FC2ブログ

イギリスEU離脱 円急騰

日常のこと。なのか?(時事ですね)
国民投票にどれほどの政治的効力があるのか知りませんが(民主主義的にもう絶対に離脱するのかな?) これから閣僚たちが会議して結論を出すってことなんだと思っていたんですが、ほんとに離脱すんのでしょうか。
もしかしたらイギリスは離脱するかもしれない。とは、思ってました。そうしたら円がまた高騰するなぁとは思ってました。けど、ほんとにそうなるとは思ってなかった…!ので、市場がパニックになってましたね。速報出たときびっくりしましたよ。
為替相場が、1ドル99円! うあ、70円台まで高騰したらどうしようってマジで思いました。そしたらドル建てにしようかなとも思ったけど^^; びっくりしたなぁ…。つまりそれだけ国民の不満が大きかったんでしょうね。とはいえ僅差でしたけど。
これからイギリス国内が荒れそうです。
グローバル化が失敗だったのか、移民に仕事を奪われ、移民への社会保障のために税金があがることを許せないと感じる人が半数以上いたということなのか。とりあえずポンドが下落。ユーロが下落。相対的に円が高値に。こういうときに円買いに走るのは、とりあえず円にしとけ!てのもあるかもですが、そうすることで儲ける人がいるからなんだと思います。
経済、こわい。
というかスコットランド独立もありえそうな気配…。

「帰ってきたヒトラー」←ネタバレ

上映館が少ないので都内に出向いて鑑賞してきました。上映館が少ないので(!) 席が完売していました。思ったより若い世代が多かったのは、ネットのおかげでしょうか。正確にいうとニコ動とかYouTubeの「総統閣下シリーズ」のおかげかと。
コメディですしね。内容が。
でも、そこはかとなくブラックで、おそろしい内容でもあります。
原作はドイツで刊行された風刺小説。ティムール・ヴェルメシュ著。
アドルフ・ヒトラーが現代のドイツにタイムスリップしてきたらという内容で、ドイツ社会の問題点などもさらりと描かれています。ドイツでヒットし、映画化もされていて、その映画がコレ。
ほとんど時事に沿ってます。
現政権の首相のことまで揶揄している。恐れを知らないとはこのこと。さすがドイツ…なのか…?
そんなわけで、面白かったです。でも、ちょっと、もよっとしました。
実はこの映画、予告編でその内容がほとんど網羅されてますので(笑) 日本語版の予告を見て、面白そうと思った人は、是非お近くの上映館まで足を運んでくださいませ。
以下、感想。

ヒトラーは現代に突如として現れ、右も左もわからない状態ながらも冷静に周囲を観察し、いまがドイツの未来であることに気づいたあとは、情報を頭のなかに入れることに貪欲になります。あくまでもヒトラーになりきっている男のことを人々は「芸人」だと思いこみ、まじめくさった喋りと、卓越した演説(実に核心をついた言葉を力強く発する) 本人が意図せず挟む現代的な一言にウケる観客たち。ヒトラーは、こに国を変えるためならば、どんなことも利用しようとします。本人は、ただ本人であるだけ。
周囲が勝手に芸人と思いこみ、面白がっているだけ。
ただひとり、そんなヒトラーを最初に芸人と思いこんでテレビ局に売りこんだ男だけが、長くこの男と共にいたからこそ、この男の怖いところに気づくのです。ホンモノかもしれないと気づく。ヒトラーは最初から「私はヒトラーだ」と本当のことをいっているのですが、それを周囲がホンモノだとは思っていないことすら利用しているんです。
淡々と。
この映画は、風刺。強烈な皮肉をふくんでる。
いまのドイツは難民をたくさん受け入れいる移民国家です。それをいやがっている人たちもいる。ヒトラーは「まだポーランドがあるとは」と嘆きます。しかもやつらはドイツの地に住んでる。あの戦争が無駄になったとぼやく。いまのこの状況は都合がいいといいます。独裁者が生じる土壌があるということです。
現代にきてしまったヒトラーの秘書役についたクレマイヤーは、ヒトラーから「ユンゲ女史のかわり」として重用されるけど、実はユダヤ人で、ヒトラーを見たユダヤのおばあちゃんは(認知症なんだけど) ヒトラーに向かっていうんですよ。おそろしい男だと。またひどいことをするのかと。最初はみんな笑っていたと。いまも、あのときと同じだと。
小説では「トルコ人の批判」をしてウケるんですが、映画では「トルコのやつらもやるな。見なおしたぞ」とヒトラーにいわせてます(大人の事情かな) シリアの難民とか出てきます。
まさしく「いまの問題」
政界に出ようというところは、映画ではなかったですけどね。

