FC2ブログ

ドラマ「JIN-仁-」の最終話をみての感想。←超ネタバレ

原作コミックは読み終えていたので、原作には存在しない現代の恋人である未来がどうなるのかなぁと思っていたんですが、ああ、こうなったかぁ…と、思いました。せつない。咲さんがせつなすぎる。
私としては好きなラストです。原作よりつじつまが合っていたと思うし。
でも原作のほうがハッピーエンドだ。あらゆる意味で。

以下、ドラマと原作コミックの最終話に関するネタバレあり。


歴史の修正力とかパラレルとか医学的な専門用語まで飛び交うのでなんとなくごまかされてしまいますが、なぜ? どうして?ということは考えないでいいお話なんだと思うんですよね。こういうのって。
タイムスリップものにせつなさはツキモノですが…
映画、コミック、小説、ゲーム。タイムスリップものは数多くありますし。
そういえば「時をかける少女」も修正するために記憶を消すからこそ恋心だけが残ってしまうというせつなさがあるわけで。ドラマの「仁」における咲さんも、なくしてしまった記憶と幻のような恋心をつなぎとめるために「書」をしたためたわけで。その「書」が、咲の子孫として現代にいる未来(仁の恋人ではない橘未来)から南方仁の手に渡されるという結末。東京大空襲の戦火からよく免れたよ、咲さんの書が。すごいな… だって錦糸公園の周辺といえば東京大空襲の被害を受けたところですよね。遺体が仮埋葬された場所だって聞いてますよ。なんて、まぁそのようなことは考えなくでもよいのです(咲さん口調/笑)

咲さん役の綾瀬はるかの涼やかな喋り口調が好きでした。仰臥するときれいな顔をしてるんですよね。仰臥すると…というのも何ですが。病人の役が似合うということなのでしょうか(違

原作では、わかる人ならすごくわかりやすく例えていうならば「遥か3無印における白龍ED」のようなラストでありました。といっても、わからない人のほうが多いと思うので(笑)補足すると、分裂してしまう感じ。咲さんを助けるために薬を持って幕末へ戻り、咲さんの命を救う南方仁と、現代に取り残されて野風の子孫と出会って良い仲になる南方仁に。現代に取り残されたとはいえ、その南方仁には、経験したわけでもないのに、幕末に戻って咲さんを救い祝言をあげて彼女を抱いたことまで記憶として残っていて。ふたりのその後の人生は当時の写真(南方仁と南方咲の老夫婦が並んで笑ってる写真)と資料(現代に残る大病院の創始者として名が残っている)から知ることができるのです。もうひとりの自分が幕末にいて、咲さんと幸せに暮らしていたという、不可思議な現象だったわけですが。
原作の南方仁には、重い病を抱えていた未来さんという恋人の存在はなかったので、タイムスリップした南方仁と咲さんにある障害は、自分がいつ未来に引き戻されるかわからないという漠然としたものだけでした。
ドラマの仁ほどの葛藤はなかったんですよねぇ。

ドラマの「仁」は、そういった意味では、ものすごくよかったです。
咲という存在がすごい。南方先生は自分の世界へ戻らなくてはならない人、そこにいる未来さんと出会わなければならない人だと思っているからこそ、自分の想いを隠しつづけてしまうんだから。「お慕い申しておりました」という言葉を伝えるのが、ずっと先の未来だなんて、せつないではないですか。
しかも、その書をしたためたときの咲さんは、南方仁の顔も声も姿も忘れていて、儚い想いと断片的な記憶しか残ってなかったんだから…←思い出したのが、奇跡。他の人たちは欠片も思い出さなかったんだろうか。それもまたせつない… しかも、そんな恋心のために一生をひとりで過ごしたとか、野風の子を養女にして育てるとか… そのうえ、すごい長生きしたとか… 

南方仁を演じていた大沢さんは、本番で初めてその咲さんからの書を読んだのだそうです。仁としてそれを読んで、涙を流し、咲の告白に応ずるように「私もですよ。私も…お慕い申しておりました」と呟いたのは、アドリブだったそうです。ここでやっと想いが通じ合うって何事でしょう。きれいだなぁ。

とはいえ、私が思わず泣いちゃったのはそこではなくて、咲の母親が、兄を連れ戻そうと上野へ行こうとしたときに咲に駆け寄って「咲まで行かないでくれ」と泣くところでしたけども。気丈な母親だったからこそ、じわんときました。みおわったあとに、ほわんとする、いいドラマでした。

