FC2ブログ

「フェイバリットディア」というゲームの声優

アニメのこと。でいいんだろうか、カテゴリ的に「げーむ日記」に書くべきなのかと思いつつ。「フェイバリットディア」というゲームは、いわゆる恋愛ゲーなのですが(主人公の性別を選べるし男女OK恋愛ゲームなんだろう。たぶん) 私は恋愛ゲーとはまったく知らずに中古で購入し毎朝プレイしていました(夜にもやってましたけどもね。ものすごくのんびりしたゲームだったので) で、何いきなり、そんな古いゲームの話題なんだ!というに…

何気なく検索してみたら、声優陣のなかに「福山潤」という名前を見つけたからなんですよ。フェリミの声です。え!?って、びっくりしちゃって(笑 福山さんって元々は可愛らしい声をしてるんですよね。だからフェリミでOKなんですが、私がはじめて認識したのはルルーシュなんで(笑 ええっ?って気分に。
そうか。フェリミの声をやってた人だったのか。

リュドラルは神谷浩史だったとか(夏目友人帳の夏目とか。ガンダム00のティエリアとか) ラスエルが子安武人さんだとか。アルベリックの塩沢兼人さんはもちろん知ってたけども。結構、豪華だったんですね…(今更)

当時はフルボイスなんてありえませんでしたけども。

ちょっとびっくりしたので思わず書いちゃいましたよ。

障子のはりかえをしました。

年末でもないくせに(笑
いや、年末はもう掃除でてんやわんやだし障子にまで手が届かないし、その気になったときにやっとけ!と思って、録りためたドラマやらアニメやらを見ながら、やってみたのですよ。たしか前回は親に来てもらって3人がかりでやったなぁと思い出しながら、ぺりぺりと障子紙を剥がして、剥がしたら糊付したところだけ残っちゃって、もう面倒だなぁ思いながら霧吹きかけてこすげとったりして、ふと「これ障子紙を剥がすまえに霧吹きすればよかったんじゃないのかなぁ」と、ぶつぶつ文句いってました。だってほんとに面倒だったんだもん。

こどものとき障子のはりかえというと穴を開けて遊んでいたんだけど、あれ、ダメじゃん。穴とか開けないでそのまま霧吹きかけて放置してから剥がしたほうがいいんじゃん。
ということで、2枚目は、1枚目を作業している間、霧吹きかけて放置しました。
したら剥がれるの早っ
そうだよね。面倒だったら昔の人、大変すぎるじゃない。
水かけて放置してぺりーっと剥がして、湿った状態のままのりを刷毛でささっと塗って障子紙をつーっとくっつけて、乾いてきたら余分なところを切っていくという。慣れたら早いだろうな、この作業。でも馴れてないから時間がかかる私。6時間くらいかかったよ…!(とろすぎる)

なにしろ、のりがね…
「水にも強い壁紙用」とかいうの買っちゃってて、それを開けようとして、水にも強い?そんなのでつけちゃったら剥がすときどうすればいいの?と気づいたときには障子は枠しか残ってない状態だったので、買いにいくのか、どこに売ってるんだ、障子用ののり? いや、でも、昔からあるんだから日常のもので代用できる筈だ。なにしろ超エコでリサイクルな江戸時代にあったんだから。そういえば、おばあちゃんは、お米で糊をつくっていたなぁ。と、思い出し。でも残念ながら炊いた米はなかったので、検索しました(便利な世の中だ) そしたら「小麦粉でつくる障子はりかえ用ののり」というのがあったので実践しました。
簡単です。
水200CCに小麦粉大さじ1をとかして鍋に入れて火にかけるだけです。とろみが出たら完成です。ちょっと水っぽいくらいでいい感じです。時間がたつと粘着性が増して扱いづらくなるんで(乾きやすくなるっていうか) でも時間が経ったほうが「のり」という感じになるけども。で、刷毛がないんで、絵筆で枠にのりをつけて、障子紙をはっていったんですが… マンションに入った最初のときにくっついていた障子紙が何で貼りつけたんだかほんとに剥がれない強力なやつがくっついていて、桟からきれいに剥がれず残ってる部分があるんで、そこだけうまくのりがつかないんですよ。のりづけできない。でもしょうがない。どうしようもなんないし。

で、なんとか、完成。やれやれ。
疲れた…

そしてコーヒーブレイク中。
仕事したあとのコーヒーはおいしいね…!