映画で気になったこと。
ところどころ群衆のなかにモザイクかかったり黒い目隠しが入れられたりしている人がいたこと。ゲリラ撮影でもしたのかな。一般人だから隠してあったのかなぁ(謎です)

途中、ありえないほどの笑い声が沸きおこったこと。
いっしょにいったツレは「ここ笑うところ?」とこっそり聞いてきました。
ニコ動やYouTubeの「総統閣下は○○にお怒りのようです」シリーズでよく見ている場面だったので、私はすぐにピンときたけど、わかんない人はほんとにわかんないと思うんですよね。、映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」のヒトラーに嘘字幕をつけたMADシリーズです。メガネをぶるぶる震える手で外すシーンがよく使われていて、それと同じシーンがこの映画のなかにあるんですよ。
やってるのはヒトラーではありませんけども。

もよっとしたのは、本当のことに気づいた男が精神病扱いされて病院に入れられちゃったこと。原作ではクレマイヤーと結婚してるそうなので、こんなふうにはなってないのかな…? 原作は日本語翻訳されてます。
書店で見たな。そういえば。読もうかな。

頭部の神経痛と歯痛。

日常のことでもあるんですが、仕事のこととして。
いま私は歯痛に悩まされてます。あと「こめかみの痛み」
後頭神経痛の持ち主ではあるんですが(風邪ひくまえとか、風邪ひいたあとに発症することが多い) 疲れてるんだよサインだと思って休むようにはしています。まあ、出かける用事とかで、ちっとも休めてませんけども。
んで、歯痛です。

この歯痛。ふつうに「虫歯の痛み」もしくは「歯周病の痛み」に感じます。歯の根っこのほうが「しくしく」痛む。時おり、じわぁ、つきーんと痛む。なので歯医者に行くことが多いと思います。「歯ぐきが痛い」といわれたら、まず歯周病がないかどうか確かめます。歯が汚れているようなら歯のそうじもするかもしれません。根っこに病気がないかどうかレントゲンを撮ります。
ここで疑わしい歯があれば「神経が傷んでるのかもしれない」となって根の治療に移ることもあります。でも痛みは改善しない。そればかりか、歯の治療によるストレスで、なんだかますます痛くなる。痛いと訴えても、歯医者のほうでは「細菌感染もあまりないようだし、そんなに痛いなら別の歯かもしれないなぁ」と考えます。とはいえ、いわれるがままに治療をしたら、治療の必要のない歯までいじることになってしまうので「様子を見よう」ということになります。
この時点で「もしかしたら三叉神経痛かもしれない」という疑念が浮かんだりもします。
顔面を走る知覚神経が過敏になって起こる神経痛。
でも患者さんからしたら痛いのはとにかく歯。
治療しても治らないなんてと凹むし、痛いからイラつくし、痛いのがわかってもらえなくて悲しくなります。痛いから情緒不安定にもなる。しょうがないよ、痛いんだし。痛み止めの薬も効きませんからね。効いても1時間くらいです。私は30分位しか効きません。

