスピンオフ。書道の大家の息子で自分も書道家だけど偉大な父親と自分を比べて卑屈になっちゃってる半田清の高校生時代(笑) 孤高のカリスマとして男にも女にもすごい勢いで好かれまくっているのに、周囲から一目置かれていることを「嫌われている」と思いこんでいる残念イケメン。原作は「ばからもん」と違って四コマに近い感じの作品なんですが、アニメになると流れるようにつながっていて爽快でした。

「ももくり」
OPに惚れて(笑)そこだけ何度も聴いてます。なんでこんなに好きなのか自分でもわからん。主人公(栗原さん)は、いっこ下の「ももくん」が大好きで、盗撮したり、ももくんが使ったストローとかをコレクションしてしまくってる一歩踏みまちがえるとアブナイ女子高生なんですが、ももくんの写メが100枚突破した勢いをかりて告白し、ももくんと正式におつきあいすることになる!というお話しです。
ラブコメ。めっちゃラブコメ。
ですが、栗原さんのももくんに対する恋情は突き抜けていて、ももくんがかわいければなんでもイイ、かわいいは正義!というファン心理に近いものがあります。どこか二次元ちっくで生身の男の子を相手にしているとは思えない。そこに気づいて悶々とするももくんは可愛かったです。お似合いのカップルで、ほのぼのしてました。

「ReLIFE」(リライフ)
原作はWebコミックなんですね。「リライフ」は見た目だけ若返って一定期間のみ高校生ライフを送るという夢の薬をつかったニートの社会復帰プログラム。主人公は27歳。見た目だけ高校生になるけど10歳年下の青春の真っ只中にいる子たちを見て妙にほのぼのしたり「青春だなぁ」と甘酸っぱくなったりします。あと久しぶりに勉強したり試験を受けてみたら、さっぱりわかんねぇ、こんな問題解いてたのか、オレ。とかなっちゃうとこは笑えた。きっと自分もそうなる。絶対。
EDは毎回違う音楽(90年代~00年代の歌謡曲)が流れて、懐かしかったです。
苦しんだり悩んだりする「同級生」と交流することで、絶望した社会に希望を見出す物語。
最終話のからくりには驚かされました。
気になった人はWeb漫画を読むのもいいかと思いますが原作はまだ未完…なの、かな??
アニメがあんまりにもきれいに終わったのでもう完結してると思ってたよ。
原作の展開はアニメとは違ったものになっていくのかな。

「Re:ゼロから始める異世界生活」
原作はライトノベル。いわゆる異世界ものですが、主人公のナツキ・スバルは、おばかでお調子ものでコミュ障気味のオタクなひきこもり少年で、いろいろと痛い言動をする欠点の多い男の子なので、はじめはノリについていけないなと思ったんですけど、Re:ゼロの意味がわかってからは物語に惹きこまれてました(つまり第1話で心をつかまれた/笑) まぁ、そもそも1話めが面白くないと、よほどのことがなければ続けてみないんですけどね…←原作知ってるとか、声優さん好きとか。
ナツキ・スバルは異世界にきてはじめて出逢ったやさしい女の子に惚れるんですが、その女の子はいわくつきのハーフエルフで出会った早々殺されてしまいます。巻きぞえで主人公も殺される。けど次の瞬間、ある一定の時間に死に戻るのです。つまり死んだらセーブポイントに戻ってやり直すことになるのです。スバルがやらなくてはならないことはエミリアを救うこと。何度かチャレンジしてやっと先に進んだかと思ったら、また殺される。そして死に戻るたびに、またはじめから関係を築かなければならなくなる。
せっかく親しくなっても、どんなに楽しくすごしても、戻ると「なかったこと」になってしまう虚しさ。だんだんと病んでいくスバルは妙にリアルでした。そこを突き抜けて成長していく物語でもある。なにがなんでもエミリアたんを助けたいというスバルに若干ひいてしまうエミリアとは対象的に、勇気あるスバルを支えることに決めたレム(スバルがお世話になった館のメイド) レムは毒舌キャラだったのに、スバルに傾倒してからは内助の功よろしく健気に一心にスバルのために命までかけてしまう潔さがよかったです。
スバルが執着しているエミリアにも性格的な欠点があるのもよかった。
あんたみたいな面倒な女、好きじゃなかったら相手にするもんか!くらいスバルにいわせたっていいくらい。エミリアは、めんどくさい(その素性も、性格も) エミリアを守護している精霊が力を使うと眠っちゃって役に立たないというのも面白いし、その精霊パックの本当の姿が明かされるところとかも圧巻でした。
殺され方が悲惨すぎて、痛いのはいやだ、もう殺されるのはいやだと恐怖にかられるのもわかるし、親しい人たちの凄惨な死を目のあたりにするのもきつすぎる。圧倒的な力をもつのが敵にいて、自分ひとりではどうにもできないことに気づいた主人公が、多くの人を動かし、巻きこんでいくのもよかったです。
血とか飛ぶしね。肉とかちぎれるしね。いっちゃってる目とか、狂った男とか出てくるんで、そういうの苦手な人はだめだろうけど、今期アニメのなかでは先がとても気になって、いちばんの楽しみでした。

