FC2ブログ

サッカーですが。

私はサッカーが大好き!というわけではないです。Jリーグはまず観戦してませんし、ワールドカップだけです。けど、ワールドカップに行きたくてカズが頑張っていた頃からワールドカップだけは欠かさず応援してきました。日本が出てなくても、その頃からワールドカップは、テレビで放映していればみてました。途中、日韓共催ワールドカップがあって(2002年だっけ。すごい昔になっちゃったな) トルコのイルハン選手が好きになったりしてましたよ。日本にいましたしね。あのときはサッカーとかよくわかんなくても地方とかで選手を受け入れて大いに盛り上がっていたのを覚えています。日本代表にかぎらず有名選手にむらがる女の子たち的な(ミーハーまるだしで) でも、それがよかった。無邪気で。共催の筈の韓国が日本を応援してくれなかったのも、いま思えば国民性だったのでしょうけども、その一方でその前の大会、フランスで開催した1998年ワールドカップに向けた予選の日韓戦では、韓国側の応援団から「一緒にフランスに行こう」という横断幕がかかげられたりもしていたんですよね。そのフランスでは日本は一勝もできず惨敗で、ワールドカップに出場するために頑張ってきたカズを直前になって代表から外すという感傷的な出来事もあったものだから、マスコミは散々なことを書きたてるし、日本に帰って来た選手を迎えたサポーター?が罵倒するし、城選手に水とか生卵だかを投げつけるし(いまではあたりまえだけど、ガムを噛んでいたことが物議をかもしたんでしたよ。あとシュートを外した時に笑ってたとかね←苦笑いだったらしい)そのときの監督は岡ちゃんだったけど、結果として全敗だったので、その責任をとって退任。
ワールドカップに出場することも難しかった頃から、いまでは常連で、日韓共催のときはいろいろとイレギュラーなことが多くてホームアドバンテージとかもあって日本がグループリーグ突破できたりもしたけど(応援もすごかった) 韓国は4強だったし(誤審騒ぎとか、いろいろあったけど) 2006年ドイツ大会ではグループリーグ突破できず、2010年南アフリカ大会では、ブブゼラの騒音のなかグループリーグ突破で、いまのところ○☓が交互になっているわけだけど。
南アフリカのときはオシムさんが代表監督していたのが急病に倒れて、岡ちゃんが返り咲きしたんですよね。フランス大会のときに大敗したのが記憶にあったから、マスコミもあまりいいこと書いてなかったけど、結果として16強だったし。観戦していて「あれ、日本、結構、強い?」とか思ったの憶えてます。今回はその4年前よりもっと強くなってると信じてたし、そんなような感じがしていたのだけどな。
つまり、私のワールドカップ観戦は、夏の甲子園を観戦するのと感覚が近いかな。特定の誰というのはなく、勝敗の行く末を見ているうちに、好きな選手ができたりする。今回というか、この4年間は、長友、みてました。といっても、予選とか、テレビでやればというくらいでしたけども、それでもインタビューで泣いてるの見てもらい泣きしちゃったよ… あと香川さんも、コロンビア戦のとき、交代したあと泣きそうだったし。ザックさんも目の淵を赤くしてたなぁと。ザックさん、好きです。かわいいから。よく街中を歩いたりしていたそうですし、退任して、日本からいなくなっちゃうのも、ちょっと寂しい。
ところで監督は日本人でいないのかなぁ。
Jリーグとかの監督とかで。
ザックさんに関してはW杯の経験がなかったことを取り上げられているけども、誰にでも最初はあるんだし、日本人で誰かいないのかなぁ。岡ちゃん以外で。イケメンで(ぇ)
選手たちが日本に帰ってきますけど、温かく迎えてほしいなぁと思ったり。ああ、でも、ほんとは厳しいくらいがいいんだとは思うんですけども。水とか生卵とかはやりすぎだけど、厳しい風当たりは、期待の裏返し。信頼の裏返し。期待とか信頼とかよせられていた証ですからね。こんなもんだと思ってたよというのが、いちばんきついと思うなぁ。どうなんだろう。
スポーツ選手に国を背負わせるという風潮そのものが廃れていて、選手たちは「応援してくれる人たちのため、自分たちのために」がんばっているというのが昨今の風潮なので(浅田真央ちゃんもだけど)  対戦国の「国を背負ってる」感じにまず負けちゃってるような気もするんですけどもね。と、そうか。選手たちはまとまって帰ってくるわけじゃないんだ。帰ってこない人もいたりするのかな。現地解散って、いままでやったことあったっけ。日本のマスコミが嫌いなのかな。たぶんサポーターたちは、選手を責めないと思うよ。コートジボワール戦みたいな調子で終わったならともかく、コロンビア戦では前へ前へ行こうという気概を感じたし、最後まであきらめてなかったから。攻撃が得点に結びつかないというところは、いつもの日本だしね。(そこ、なんとかなんないものかとも思うけど)
そんなわけで、今回は残念でした。
歯車がうまく噛み合ってなかったような。そんな感じでした。
次のロシアが楽しみです。まずは予選突破して出場しなくちゃですけども。
今回はアジア勢が軒並み不振ですね。
日本だめでも韓国が強かったりしていたのになぁ。←ワールドカップといえば韓国が常連だった。
さて、コロンビアを応援するかな。