まず「神経痛」と「虫歯で神経が炎症をおこしたとき」「歯周病の急性炎症」の違いから。

虫歯の場合。その状態に至るまでに「しみる」という自覚症状があります。
しみている状態を放置していると鋭い痛みが始まります。
夜、眠れません。お風呂に入ったり運動したりすると痛みます。
しくしく痛んで、ずきんずきん波打つように痛みます。
噛むと痛いです。
その痛みは歯の中の神経が死ぬまでつづきます。
歯を叩くと飛び上がるほど痛いです。
口の中に氷を含むと楽になります。

歯周病の場合。歯ぐきが腫れたり膿んだり出血しやすくなったりします。
場合によっては発熱します。
噛むと痛いです。
口の中に氷を含んだり頬に保冷剤をあてると楽になります。

顔や頭部の神経痛の場合。頭痛が伴います。
過敏になってる神経にそって痛みが走ったり移ったりします(一直線です)
夜、眠れます。お風呂に入ったり運動したりすると楽になります。
しくしく痛んで、うっとーしい痛みがつづいたり、急に止んだりします。
食事中とかおしゃべりしているときとか口を動かした時に痛みが走ります。
歯を叩いても違和感があるくらいだったり、刺激されてツキンと頭まで痛みが走ることもあります。
口の中や頬を冷やすと痛みがひどくなります。

頭部や顔の神経痛は皮膚の表面を撫でただけでぴりっと痛む感覚があります。
後頭神経痛の場合は、髪をひっぱっただけでツキーンとした鋭い痛みが走って顔が歪みます。

今、私が感じている「こめかみの痛み」と「歯式でいうと4番と5番の根っこの痛み」は、三叉神経の第二枝が支配している領域。でも圧痛点を押しても痛みが走りません。そこまで重度ではないってことですね。で、しゃべったり食べたりすると痛くなる。
あんまりにも、しくしく痛むので、一応歯のレントゲン撮ってもらったくらいです。
つまりそれくらい歯の痛みを感じるんですよ。

なので上記の違いを自分で確認したうえで歯医者にいって歯に異常がないかどうか診てもらうのがいいと思う。痛みは自分にしかわからない。けれど、日常生活も儘ならないほどの痛みがある場合、歯医者にかかれば原因の歯なんて一発でわかる筈なんです。それで見た目も正常。レントゲンにも異常がない。強いていうとしたら、この被さってる歯のなかがダメになっているのかもしれない(レントゲンに映らない部分だから、外してみないとわからない) でも、根っこにそれほどの痛みがあるならレントゲンに出ないわけがないんです。つまり、その場合は「歯が原因ではない」と考えたほうがいい。

幸い、私は、仕事柄、レントゲンをある程度、自分で判断できるので「なんともなってないな」と思いました。一応、ちゃんと画像の確認してもらったけど、強いていえば「ここかな」ってところは、ほんの小さな虫歯です。いや、それくらいじゃこんなには痛まない!ってのが、自分でわかるから、この痛みは歯じゃないなと確認できたわけだけど、
そうじゃなかったら疑いますよ。歯を。
それくらい歯が痛く感じる。

いまやってること、体をあたためる。できるだけ早く寝る。
ストレッチ。とくに首周りと肩まわりをほぐす。

後頭神経痛のときは枕でこすれるたびに痛みが走ったりしたけど、こめかみの痛みは寝てるときなんともないです。だから楽。まあ、今回のも、風邪ひいたせいなんだから、風邪ひかないのが一番なんですよねぇ。

左のこめかみが痛い。

ツーンと痛くて肩こりもあるので緊張性の頭痛だと思うんですが、地味にうっとーしいです。鎮痛剤服用しても、あまり変わらないなぁ。今日はなんだか一日中眠ってました。具合悪いとかじゃなくて眠くて…! あ、寝すぎかな。この地味な痛みは…(笑
そしていまも眠いです。
なんだかな。
そういう時期かな。
実に生産性のない一日をすごしてしまいました。
やりたいことたくさんあるくせにーーー
そして湿気が高くなってきたせいか、暑い。だるい。夏、きらい…。
頭、痛い。はぅ。