ドラマもアニメも放送分まではみれました。
いまのところ、このドラマの続きがすごく気になる。というものには出逢えていません。アニメも同様。あ、でも朝ドラの「純と愛」はラブコメで楽しくてみてますけども。

足がめちゃくちゃつりやすい…!

なんだか毎朝のようにつってるし、ちょっと長時間歩くと足の指がつります。右足が多い。なんだろう、これ。これも貧血の症状のひとつかもしれないなぁ(血行不良ということで)

以前ほどだるいとか走れないとかはないんですが、体重が減るんですよね。いや、減るのは万々歳なんですけども、あんまり急に減るのは怖いというか、とくに運動もしていないのに減るのは解せないではないですか。なんか悪い病気じゃないかって疑われちゃうではないですか(さほどでもありませんが/笑) まぁ、理想体重に近づいてるんで、ここで留まってくれるなら嬉しいんですけどね。
この調子でどんどん減って、40kgを切っちゃったら、まじでやばい。つか、それ骨と皮って感じで、ちっともまろやかじゃない…! ぶくぶくはいやだけど、がりがりもいやだ。ほどほどがいいよね。
いまが、ほどほどだと思うんで、いまで留まりたいな。

それよりなにより足がつりやすいのはなんとかならないんだろうか。
温タオルで温めてみるかな。

PS3の電源が落ちなくて

セーフモードで立ち上げてシステムの初期化でもしちゃおうかと思ったらコントローラーが反応してくれなくて何もできない状態に…。私はPS3でDVDとかブルーレイとか見てるので、使えないとレンタルしたものがみれなくて困る。つか、もう、いいかげん、ちゃんとしたハードを買うべきなのか。PS3は所詮ゲーム機なんだから。

で、コントローラーが無反応なのはまずいので買い換えようかとしたら…高っ!
なんでこんなに、お高いの!? 5000円だなんて。
中古でも4000円以上するだなんて。
壊れやすいのに、いったいどうしてなの。ソニーだから!?

と、悶絶しつつ。
考えてみたら、うちのPS3って2000だし(長く使ったよね…)
DVD再生用として、かなり酷使してたし。そもそもFF13をプレイしているときから動作がおかしくなっていたんだし。騙し騙し使ってたようなもんだしなぁ。買い換えるか!
11月半ばに壊れてくれれば誕生日プレゼントとしてもらうとこなんだけども(笑
しょうがない。自腹だ(あたりまえだ)
このPS3はカレからの誕生日プレゼントだったから、一応、カレにもメールで確認した。「買い換えてもいいかな?」 したら「買いな!」の、ひとこと返信。お仕事中どーも。

さあ、買ってくるか! やっぱ3000Bかな。

-------------

店頭には4000シリーズしかなかったので、4000Bを買った。250GB(こんなにいらないけど) コードとかは今まで使っていたのの使いまわしでOKだからそのまま使ってみた。壊れたと思っていたコントローラーは難なく使えちゃったんで、本体が壊れていることが判明。ああ、初期化もできないまま捨てるのか…
FF13のクリアデータは消えちゃうな!(あぅ
よかったのは以前壊れたときにそれまでのデータは保存してあること、かな。
ショパンは移動できる。よかった。
そして思った。映像がきれいだなぁと。
でもブルーレイを見るには別売りの端子が必要なんだそーだ(なんで標準装備してないんだろ) ソニー純正よりも、こっちのほうがいいといわれたので、壊れないこと前提で「BELDEN ハイスピードHDMIケーブル」を購入。
さて、なんかゲームしたくなってきちゃったな(笑