以上かな。
録画したまま見てないアニメは、見たときにでもまとめて感想を記しておこうかなと思ってます。
スポンサーサイト

「スーパーナチュラル シーズン11」←超ネタバレ

カインの刻印に蝕まれてディーンが自棄に走ったり、その刻印を消すためにサムが持てる力を総動員したり、天国のボビーを巻きこんだりしたシーズン10は、その刻印が封じていた「暗黒」を解放したところで終わったんですよね。続きが気になる展開でした。津波のような「暗黒」はインパラごと兄弟をのみこんで、世界を覆い尽くし、アルマゲドンの再来なのか!?という事態になるかと思ってた。
けど、シーズン11の第1話でその予想は裏切られました(笑)
シーズン10の感想は、コチラです。

そんなわけで、シーズン11です。超ネタバレしているので、これから見たい人は回れ右。
相変わらず長いですよ。

シーズン10では、ありえないディーンに喪失感を味わいましたが、シーズン11では、10のときの諍いやいざこざはまったくなかったことになっているのかと思うほど、いつもの兄弟ぶりでした。いや、いつも以上に睦まじかった。ただの仲のいい兄弟でした。そしてボビーは、回想シーンで登場してました。兄弟仲がよければ、基本、ボビーは必要ない(笑)
キャスがボビーの代わりをしていたシーンもあったなぁ。ほんのすこしだけ。
そしてボビーが受けたであろう罰だか制裁についても言及なし。まさかのお咎めなしなんだろうか…(前回のシーズンでメタトロンを天の牢から脱獄させる手伝いをした咎があるのですよ)

今回のシーズンの見どころは、キャスです(偏ってます/笑)

でも、強いキャスが見たいとは思っていたけど、ルシファーの強さを見たかったわけじゃない!ので、あのシーンを見たときの私の感想は一言でいって「だからキャスはおばかなんだよ!」でした。そもそも天使がルシファー(魔王)の憑依を許諾するってどういうことなのよ。もうキャスはジミー(キャスの器になった人間)そのものになってんのか? とかツッコミつつも、シリーズの大半をルシファーですごしたキャスには萌え…燃え、いや、うん、萌えました。
というわけで、ルシファー出てきました。そろそろ出番がきてもいいとは思ってたけど、ロウィーナの召喚術で召喚されてしまうとはね…。メタトロンが脱獄できたり、ルシファーが出てこれたり、天も地獄も囚人の扱いがずさんすぎるよ…。

ロウィーナといえば、クラウリーの母親の大魔女ですが、そのクラウリーを殺すためにキャスに呪いをかけたことをうっかり忘れていたので、破壊天使になってるキャスを見て「何がどうしてこうなった?」と頭が混乱してました。呪いを解くことで正気には戻るけど、心も病んでしまって(たぶん味方だと思っていた天使たちに拷問されたからってのもあるね) ひきこもりになっちゃうのも笑えた(笑い事じゃないけど) ひきこもってたおかげで、メタトロンを見つけることができて、持ち逃げされた悪魔の石版をまんまと取り戻すのはよかった。すっかりただの浮浪者になってるメタトロンは哀れだったけど、別の意味で今シーズンの鍵になりました。