そういえば、皮膚科にいったんですよ。

薬がなくなってしまいそうだったから。そしたら、めちゃくちゃ久しぶりに院長の診察で。めっちゃ久しぶりだなと感じたのは、院長のお顔が変わっていたからで。あれ、こんなにやつれていたっけ…?という…(失敬な) たぶん過労だと思う。いくら勤務医いるからって患者さん多すぎだと思うよ。皮膚科って、なんであんなに多いんだろう?
慢性疾患だからか。
しみぬきとか脱毛とかもやっているからか。←最近の皮膚科は美容施術もやっていたりして、歯医者ちっくなんだなぁ。内科もそうか。プラセンタの注射とか自費だもんねぇ。混合診療が適用されるようになったら、もう堂々と保険内と保険外の治療ができるように……なるん、かな? 歯医者のようになると考えると、そのうち保険がきかない事例が増えていくと思うんだけど。アトピーとしては、選択肢がひろがるのは、正直にありがたいかもしんない。

そんなわけで、久々の院長。相変わらず、ぶっきらぼうだけど。真摯でよい先生です。が、おすすめの石鹸とかシャンプーとかは、やはり合わない。以前もサンプルいただいたけど、ダメだったんだよね。ダメだった記憶はあったんだけど、肌が変わって大丈夫になってるかもしれないと思って、10日ほど使ってみたけど、だめだった。おかげさまで、肌がボロボロです。でも皮膚科にいく気はないというね。そういう状態の肌を見せてよ。と、いわれそうだけど「アトピーなんだからしょうがないわよ」っていわれちゃうだけだし。保湿をしっかりやんなくちゃダメよ。アトピーなんだから。とかね。保湿は「ソンバーユ」使っています。っていったら、それじゃ足りないっていわれた。んだけど、え、足りないの? ソンバーユって油なのに。ただ、顔の保湿用にいただいたサンプルは、同じNOVシリーズでも、私には合ってるぽい。石鹸と化粧水は違ったりするんですよね。シリーズそのものがだめなときもあるけども。
いまの肌の状態はとてもよろしくないです。
お医者さんは「夏はあせも、冬は乾燥性の湿疹になるものなのよ。アトピーだから」というけれど。そもそもどうしてアトピーなんだよ?って話で。根治はできないのかと。そこを治すことはできないのかと。ほんとに思う。年をおうごとに使えない化粧品が増えていくというこの悪循環が、せつない。
化粧水とかは結構いいのにな。
洗う系と保湿系でいつもやられてしまいます。シャンプーは、いまお試し中。
NOVの洗浄系はことごとく合わなかった。何がいけないのか… これ、肌にやさしいとかいいながら全成分はネット検索しないとわかんないんですよ。やっぱり、スクワランかなぁ。石鹸にはスクワランは入ってないけど。
それとも、もしかして、風呂あがりにつけるようにと処方された保湿スプレーで荒れてたりするんだろうか。もはや、なにがなにやらわかりません。こどものときはまだよかったんですが、思春期すぎたあたりから肌にはずっと悩まされてきたので、夏になると肌を露出している人が増えて、まぶしいくらいきれいな肌とつやつやの髪をした女性(男でも!)を見るたび、うらやましくてなります。いいなぁ。せめて季節で違えばいいのに。花粉症みたいに。この時期すぎたら楽になる、とか。
と、愚痴りつつ。寝ます。