夏ドラマたちの感想。

続々と終わって秋ドラマを待ってる状態なので、みていたドラマだけ並べてみます。まだ終わってないのもあるけども。でも実は今期はあまりみてないんですよね。

「リッチマン、プアウーマン」
性格に難ありのワンマン社長と就職難にあえぐ高学歴の学生のラブストーリー。月9らしいドラマでした。恋愛ものとしても、かわいくてよかった。小栗旬はあらためて上手な役者さんだなと思った。けど、私は、朝比奈さんが大好きだったので(!) 彼が日向徹に嫉妬して自滅していくのを見るのはきつかったです。最後にちゃんと救われていたから、私は朝比奈さんが救われるならそれでいいやと思ってたんで、そういう意味ではものすごく、いいラストだった…! 落ちて、浮かんで、中学生みたいな恋愛にイライラさせられて、常識的な朝比奈さんが追いつめられて、というか、この役者さん、そんな役ばっかじゃん。「平清盛」では、崇徳上皇だったよね。史上最大の祟り神として有名な… だからこそ(?)朝比奈さんが救われて、ラストでは本来の笑顔になっててよかったです。
って、朝比奈らぶ感想になってしまった。

「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~」
仲間由紀恵主演。ママ役が合ってた。美人役よりちょっとコメディのほうが相性のいい仲間さんらしく、コミカルで楽しいドラマでした。川沿いの風流な町並もよかった。メガネをかけると幽霊が見える男の子と、幽霊になっちゃったママのものがたり。しんみりしてもコメディたっちで、かわいくまとまる感じ。今期は最終話で拡大とかなかったなかで、このドラマは拡大して2時間だったな。

「サマーレスキュー~天空の診療所~ 」
向井さんが地味だった(ぇ) 外科医というとどんな田舎にいても華々しい活躍をするものなのに(コトーのように)そういう意味では、地味だったなぁ。決まった物語展開だし、面白くないなぁ思いながらも、ラストまでみちゃったのは、なんでだろう。山の景色が美しかったからかな。って、ひどい感想ですみません。
でも恋愛ぽい要素がありながらも恋愛までいかず、全体的になんだか地味だったのですよ。

「トッカン 特別国税徴収官 」
井上真央が地味だった(という意味では、サマーレスキューと似てるかもしんない) トッカンという特異な職種で、嫌われやすいし、国家権力を行使するから闇金業者とはまた違う正義をふりかざした鉄槌の容赦のなさが、ちよっと怖い。けど、みんなやさしいけども。これも恋愛まではいかない内容で、いまいちです。恋愛要素なければないで、インパクトと内容の面白さがないとなぁと思うんだけどなぁ。

「息もできない夏」
途中でみるのをやめちゃいました。すみません。暗さと展開のもどかしさと人間関係がいまいちで楽しみにできなかったなぁ。恋愛ものだと聞いてたけど、そうでもなかったらしい。いや、べつに恋愛でなくちゃいけないわけじゃないけども、内容的に何を狙ってるのかわかんなくて。

「黒の女教師」
追いつめられた生徒を課外授業で救う女教師たちのものがたり。面白かったですよ。このクラスの異常さにはびっくりだけど(問題ありすぎだけど) 誰も救われない状況にならなかったのがよかった。どうして課外授業を始めたのかという動機づけもしっかりしてたし。謎めいていた男子生徒の思惑も最後にちゃんと明かされる。まとまりのよい内容だったけど、ラストの「先生! やめないで!」とかいう青春学園ドラマみたいなノリは、ちょっとみていて恥かしかったなぁ。そういう熱血路線はGTOにまかせちゃえ、みたいな。
女の子みたいな役柄の多い千葉雄大くんが男らしい役をしていてかっこよかった(影の委員長みたいな) 黒髪のストレートにしちゃうと中学生にみえちゃう童顔とつぶらな瞳がよかった。彼女から元カノになった女の子が利用されてるのを見て心配して「本気じゃないなら手を出すな」みたいに凄むのもよかったです。
ちょっと「天装戦隊ゴセイジャー」がみたくなった(笑