さて「暗黒」と称された「闇(ダークネス)」は、神のお姉さんでした。
このシーズンは、ファンタジーやゲームや小説でも描かれることの多い「光と闇の戦い」が主軸にありました。そこに家族愛が絡んでいる。「闇」に打ち勝つのは「愛」というのは、ハリーポッターでも描かれているファンタジーの定石ですね。
自分を解放してくれたディーンにシンパシーを感じたのか「あなたとひとつになりたい」と口説くダークネスをすげなくしきれずに戸惑うディーン。悪いことだとわかっていながら惹かれてしまうティーンエイジャーのようでしたけど、ディーンが彼女に冷たくできず殺すことができないと感じてしまったのは、彼女が「姉」であってほとんど恋といってもいいほどに弟に縋っているからだったんだとラストで気づきました。共感したんじゃないかと。サミーなしでは生きていけない自分を知っているから。
彼女のほうもディーンのそういうところにシンパシーを感じたのかも。そう考えたら、実際に解放したのはサミーなのに(笑)ディーンだけに執着するのもうなずけます。だってサミーは「弟」だし、弟に冷たくされる姉の気持ちは永遠にわからんだろう。

正義感の塊で曲がったことを嫌い、弟のことも支配してきたディーンは、そう考えるとだいぶ大人になりました。大人というか、冷静でいられるようになったというか。サミー(サム)も同じく、運命から逃れようとし、そのためなら自己犠牲も厭わなかった捨て身の強さをなくした代わりに、誰かを守る強さを手にいれました。シーズン10を踏み台にして成長したってことなのか、そーなのか。
煉獄にいったディーンを助けなかったことがサムに罪悪感を植えこんでいることを魔王ルシファーが指摘しますが、サムはその甘言に惑わされなかったし、違う強さがあると言い返すことができた。成長したなぁ…(ほろり)

神のお姉さん(ダークネス)は、解放されたあと人の赤ちゃんとして受肉しますが(契約して憑依したのではなくて、受肉した感じ) 人間や悪魔の魂を喰らって急激に成長します。その第二形態の12歳くらいの女の子が妖艶でよろしかったです。人としての名前は、アマラ。アマラはシンハラ語で「不死」を意味しますけど、そこからきてんのかな?

原始、光と闇があった。光は世界をつくり、闇は世界を壊した。
共存できないと思った光は、自分がつくった大天使たちとともに闇を幽閉した。
その鍵となる刻印は、光がもっとも愛した大天使ルシファーに刻んだ。が、その刻印のせいでルシファーは蝕まれ堕天してしまった。刻印はルシファーからカインに渡ってしまった。
もてあました光はルシファーを地獄の檻に閉じこめた。

闇であるダークネスも、ルシファーも、光である神に「捨てられた」と思っていて、神が愛する世界と人間を憎んでいる。ということは、元凶は、神です。人もまた祈ってもどうにもならない世界のなかで神を憎むように。

けれど、神のつくった世界は美しい。
結局、ダークネスというか、アマラは、神(弟)がつくった世界に触れて、その世界を気に入ってしまうのですよ。
それがまた腹立たしかったにちがいない。
ただ弟に会って一言いってやりたいだけなのに、不在の神は隠れたまま出てこない。そりゃ腹が立ちますね。なんで幽閉したのか聞きたいし、なんでそんなに嫌うのか問いただしたい。打ちのめされるだけだとしても、神はどこにいるのかと人に聞きまわり、教会で神に祈り、それでも現れないと知ると、神が愛している人間を殺していく。
果ては、神がもっとも愛した大天使ルシファー(器はキャスのものですが)を拉致監禁して痛めつける(笑) いや、笑い事じゃないんだけども、今回のキャスって、拷問されてばっかで(笑) なんでこんな簡単に捕まっちゃってんのよ、またかよ!とか思っちゃって。
ルシファーも凶悪非道な魔王だったのに、父親(神)に捨てられて拗ねてるガキかよ!と思ったし。でも、凶悪なアマラや、すさまじい魔王だったルシファーが、神の前では駄々っ子のようになっていたのが、逆に神の偉大さを表現することになっていたかも。