凛とした、江戸の女、咲さんには脱帽です。
咲さんには幸せになってほしいと思ってましたけど、傍からどう見えようと咲さんは幸せそうでした。書を書き上げたときの顔も、写真に写っているときの顔も。むしろ南方先生のほうがせつなそうだったなぁ。

春ドラマたち

いくつか続けてみてます^^

「幸せになろうよ」
香取慎吾主演の月9ドラマ。黒木メイサが相手役。藤木さんは、どうしようもない男から情けない男に転落しました。というか、このドラマって総じて男が情けないんですが、いちばん情けないのは慎吾くん演じる純平です。人がよすぎるうえに変に自分の感情をとりつくろっていて、いけすかない(こら) この役は草なぎくんのほうが向いてるんじゃないだろうか…と、思った。とかいいながらも1回も欠かさずみているんですけども。こないだ不覚にも泣かされました。どこで泣いたって、純平にずっと片思いしてる後輩の桜木という女の子がいるんですが、その子が、まったく見向きもされないのに、悪態ついたりむくれたりしながらも付け入る隙を探しつづけて不屈の精神で思い続けてきたのに、そんなに好きなくせに、発破かけちゃうんです、純平に。何やってんの、ばっかじゃないの!と怒鳴りつけて。純平を柳澤さん(メイサ)へと走らせるんですよ。そのシーンで、泣けた… 健気すぎて… つか、純平のばかめ。黒木メイサじゃなくて、こっちの子のがずっとイイ。まったく気づきもしないところが鈍感すぎる。
ちなみに桜木役は仲里依紗。コミカルな演技は健在。←今回のは好き。

「名前をなくした女神」
杏主演。ママ友たちの壮絶バトルというか、いじめというか、陰湿なやりとりというか。それぞれの家庭に何かしら問題があって、それがお受験地獄のなかで顕在化していくというストーリー。こんなドロドロしたやりとりがリアルなんだとしたら、あんな、ほのぼのとしたラストになるわけがない(断言しちゃったけど) ドラマとしては、やわらかくまとまっていてホッとしたけども、最終話でいっきに円満解決させすぎじゃないかと思った。
木村佳乃が好き。最初はツンツンした感じだったけど笑うとかわいくて、気をはりつめすぎて、ぽろっと泣いてしまうところなんて、くぅーでした。杏が演じる侑子は、本人にその気はなくても周囲に嫉妬心を抱かせてしまう自然体のママさん。空気を読まずにちょっと軽率。「私、何かした?」と直接相手に聞けてしまう真っ正直さ。そうできない人にとっては疎ましいよなぁと思いました。リョウが演じていた海斗くんママが侑子に向かって放つ「何もしてないんじゃない?」というつぶやきが巧すぎて心に響きました。

「鈴木先生」
途中からみました。テレビ東京。長谷川博己主演。「セカンドバージン」に出演してた人。黒縁めがねを外すと、カッコイイ。
舞台は中学校。性に関して赤裸々。基本モノローグなドラマ(ぇ) 熱血タイプでもなさげなのに、理想だけはちゃんとある感じの、ひょろっとした教師が面白いです。原作はコミック。何か行動を起こすまえに心のつぶやきがめくるめく感じが最初は奇妙で、これ、コミックで読みたいなぁと思ったもんですが、単純に面白いです。

「ハンチョウ」
佐々木蔵之介さんが好きだから(笑) 今回のシリーズは最初に安積さん(佐々木蔵之介)が撃たれるシーンから始まるんですが、なかなか核心に迫らないまま数々の事件をハートフルに解決していき、ようやく撃たれるシーンがきた!と思ったら最終話です。死んだらシリーズ終わっちゃうから死んじゃダメ。

「リバウンド」
相武紗季と速水もこみちが出演してます。ふたりとも、でぶになったり痩せたりして忙しかったけど、それはほぼ前半だけで。後半は、親友をまきこんでの愛のバトル?です。ぼんやり見てます。ぼんやり。

「仁」
みてますよ。コミック知ってるから、コミックのラストは知ってるんですが、ドラマのラストはどうなんだろう。未来さんには逢えるのかな。原作とは異なるラストもありだと思うんですけども。咲さんには幸せになってほしいです。

他にも何かみてる気がするんですけど、とりあえず。
結構みてると思うんですけど、コレだ!というのがないのが残念です。

iモードかアンドロイドか

3年以上使用している携帯の調子がついに悪くなりました。接触不良で画面が明るくなるまで時間がかかるようになってきたんです。こうなるとある日突然電源が入らなくなる可能性もあるとドコモショップのおねーさんにいわれまして、ついに買い替えですよ。買い替えが切実になってきましたよ。
バックアップだけはとっておきました。
けど、だましだまし使用中です。

いまの時期、やはり買うのはスマートフォンか!と思っていたんですが、夏モデルのシャープを狙っていたんですが、いろいろお話を聞くと、まだまだiモードの代わりにはなりきれてないのだとか。写真を撮るのが好きなら、スマホより携帯のほうがずっといいですよ。とも、いわれちゃいました。

でも、いい携帯って、スマホの新モデルより高価なんですけど…!