医者にいわせると「薬を塗って」「ちゃんと薬を飲んで」なんだろうなぁ。
アトピーは不治の病か。
お金がかかってしょぅがない。

そんなわけで、一進一退。最近またかさついていて気分が落ち気味だったりしています。掻くと気持ちいいんだ、これが! あとで痛くなるんだけども、すんごく気持ちがいい。掻いちゃだめ、絶対。

FC停止。

ワールドカップで盛り上がっている中、ASKAさんが3度めの逮捕です。しかも暴力団から覚せい剤やらを購入したことを認めたとあっては、もう芸能界復帰は、ほんとに厳しいかもしれない。と、思っていたら、ファンクラブ活動が停止してしまうらしい。ついにか。解散宣言しても活動していたファンクラブが。ついに、か……
せつない。
身から出た錆とはいえ、ASKAさんのおかした罪は重いなぁ。

サッカーは残念でした。

見やすい時間帯だったから起きて観戦していたんですけど、最初に先制した時点でいやな予感してました。1点だけだと不安なんで、先制点入れちゃったらすぐに加点してくれないと安心できません(なんだそりゃ)
それはともかくとして雨の中の高温多湿と、ちょっぴりありえない遅い時間帯でのプレイだったけど、どうせなら攻めて攻めまくりの最近の日本らしいサッカーが見たかった。今日の試合は8年前のワールドカップみたいだったなぁ。次はギリシャか。強い相手に挑む気持ちで、攻めのサッカー、みせてほしい。試合は楽しいほうがいい。
いまのところ見てて楽しいチームがないんだけど。
なんでだろ?
オーストラリアも厳しい状態だし、アジア枠のためにも韓国とイランにがんばってもらいたい!
ところで、
渋谷の交差点で大騒ぎしていたそうで(最近サッカーの国際試合で中継あったりすると騒がしい)  今回は休日朝10時からの試合だったけど、次は平日朝なんですよね。金曜の朝7時。まさか通勤時間帯の大迷惑なときにも渋谷の交差点で騒いだりするんだろうか。やめてほしい。その次は朝5時だし、早朝から騒いだりとかするのかなぁ。
そもそもどうして渋谷なの。関係ないじゃない。
あのスクランブル交差点のせいなのか。そうなのか。
お祭りと同じようなもんだけど、なにも渋谷の交差点でやらなくてもいいのに。
目立つからか。人が集まるからか。有名だからか。テレビ中継されるからか(いろいろか)
オリンピックのときとかも東京は大変なことになりそうだなぁ。

淡路島に行ってきました。

正確には神戸にも行ってきました。あと、六甲山。神戸と淡路島は震災つながりです。六甲山から見る神戸の夜景は、山に囲まれた暗闇のなかに燦然と輝くキラキラした灯りだからこそ「キレイだなぁ」と感じるものなんですよね。だって夜景そのものでいうならば、東京ほどすごい夜景はないですよ(いいきった)

淡路島にいくのはハジメテでした。正直、どんなところなのかもわかってませんでした。姫路城に行こうと思っていたのが(まだ修繕中だというので)行き先変更になって淡路島になったので、ガイドブックを探しての見どころ調査からはじめて、ようやく「神話の島なんだな」というのが実感できた次第です。国生みの伝説とか。いざなぎ、いざなみとか、おのころとか。そういったものに惹かれたので、イチ押しの「うずしお」を捨てて、神話めぐりしてみました。とはいえ、時間がないので、さほどまわれなかったんですけども。いざなぎ神宮、岩上神社、おのころ島神社、洲本城をめぐりました。
いざなぎ神宮には「郡家」(バス停)から歩いて行ったんですが、徒歩15分くらいで行ける筈のところに30分以上かけて辿りつき、疲れ果ててしまったので、残りは何がなんでもタクシーでめぐることになりました。
いざなぎ神宮までの道のりはとても長くて(迷ったから) 迷ったわりには、迷いなく歩いているように見えるルートで歩いてはいたんですが(方向は間違ってなかった) 農作業中の方に道を尋ねると「あの森だよ」と教えてくれたんですが、あの森にはどう行けばいいのかと迷い、迷った先でまた行き違った人に教えてもらい、ようやく辿りつくことができたという。方向音痴というよりも土地勘がないということなんだと思いたい(笑)