愚痴っておしまいとかすみません。

あ、映画はみにいったんですよ。「64」の後編と「マネーモンスター」
感想はまた後日に。忘れないうちに、近いうちに。

このところ。

人様の生命保険のことで頭がいっぱいでありました。
生命保険って結構いわれるがままに入ってたりするんですよね。とくに会社勤めしていると団体割とかで生保のおねーさんとかおばちゃんとかがやってきて説明して、じゃあ入りますーなんて流れで契約しちゃったりなんかして。
新入社員のときは年齢が若いから保険料もたいした額じゃなかったりするけど、歳を重ねていくうちに保険料がどんどん上がっていって、しまいには「…え。3万こえるの!?」ということになりかねないのです(マジで)
その時点で「自分が死んだらたちゆかなくなる扶養家族」がいる場合は「まあしょうがない。もしものときのためだ」と思うものですが、独身者だったりすると「いや、自分死んでも受けとる人いないし」とかになってしまうのですよ(親も老いてますし) それにひとりならこんなに保険いらないからちょっと保険料下げたいなと思ったりもします。が、団体割の大手保険会社のおねーさん(おばちゃん)は、いまの保険をベースにしてこの保険に入れば保障がしっかりしていて安心ですよとオススメしてくるのです。
外交員の方はほんとにわかってオススメしてくるのでしょうか。
それとも責務のように会社に追い立てられて、ひとつでも商品(保険)を売らなくてはならなくて、多少の不利益には目をつむってしまうのでしょうか。いや、相手も仕事だから大変なのはわかるんですけどもね…(自分が外交員の立場なら心が挫けそう)

私が入っていた保険もそうだったんだけど、
終身保険のはずが、特約は10年更新になっていて、10年ごとに保険料が高くなっていくというやつでした。これにはメリットもあります。保険の内容はそのときどきのニーズにあわせて変化していくものだし、物価もインフレになったりしたらそのたびに見直しができること。たとえば3000円が300円くらいの価値になっちゃうスーパーインフレとかになったら入院日額3000円もらってもお菓子くらいしか買えません。昔は入院5日めからでないと出なかった入院保障も、いまは日帰りだって出ますよって保険が主体です。
見直しができるというのにはそういうメリットがある。
一方で、終身保険の保障は死亡保険金100万だけであることが多くて、特約の更新をしないと、これまでかけてきた莫大な保険料にまったく見合わない保障しか残らないことに……。しかも更新した直後に「やっぱり解約します」ってことになった場合、それまでかけてきた莫大な保険料はどこにいった?と思うほどの解約払戻金しかありません。更新するときに、いったん解約手続きをしているからですよ。更新とは名ばかりです。だって解約払戻金が減るんだもん。更新じゃないよね!?
いまがどうだかわかんないけど、私のときはそーだった。
んで、知人の保険もそうなっていて、相談されて、これ保険を見直すならいったん解約して払戻金もらっちゃったほうがいいよと助言しておきました。それでよその保険を調べて自分なりに比べてみればいい。
掛け捨ての医療保険だって今は充実してますし。掛け捨てで月々1万とかはさすがに払えないけど、3000円くらいならサプリでも買ってると思えばいけそーだし。死亡保険金なくてもいいなら医療保険もありだよと。

ふりかえるとねぇ。
むだに保険料払ってんですよねぇ…。私。すごい。計算したくない。
20歳そこそこだったのに死亡保険金あわせて6000万とか、どこのおっさんだよって感じのに入ってましたからね…。もしあのとき誰かに殺されていたりしたら、死亡保険金の受取人だったおとーさんが疑われていたかもしれない(笑)

そんなわけで、頭のなかが保険一色でした。でもやっと落ちついたので、自分のことしてますよと。

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