FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪ひきまして

ほんとなら今ごろ舞浜駅にいたんじゃないかという時間帯ですが、お家にいます。ディズニーランドに行く予定だったんですよ。ほんとは。3月になるとめっちゃ混むだろうから2月中に行くつもりで。ギリの木曜に設定したのがまずったのか先週なら元気だったのに。
思うに、抵抗力が弱ってる気がします。風邪ひくなんて。
べつに冷やしたわけでもないのに、夜更かししたわけでもないのに。
きのうの朝から急にのどが痛くなって高熱が出て(よくやらかす風邪のパターンなんだけど) 38℃以上の熱があるのに何故か手足が異常に冷たいという状態が続き、カロナールとクラリスが家にあったので服用したのに、のどのほうはクラリスのおかげで痛みも薄れたんだけど、熱が一向に下がらず、太ももぞわぞわ、なにより頭痛のせいで眠れないという。ボルタレン飲めば熱も下がるだろうと思って飲んだんだけど(なまじ家にクスリがあると頼ってしまうので) 39℃を軽くこえてしまったところで、なんかいつもの風邪と違う。この倦怠感といい、もしかしたらインフルエンザかも!と思って、ひどい頭痛に苛まれつつ近所のいつものお医者さんに行きました。具合悪いときは近くの医者にかかるしかないっすね。
「うん。風邪だね。クラリスとカロナール飲んでるの? じゃあそれ4日分出すから飲んでね」
「インフルエンザってことは…?」
「その症状は風邪だから」
ってことで、すでにお家にあるのと同じ薬を処方されただけだったんですが(咳もくしゃみも出ないしね) 薬剤師さんにも「インフルエンザの検査は受けましたか」と聞かれたけど「いえ。この症状は風邪だそうですよ」って返す始末。そうか。インフルエンザはこんなもんじゃないのか。絶対かかりたくない。
ひどい頭痛と倦怠感さえなくなれば、いくらでも出かけられる感じなのに(というか、結構、高熱には強いんで) 薬が効かないとなるとアトラクションに並ぶのはともかく乗り物に乗れるかどうかが微妙。つか、そんな状態のやつと一緒に行って楽しめるわけがない。行くなら元気でなくてはいけないだろう(!) ということで、ごめん、まさかこんなタイミングでこんな風邪ひくとは思ってなかったとカレに相談して(はぁ) でも朝になったら元気になってるかもしんないんだけどなといったりもして。
この薬さえ効いてくれたら…!と思いつつ、コンビニで購入してきたアクエリアスを飲んだら、なんかいっきに楽になったんですよねぇ。なんだろう。脱水でもおこしていたんだろうか(気付かなかったげと) 38℃から全く下がってくれなかった体温が37.6℃くらいにまて下がったので、翌朝出かけることを見こしてお風呂に入って髪洗ったりしました。←私は38℃以下ならお風呂に入ってあたたまったほうが早く風邪が治るのです。肩の痛みとかあたためると楽になるし。
元気でた。行けるかも。とは思ったんだけど、こんどは咳が止まらなくなってしまって。しょぅがないからコンタッ○咳止めを飲んで早寝しました。夜中に何度も目が覚めて、早朝に起き上がって、これほんとに行けるかもと思いつつ二度寝したら、次に起きたの9時で。あああー、8時には門のまえにいる予定でいたのに、もう9時なんて!と朝から悶絶してました。
カレはもはや行かないのだろうとぐーすか寝てましたしね…(遠い目)
まあ、カレなりに気遣って寝てるフリしてたみたいだけども。私も「ねえ、行こうよ」と起こさなかったし、本調子でなかった自覚はあるんだよね。ただ、うん、チケットの有効期限が3月末までなんですよ。なんでこんなギリになっちゃったかってカレがチケットを紛失していたからなんですけども。風邪でドタキャンになっちゃうと、私の立場がめっちゃ弱い…。
チケットの期限延長手続きをしに行くことになるのかも。
でもディズニーって値上げするんだよね…。差額分の支払いが発生するんだよねぇぇ。
3月なんて駆けこみで混雑するっしょ。絶対。うちらみたいのもいるだろうし。
日付指定チケットじゃないから入場制限されると入れないし、行くなら門が開く前に行かないとなんで、やっぱり元気でないと無理。あと花粉も不安。めっちゃ飛んでるだろうなぁ。でもまあしょうがない。自分が悪い。はぁ。
なんでこのタイミングで…。
そしていまこうして書いてるってことは、まったくもって元気だということなんですよ。
今日行けたんじゃないかなぁと思っちゃえるくらいに。
だけど、とりあえず明日の仕事にそなえて早寝はしようか。
スポンサーサイト