あと困るのはお金かな。利用料はともかくパケット定額サービスの金額が… いま加入しているプランより割高になってしまうので、ちょっとな~なのですよ。ちょっとな~ 面白そうなんだけどなぁ。いろいろ遊べそうなんだけどなぁ。どうしようかなぁ。で、ぐるぐるしているところです。

パソコンも新しくしたいんですが、携帯のほうが先になりそう。

あと1年くらいスマホの新機種を待つつもりで、安い携帯に買い替えしようかなぁ。3年以上前のモデルを使っていたんだから、どんなのでも今より高スペックにちがいないし。

ウィンドウズとかいろいろあるけど、スマホはアンドロイドがよさそうですね。
これもあと1年待てばいろんなことがハッキリしそう。

ビスホスホネート製剤 その6

2010年6月改定の添付文書の「使用上の注意」→「重要な基本的注意」から(4)と(5)の全文引用です。

------------------------------------

(4)ビスホスホネート系薬剤による治療を受けている患者において、投与経路によらず顎骨壊死・顎骨骨髄炎があらわれることがある。報告された症例の多くが抜歯等の歯科処置や局所感染に関連して発現している。リスク因子としては、悪性腫瘍、化学療法、コルチコステロイド治療、放射線療法、口腔の不衛生、歯科処置の既往等が知られている。本剤の投与にあたっては、患者に対し適切な歯科検査を受け、必要に応じて抜歯等の顎骨に対する侵襲的な歯科処置を投与前に済ませるよう指示するとともに、本剤投与中は、歯科において口腔内管理を定期的に受けるとともに、抜歯等の顎骨に対する侵襲的な歯科処置はできる限り避けるよう指示すること。また、口腔内を清潔に保つことや歯科受診時に本剤の使用を歯科医師に告知するなど、患者に十分な説明を行い、異常が認められた場合には、直ちに歯科・口腔外科に受診するよう注意すること。

(5)ビスホスホネート系薬剤を長期使用している患者において、非外傷性の大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部のストレス骨折が発現したとの報告があるので、X 線検査等を実施し、十分に観察しながら慎重に投与すること。この骨折では、X 線検査時に骨皮質の肥厚等、特徴的な画像所見がみられ、完全骨折が起こる数週間から数ヶ月前に、罹患部位の前駆痛があるため、そのような場合には適切な処置を行うこと。また、両側性の骨折が生じる可能性があることから、片側で骨折が起きた場合は、他方の大腿骨の画像検査も行うこと。

------------------------------------------------

重要なところは赤字にしてみました。ちなみに(1)は、食道炎を起こすことがあるので気をつけること。(2)は、骨そしょう症の原因について本剤適応以外の原因も考慮する必要があること。(3)カルシウムとビタミンDも補給すること。です。

副作用の発現率は低いです。けど、ゼロではありません。

添付文書にこう記されているにも関わらず、処方されている病院からも、処方箋薬局の薬剤師からも、適切な説明を受けていないか、右から左へ抜けてしまって患者さん本人が理解していないことが多いので、せっかく歯医者に来院してくれても「この薬を飲んでるなら、その詳細がわからないと歯を抜くことはできない」なんていわなくちゃならなくなるし。なにより長年歯周病の治療と経過観察をしていた患者さんが、3年ぶりに来院したと思ったら、この薬を服用していて、歯も大変なことになっていて…だなんてこともあるんですよね…←骨折して入院したあとずっとこの薬を服用している、とか。

薬局で渡される薬の説明書には、ちゃんと書いてありますけど。あれをちゃんと読んでいる高齢の方は少ないです。読みづらいですからね… 目が弱ってくると、文章を読むのも面倒になるようですし。