なにしろチャックでしたから(ぶっちゃけた)
不在の神、チャックだったよ。そのまんまだったよ…。
正体を明かす相手がメタトロン。理由は、自叙伝を添削してほしかったから。添削するところは面白かったです。メタトロンが賢くみえたし、みすぼらしいおっさんが、しっかり働くおっさんに思えた。そもそも神の書記だしね。それに、メタトロンに挑発されて怒った神の目つきが、おちゃらけたチャックと別人でよろしかったです。メタトロン、グッジョブ。
その後、ウィンチェスター兄弟のもとにも神として現れるわけだけど、素直にはしゃぐサムのうしろで、釈然としない顔をしているディーンがよかった。あんた、いったい何してたんだ。みんなが探してたことは知ってるだろう!?という、実はメタトロンと似通った憤りを吐きだしてましたけども、神には神の言い分があったのでした。

自分の創造物を愛するあまり手をかけすぎた。でもどんなに手をかけてもいいようにはいかない。甘やかすことだけが愛じゃない。だから見守ることにした。のだそーだ。

神様にツッコむのはディーンの役目で。サミーはそれに同調してうなずく。
ルシファーとの話し合いでは、ルシファーの言い分のほうが正しく聞こえてしまうあたり、神様はだめだめです。が、ルシファーにちゃんと伝えたのはよかった。いちばん愛するものだったから刻印を刻んだと。愛し、信じていたからまさか刻印に蝕まれてしまうとは思っていなかったと。蝕まれたのを見て罰を与えてしまったのも、おまえを愛していたがためだと。すまなかった、と。まぁ、どうだかなとも思うんですが(こら) そのちょっとまえに、ディーンが「あやまっちまえばいいんだよ。ごめんって。口先だけでいえるだろう。ごめん、すまん。俺だってサムにいつもそうしてる」っていってるしね(それを聞いてサムがディーンを見てたけど、その視線に反射的に「ごめん」っていっておいて「ほらな」とかいうあたりディーンの「ごめん」は軽かった/笑) どうだかなと思ってしまったのは、強力アイテム(ただし使えるのは1回だけ)の「神の手」をルシファーに使わせ、ルシファーの手でダークネスに一撃を与え、その返り討ちに遭うかたちで、たぶん消失してしまったのに、神様というか、チャック、なんとも感じてなさそうなんだよねぇ。まぁ、そもそも、アマラに世界を壊されてもいいし、自分も消されたっていいやとか思ってたぽいしねぇ。
闇は消せない。ともにあるべきものだから。姉を殺すことはできない。という、神。
それ以前にそれを(肉親殺しを)禁忌にしたのは神なんじゃなかったけ。
アマラを封印するには力が足りなかった。
大天使の力を再生することもできなかった。
ルシファーも本調子とはいいがたく、ミカエルはまだ「そんな状態ではない」ようだし、ラファエルとガブリエルは「はじまりの天使」だから、カスティエル(キャス)を再生したときのように簡単にはいかない。と、神(チャック)がいっていた。

神は、キャスのことは何度も再生しています。どんだけ神に溺愛されてるんだと思っていたけど、今回のシーズンをみていて思った。神が溺愛しているのはウィンチェスター兄弟なんだと(とくにディーンね)
カスティエルは、ふたりにつけた守護天使なんだな。

ルシファーがアマラに飛ばされた(消された)あと、キャスが戻ってくるわけだけど。それまで悪い顔をしていたのが、朴念仁なぼんやり顔になったのには笑えた。相変わらずのボケをかまして「まちがいない。キャスだ」といいきるディーンも愛らしい。ディーンは、キャスに「いつも助けてくれた。いつも傍にいてくれた。もう兄弟だと思っている」と、はっきりいってたな…(キャスといっしょに私もほっこりしたよ) アマラのもとに行くとディーンがいったとき「私も行こう」と即座にいったのもキャスだったっけ。

魔王クラウリーもがんばってたけど、今回、影が薄いです(いや、活躍してたんだけど) ルシファーを内在したキャスの器に犬扱いされて小屋に入れられ床に這いつくばったり、かつての部下たちのまえで床を舌で舐めされられたり、自分を慕ってる仲間がいたかと思えば裏切られ、最後の局面で悪魔たちをまとめようとしても、徳がなさすぎてコケにされたり散々な目にあったりしてたけど、母親のロウィーナから「お前のことを突き離したのはそうしないと愛してしまうから。愛は信じない。でも愛してしまいそうになる」とかいう言葉が聞けてよかったよね(たぶん) それが放言だったとしても。