「ブラック・スキャンダル」←ネタバレ

「ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる!」

というか、うん、ジョニーデップをみたくていきました(ぶっちゃけた) あの絶妙なハゲ頭はフェイクなのかほんとに剃ったのか? それを確かめるためです(うそです) いや、予告でね。何度か鑑賞しているうちに内容が気になっちゃって、予告だけで、勝手に妄想を膨らませて、きっとこういう内容なんだろうなぁなんて、考えていたんですが、そういう内容ではなかったです。

予告動画についていたキャッチコピー。

「アメリカ、ボストン。彼らはこの街で生まれ育った
3人は幼馴染で、固い友情で結ばれていた
やがてひとりはギャングのボスになり、ひとりはFBIにいき、そしてひとりは政治家に
米国史上、最悪のスキャンダル
暴かれる! FBI史上最も黒い闇。アメリカを震撼させた禁断の密約。
ブラック・スキャンダル」

この映画は、FBI捜査官が、イタリア系マフィアをしょっ引くために、そのマフィアと敵対関係にあったギャングのボスと通じて情報をもらうかわりに犯罪を見逃しまくった挙げ句、犯罪に加担して、墓穴を掘っていくお話です。政治家は、ギャングのボスの弟です。この件には、まるで関わっていないように見える、ただの出来のいい弟です。積極的に手を組んだというよりも、ギャングなボスが弟に政治家としての箔をつけさせるためにFBIと取引したといっても過言ではない。
この政治家は、ブラックな世界でシノギを削っているギャングな兄にとっての「癒やし」でしかありませんでした(極悪非道な兄も、母親と弟にはやさしいのですよ)

思い描いていたのは、国家的な犯罪。つまりもっとスケールの大きな内容を期待してました。ギャングのボスは、ただのチンピラです。なんというか、ただの残忍な犯罪者です。知能犯とかそういうのじゃない。FBI捜査官とギャング(裏社会のボス)と政治家ですよ。なんかできそうじゃないですか。それぞれの立場を利用して、国家を揺るがすほどの一大スキャンダルを巻きおこすとか。
でも、そうではありませんでした。
怖いけど、こんな人が身近にいたらすぐ殺されてしまいそうだけど、犯罪そのものは…ちっちゃいよね?というのが感想でいいのだろうか。事件に大きいも小さいもないんだよ!(by「踊る走査線」) なんだけど、なんつーか、もっと大きいのだと思ってた。

ジョニー・デップ演じるバルジャー(ギャングのボス、通称「ホワイティ」)は、人を殺すことに躊躇がありません。なぜそうなったのかさっぱりわかんないんだけど、根っからの犯罪者です。我が子に与える教訓が「人を殴るときは誰にも見られないところでやれ。誰にも見られていなければ、それは「なかったこと」になる」なんだから、そういうやり方をしてきた男なわけです。つまり殺人も見えるところではやらない。しっぽはなかなか掴ませない。男だろうが女だろうが命乞いをする相手だろうが容赦がありません。家の地下だかに死体を埋めまくったりしている。でも家族に対してはとてもやさしい男でした。だからこそ母親と息子を(病気で)亡くして凶暴化し、唯一残った弟のことは甘やかすのですよ(妻には「息子を殺しやがって」と罵ってた。自分のことは棚にあげて。つか、息子は投薬ミスで死んでしまったようなもんです)

政治家を「SHERLOCK」のシャーロックが演じてます(ベネディクト・カンバーバッチです)
ジョエル・エドガートンが、野心を燃やしながらも小物臭いFBI捜査官コノリー役。

実話なので、その後の経緯がラストに紹介されているんですが、バルジャーはうまいこと捜査網をかいくぐって逃亡し(映画では単身で逃げたように見えたけど、実際は妻とともに逃亡してる) ごく最近捕まって判決を受けています。終身刑×2と懲役5年。終身刑ってところが日本人としてピンとこないので懲役5年に反応して「軽っ!」と思ってしまいました。
あんだけ人を殺しといて服役ですか?って。ああ、死刑制度がない州なのか。そうなのか。現在も服役中。
ほぼマフィアの抗争による殺人でしたけども。