迷ったときに辿った道↓
DSC03831.jpg

辿りついた「いざなぎ神宮」↓
DSC03645.jpg

この先は、タクシーでないと無理でした。
岩上神社とか、道は細いし、看板も少ないし、歩いたら大変だし、レンタカーしても迷いそう。地元のタクシーの運転手さんは、この岩上神社が好きなようだったけど、あんまり信仰の薄い観光客には来てほしくなかったのかもしれないとあとで思った。それくらい地元に愛されてきたという雰囲気の漂う、こじんまりとした神社に、霊験あらたかな巨石でありました。
海からも見えるであろうこの巨石は、海の民の信仰の対象だったんだろうなぁ。と、いうのが、巨石の近くまでいける小径を登るとわかります。この巨石が臨む景色は雄大です。
写真だとあまり伝わらないかも、ですが。

この先、光ってますね。↓
DSC03833.jpg

階段をのぼった先にお社。その先に巨石↓
DSC03824.jpg DSC03834.jpg

おのころ島神社は強力な縁結びのパワースポットらしいです。そのあとの洲本城は、お城はともかくとして、石垣が雄大でものすごくすてきでした。景色もよかったです。なにより気持ちがよかった。誰もいなくて。ちょっと怖く感じる場所もありましたけど(こう、入っちゃいけない場所みたいな) 全体的に、きれいな場所でした。

DSC03835.jpg

あとは神戸と六甲山。神戸では異人館通りの「英国館」に入ってホームズ堪能してきました。

DSC03838.jpg DSC03841.jpg DSC03845.jpg

食べたものは、たこめし。淡路牛。神戸牛。伊勢海老。
神戸スイーツを食べる気でいたのに、ホテルの朝食が美味しくも量が多くて胃にきたのか甘いものが食べられませんでした。そのかわりホテルからおみやげとしていただいた焼き菓子は帰りに食べまくりました。
結構、胃にきてたけど、美味しかったです。
というか、食べ過ぎて、太った。

そんだけ食べて苦しかったくせに、翌朝にはお腹がすいている不思議。
帰りは飛行機だったので、あっというまに帰ってこれました。飛行機は早くていいなと。

神戸では生田神社にも参拝したんですが、生田神社ってここにあったのかとか、ふと地図を見てみたら、源平合戦てんこもりというか、聞いたことのある地名がずらずら。須磨とか明石とかは源氏物語だし。今度は、源平めぐりとかもしてみたいなぁと思いました^^ 点々としていそうだけど。



「MONSTERZ」←超ネタバレ

藤原竜也と山田孝之主演の映画。
キャッチコピーは「禁断のバトル、勃発」
生き残るのは、人間を操れる男か
それとも唯一、操れない男か

韓国映画「超能力者」のリメイク版です。劇中でこの男がそれぞれに発する「生とは、死ぬまで生きること」というのが、ひとつのテーマ。なんだけど、つくりが…一言でいっちゃうと、雑な感じ。設定を活かした別展開がいくらでもあった筈。いっそアニメにしたらどうよ?という内容だったし。あ、だめか。アニメだと、かえってありきたりすぎるか……

原作となる韓国映画のほうはみてません。が、トレイラーとかはみてみました。というのも元のつくりはどんなだったのか興味がわいたからです。リメイクしたからこうなったのか、元々こういう内容だったのか知りたくて。結論として、韓国映画のほうの展開だったら、私は、がっかりな感想しか書けなかったと思う。リメイクするにあたって、主人公の人間関係やラストを変更してくれてよかった。ほんとによかった。それでも「深みがないなぁ」という印象は拭えなかったけど。

視界に入る人間がどこを見ていようと何をやっていようと操ることのできる能力は、無敵ですよ。だからこそ使いようによっては、もっといろんなことができた筈なのに、どうしてこの男は「お金を盗むこと」と「人を殺すこと」にしか使わないんだ。たぶん不幸な生い立ちからしてまともな教育を受けてないんだろうなと推定できるけども。この男が大切にしているコミックは「AKIRA」 AKIRAも超能力の戦闘とか混乱とかを題材にしてるもんね。