今回のシーズンは、家族の再生がテーマだったのかもしれない。

ダークネスを倒すために力を集結するわけだけど、魔女と悪魔と天使が手を組んで。でも、また幽閉しようとしているのだと気づいたときのアマラの怒りと悲しみはすごかったし。もういや。もうあんなところに戻るのはいや!と叫ぶのはせつなかった。そのまえに、よってたかって攻撃されまくってるのも、なんだか痛かった。そこまでしなくちゃいけない相手だろうかと思ったし。アマラが神に向かっていった「おまえは弱いだけ」という言葉にも共感できたし。
つまり弱いから強く見せたいだけ。だからこの世界をつくって自分を崇めるものとして人間や大天使をつくった。おまえはその頂点にいて、自分の強さを誇示したかっただけよ。という言葉。それだけじゃないにしろ、でなければピラミッド型にはしないよねぇ。

かつてのアルマゲドンがミカエルとルシファーの壮大な兄弟喧嘩だったように、今回のダークネス騒動も、神とその姉の大迷惑な姉弟喧嘩でありました。つか、ちゃんと向き合えよ。こじれちゃう前に…!(いや向き合えないからこじれるわけだけど) そして、向き合ったとたんに、和解する姉と弟。
ラストでは、仲良く手をつないで天に駆け上っていきました…(ハッピーエンディング、なのか…?)
説得したのは、ディーンです。
ディーンは、説得できなければアマラとひとつになるしかないという決死の覚悟で挑んだわけだけど(つまり自分を犠牲にして世界を救おうという展開なわけだけど) アマラが素直になってくれてよかった。

闇に包まれようとしていた世界が明るくなったとき、サミーはディーンが犠牲になったのだと思い、ひとりで暗い顔をしています。もちろん、キャスも。なにしろ神であるチャックはみんなへの説明もしないまま姉の手をとって「しばらくふたりっきりになりたいんだ。ちゃお☆」とばかりに天へ駆け上ってしまいますし。
置いていかれたディーンは「で、ここはいったいどこなんだよ」状態で、森の中を彷徨ってるし。彷徨った先で、とうに亡くなっている筈の母親と逢ってしまうし。サムはサムで、急な来訪者に、いきなり非難されて、撃たれるし(シーズン12は、ここから始まるのね)
いきなり非難してきたのが、賢人の末裔だとか(全滅したって聞かされていたのに)
言い分はわかる。
あんたたち兄弟はいったい何なの。自分たちさえよければ周りのことなんてどうでもいいんでしょう。いったい何度この世界があんたたちの失敗で滅亡しかけたと思ってんの。もう我慢ならない。
わかる。けど、じゃあ、いままでどうして出てこなかったの。もっと早く出てこれたでしょうに。
というツッコミをしたところで、このシーズンはおしまい。

シーズン12は、このペースだと、ちょうど1年後かもしれない。待ち遠しい。

そういえば死の騎士ですが、その麾下にあった死神ビリーが「死の騎士は面白がっていたけどウィンチェスター兄弟の生き返りは反則だから。私はしないから。こんど死んだら迎えにくるよ。復活はなし。天国とか地獄もなし。無の世界へ連れていく」と断言していたので、死んでもどうせ生き返るんでしょという安心感がなくなりました。それでもなんとかなる気がしますけども。
あと書き忘れていたけどメタトロン。あそこで時間稼ぎのために身を挺するとか、最後は天使らしい生き様でよかったです(死に様なのか) 神に成り代わろうとしたメタトロンのことを、神は天使には戻さなかったけども。人間になっても天使は天使だしね。

それでルシファーは飛ばされたのか消滅したのか、いまだ檻の中にいるミカエルはどうなってるのか。不在の神が正体を明かしてバカンスに出かけてしまったあとの世界はどうなるのか(変わらないだろうけど) 烏合の衆の天使はまとまるのか、悪魔たちはどうなるのか。キャスの手にある悪魔の石版は今後のキーアイテムになるのか。
物語がどこに収束していくのか気になります。けど、いちばん気になるのはキャスです。
力は取り戻せたのかな。神様が修復してくれたぽいんだけど、どうなのかなぁ。
かつての強いキャスに戻ってほしいんだけども(ルシファーとかに憑依されるんじゃなくてね/笑)

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。