「ぼくの夏休み」
昼ドラです。タイムスリップもの。現代の小学生が夏休みにおばあちゃんちに行ったら、そこは第二次世界大戦の戦時中だった。という導入から、女衒に売られちゃった妹と離れ離れになって、戦後の大変なときに、妹とは知らずに出逢った穢れのないきれいな少女(実際には売りもしてたけど)と恋愛関係になってしまうというものがたり。前半は戦時中の厳戒態勢のなか、未来を知ってる兄は「日本が負ける」とはいえずに、ただ妹を守るためだけに必死になっていたのに、病気療養にいった筈の妹が実は売られていたいう事実に打ちのめされたりするという真っ暗な展開だったので「これ、主婦をターゲットにしてるにしては、内容的にどうなんだろう」と思っていたら、兄妹と知らずに再会して恋愛関係にという流れで、いっきに昼ドラちっくに。兄への思いを断ち切るために他の人と結婚したのに、どうしても忘れられず。夫にはそれを責められるし、姑には素性の知らない女扱いされて苛められて、これ、それで現代に戻ってこれるんだろうか、どういうオチになるんだろうかと気になったので、最終話をしっかりみました。よくわかんないラストでした。あの天使みたいな声はなんなんだろう。おかあさん?(ぇ) 「おまえたちは生きなさい」って。あの状況から助かったのは奇跡ってことですか、みたいな。
兄妹の禁断の恋はプラトニックなまま成就したのか?とか。いろいろ疑問が残りました。

「赤い糸の女」
いまの昼ドラ。あまりにも、あんまりな展開に驚いてます。あんまりしっかりはみてないけども。ひとりの男を3人で共有しようとしたり。そのうちのひとりを遊びでつくった落とし穴に埋めて殺しちゃうし(事故死だけど) 整形女は、清純にみえる天然かわいい系?の主人公を嫌ってるし。借金のかたに、結婚前の友人を売春させたり、最後の客だといって、結婚式の数日前にその婚約者をあてがったり。いまは、なんか糸を紡いでるんで、赤い糸とかけて、この白い糸が赤く染まるんだろうかと思ったりしてます。
軽く見るくらいが、ちょうどいいドラマ。

「平清盛」
頼朝が伊豆におちて世捨て人となり、空虚な毎日に「死んだほうがマシだ」と思いながら(好きになった女性との子を殺されたしなぁ) ふらふらしていたら、政子と偶然出会ってしまいましたな展開が楽しい。政子演じる杏が図体ばかり大きな、やんちゃな童にしか見えないのが、すごい。ばかそうに見えるんだけども(笑
義経も大きく育ったし、源氏の復活も近づいてきたところ。
清盛は50すぎても20代に見える若々しさで(若すぎるよ!/笑) 後白河上皇もいつまでも20代のようで(!) 肌がつやつやしてるのが眩しいです。それとは別に、重盛役の窪田正孝さんが好きなので(「Xmasの奇跡」で30男の魂の入った少年役の健を演じたときから好きなので) 生真面目すぎる重盛が、このまま病死するのかと思うと、ちょっぴりせつないです。奥さんがいい人なのが救い。

「戦国BASARA」
実写版。本気のコスプレ(笑) というか、お笑い? 肩の力を抜いてみよう。楽しいし(笑 内容がどうとかいうよりも、みていて楽しいです。信玄と幸村の暑苦しいほどの徒弟愛には、ほのぼのしさ通りこして「あぁ」って感じ。やっぱり、笑える。あれって、どうして深夜枠なんだろう。戦隊枠じゃダメなの? こどもより、大きなおねえさん&おともだち狙いなんだろうか。ちょっぴり百合が入ってるからだろうか(ぇ
まだ終わってません。


こんな感じかな。
秋ドラマは、始まるのが遅いですね。
先に秋アニメが目白押しです。←最近、朝はアニメ時間(録画したのを朝にみてるので)
そしたらカレが「純と愛」(NHK朝ドラ)が面白いからみて!というので、みるかなぁ思ってるところです。
ちなみに録画して試しにみてる、あるいはみようと思ってるアニメは「新世界へ」「K」「コードブレイカー」「絶園のテンペスト」「マギ」です。

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