一方の男は、交通事故の生き残り。類まれなる回復力を持った不死身の男。治癒能力がありすぎるという点で、アメリカドラマ「HEROES」のクレアと似た能力だけど。クレアほどすぐに回復はしない。←救急車とかで搬送されたりしてるし。まあ、ふつうに考えて、死なない男が生き残るでしょう。どう考えても。つぶされても、大量出血しても、死なない。というのは、ちょっと笑っちゃうくらいだった。この笑っちゃう感覚は韓国映画もそうだったらしい。

山田孝之演じる「田中」という男には親しい仕事仲間がふたりいて、そのふたりが人のいい連中でみていてほのぼのしかった。韓国映画のとおりにリメイクしていたら、このふたりは殺されていたから、このふたりが無事だっただけでも、ほんとによかった。韓国映画では、人を操る能力者を見つけて「俺が止めてやる!」「それが俺の使命だ」という勢いで追いかけまわす展開のなかで巻きこまれた人間たちが次々に死んでいったみたいだけど。リメイク版だと、人を操ってる男に偶然目をつけられて一方的に追いかけられて巻きこまれ、わけもわからないうちに周囲の人が不可解な行動をとって自分を殺そうとしたりすることに自分だけが気づいてることに戸惑ったり、大好きな父親を殺してしまった娘を庇おうとしたり、仕事仲間のふたりに助けを求めながらも「足手まといだから、ひとりでやる」とメールで告げて対決にいくという点が、日本人ちっく。

こどものときから「バケモノ」と呼ばれてきた(人間を操れる能力者の)男は、視界を奪われれば能力を使えない。それを見てアニメ好きは思い出すにちがいない。コードギアスを(笑) ルルーシュの能力は相手の目を見なければ作動しなかったわけだから、それ以上の能力なわけだ。この男が分不相応な能力をもって生まれたことが不幸の始まりだったんじゃないの?というか、視界を奪えばいいんだから、光をあてるとかじゃなくて、後ろから袋をかぶせるとかすればいいんじゃないのかというシーンがいくつかあったし。そのたびに、ばかだなぁとツッコミしてました。

ラスト。死ぬはずの男は生き残り。一方の男は日常に回帰する。
生きていながら誰の記憶にも残らず名を呼ばれたこともない男にとって、自分の能力がきかない男というのはその存在だけで救いだったんでないのかと、どこぞのコミックで読んだことのあるような述懐があとから浮かびました。
自分を産み落とした母親を憎みながらも殺せなかったのは、自分の存在を知っている人間がいなくなってしまうことを恐れたからでしょうし、ね。しかし拘束されて生き残った状態が、果たして「生きている」ことになるのかは謎だなぁ。

韓国映画のラストでは、不死身の男が超人になって人助けをするシーンで終わるらしい(スーパーマンか!) まぁ、そんな荒唐無稽にもほどがあるラストでなくてよかったです。

「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」←ネタバレ

題材がモナリザなのでみにいきました。ダ・ヴィンチものはちょっと惹かれるのです。面白かったですよ。眠くならなかったし。劇中で感じた違和感とか矛盾とかも、それがそのまま伏線になっていて、ちゃんと答があったのがよかった。
ツッコミどころ満載でしたけど(笑)
意味あるボケだったりもして。いろいろ捻ってあって楽しかった。

ネタバレも含めた感想をざっと並べると。

・綾瀬はるか演じる天才的な鑑定士・莉子(りこ)は、天然のおばか美人で綾瀬さん適役。
・おばかだからこそひっかかる詐欺だったなという印象。
・感覚だけで鑑定しているから、その感覚を狂わされたら、一気に自信をなくしてしまうのか。
・記者もおばかだった。
・携帯のGPSは万能ではないのか。
・警察が無能すぎる。
・逆探知より早く現場に辿りつけたのか。
・解錠するには解錠スキルが必要?(笑)
・あんな暗い波止場で本物が見分けられるのか。
・つか、潮風にあてるな。モナリザだっつーの。

そういうツッコミも楽しい映画でした。
小説(Qシリーズ)が原作。ちょっとあらすじとかみてみて興味がわいたので買っちゃうかも。

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