FBI捜査官は、情報提供者「ホワイティ」の実績を捏造したり、彼の犯罪を隠蔽したりしたことで逮捕されてます。この映画のキャッチコピーでは3人とも幼馴染みたいにされてますけど、捜査官のコノリーは政治家のビルと親友で、ビルの兄であるバルジャーのことは、ちびのときいじめっ子から助けてくれたカッコいいお兄ちゃんで憧れの人という立ち位置にあります。
ギャングに憧れていたFBI捜査官。
シノギを削りながら勢力を増していくバルジャーのことを、なんてカッコいいんだ!と思っていたのかもしれません。FBIも恐れていた犯罪集団の犯罪王ですからね。どの世界でもトップに上り詰めるほどの男というのはモテますね。
実在のジミーも、カリスマのある実に魅力的な人物で、地元では大勢の人たちに慕われていた男でした。犯罪者だけど、彼らなりの流儀に従っていたわけだから、日本でいうところの任侠みたいな、弱きを助け強きをくじくみたいな地元の星。スターです。

そしてこれはアイリッシュの話でもあります。
3人ともアイリッシュ。

ところでジョニーデップのあの見事なハゲ頭は地毛なのか、どうなのか…!
わからん…(ぇ) そもそもジョニー・デップの地毛って何色なの?
いつもコスプレみたいな役ばかりなんで、そこからしてわかりません。なので、検索してみました。プロダクションノートがヒットしました。それによると、特殊メイクだそーですよ。よかった!(ぇ)
ハゲ頭は似合ってません。微妙です。
ジョニー・デップがふだんの姿でこの役を演じていたら、ダークヒーローになっていたことでしょう。ひどい犯罪者だけどカッコいい。とくに女性ファンが萌えたかもしんない。でも女にはわからん魅力にあふれていました。

この映画。ジミーに憧れていたコノリーが、なんとかしてジミーに気に入られようと必死になった結果なんだと思うと、とたんにかわいらしい構図に思えてきます。そして、ギャングのジミーと政治家のビリーは、この映画では仲のいい兄弟でしかなかったけど、もしかしたら互いに見えないところで手を組っていたのかもしれない。実は弟は兄の逃亡の手助けをしていたとかね。実は兄は弟の政敵をあらゆる手段で貶めていたとかね。裏では、あったのかもしれない。
そこは勝手に妄想してもいいところなんだろう。

暴力的な映画で、15禁になってますけど。
そういう意味では面白い映画でした。

円高になってる…!?

えーと。売りそこねました…(またか…!) いま取引している証券会社は、最初に取引していた証券会社ではなくなっていて(吸収合併だかされたもようで、証券会社の名前が変わった) そもそもは中期国債ファンドでお世話になっていた口座だったんですが、円安が円高に転じる、まさにそのときにドルを買ってしまいまして(1ドル133円でしたよ…/!) そのあとドルがめきめき落ちて、リーマン・ショックで目もあてられないほどの円高に…(1ドル74円とか何それ、半減だよ…!な世界に)なっていたので、あきらめて放置していたんですけども。
放置しているうちに満期きちゃったもんで、意味もわからないままMMFに資金をうつしたんですね。ドル建てMMFなので、ドル安だと損するんです。でも、もう円安になることはないと思っていたのに、またたくうちに1ドル120円を突破したので、この勢いで、あとひといき130円突破しちゃえ!とか思っていたんですが、ぇー? ドルの利上げで円安になるかと思ったのに。
まあ、素人だから。読みは外れるわけだけども。
なにより証券会社とのやりとりがめんどくさかったのもあって放置していたのが敗因です。
まだ実家にいれば帰りに立ち寄れるところにあるんですけどね。窓口に行けちゃうんですけどね(それで中期国債ファンドでは地道に儲かってました) だから電話一本で解約できるようにはしたんですが、このほどオンラインになるというので(やっと) オンラインにする手続きをしているところなんですよ。いま。まさしく、いま。
なのに1ドル110円ですと!?
マイナス金利が逆効果とかいわれてるけど、どういうことなの。わけわからん(そういうやつは取引なんぞやっちゃいかんですね) 株取引じゃなくて投資信託ですけどね。ううーん。
比較的安定しているので円買い。とかね。なんで円が安定資金なの? 世界情勢がおかしくなると円が買われて円高になることが多い、その理由がわからんけども、要するに、何。どんだけ赤字が増えても、どんだけ借金がふくらんでも、日本なら大丈夫ということなんだろうか。いくら債権持ってたって借金回収できなかったら、ただの紙なのに。
と、まぁ。
ニュース見て、毒づいたとこです。
一応、書いとく(笑
 

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。