添付書類もですが、副作用について書いておけば、何かあったとき製薬会社としては訴訟を免れるということになるのでしょうか。あとは処方する医者まかせ、現場まかせで… 医科も大変ですよね。こういう添付文書に目を通して、相互作用や使用上の注意にも目を配らなくちゃならないんだから。歯科もですけどね。よく改訂されるので、改訂するごとにファイリングしてます。副作用や使用上の注意というのは、どんどん増えていくものなのです。ビスホスホネート製剤も、これからもっと増えていくんだろうなと思ってます。

最近は、この薬をすぐに処方するということはなくなったようで、私の周囲では減ってきています。ほんとうに必要な人だけが飲むべきお薬だと思ってます。悪性腫瘍や骨ベージェット病など骨転移の抑制や疼痛緩和に役立つお薬ですし、ステロイド性骨そしょう症にも有効とされてますし。必要なら飲まなくちゃいけません。自己判断で、そんな怖い薬は飲まないしようと決めちゃわないようにしてくださいね。

いろいろ書いちゃってますけども。

歯科にとっては厄介なお薬。できるだけ処方してほしくない。ほんとにその薬でなくてはいけないのか考えてほしい。処方するまえに口腔内を確認させてほしい。必要なら服用前に抜歯したいし、この口腔環境だと数年後に抜歯しなくちゃならなくなるかもしれないというリスクも伝えておきたい。患者にも、処方するお医者さんにも。

ああ、この歯だけでも抜いておきたかったな…ということが起きてしまわないように。

とはいえ、ほんとに防ぎたかったら全部の歯を抜くしかなくなってしまう。かといって、それで安心というわけじゃない。なにしろ入歯があたったところに潰瘍ができて、それが顎骨壊死につながったという報告もあるんだから… とりあえず、あれだ。口腔環境を整えておけば副作用は防げるとか、発見してすぐに抗菌剤を投与すれば大丈夫だとか、それは甘い見解かもしれないから気をつけたいところです。


「ビスホスホネート製剤のこと」
「ビスホスホネート製剤 その2」
「ビスホスホネート製剤 その3」
「ビスホスホネート製剤 その4」
「ビスホスホネート製剤 その5」

「ビスホスホネート製剤 その7」

添付文章は、こちらで検索できますよ。

http://database.japic.or.jp/ctrl/attDocsList

痒い…

夏は汗をかくからどうしても痒くなってしまうんだそーです。この時期は悪くなることはあっても、よくなることは滅多にないんだとか。まぁ、去年も、6月からひどくなったからなぁ。で、いまも痒いし火照ってます。
保冷剤を使うようにと皮膚科の医者にはいわれてます。保冷剤かぁ。使うかな。

そして金属アレルギーのパッチテストを今更に受けたくなったので相談してみたら、歯科に勤務している人には最大25種の金属などについて調べたほうがいいといわれ、秋になったら総合病院に行くことになりました。どうして秋かというと、いまは「汗をかく季節」だから…

汗かいちゃうとパッチテストはしにくいそうですよ。でなくても、この季節に2日~3日も風呂に入れないというのはつらいですもんね。相談するのが2ヶ月ほど遅かった…!とはいえ、震災後だったし、計画停電中だったし、なにより春は花粉症のがひどいから、手は後回しだったのでした(残念)

秋まで何事もありませんように…

パッチテストなんか必要ないくらい手がきれいになってたらいいんですけども。

で、ほんとにパッチテストにひっかかったら私はどうする気なんだろう。もし、もしも、治療した歯につまってる金属で反応していたら? 全部、入れ替えるの? 無理…(!)←神経に近い状態のが何本もあるから刺激とかしたら神経をとることになって治療に時間がかかりまくりそうな気がするし… なにより痛いのがいやだ(こら) まぁ、だから、安心するためのパッチテストなわけですよ。そういうことにしておきたい。

さて、今夜は掻いちゃったりしませんように。

今すでに痒いけど。困ったなぁ…
今年も猛暑だったらどうしよう。

そして後で読み直したら、こんな短い文章のなかに信じられないほどの誤字脱字が…!
いつものことですけどね…

庭に小さい怪獣がいます。

朝からミャアミャアうるさいなぁと思ったら子猫が一匹だけぽつんと庭先にいて、親はどうしたと思いながらも、情けをかけて放置していたんですが、昼すぎに母猫が他3匹の子猫を引き連れて帰還。庭先にいついてミルクタイム。洗濯ものを取り込もうとしたら、シャーッと蛇みたいな声をだして威嚇してくるばかりか、襲ってくる!ので、あえなく退散して今にいたります。

そこは、うちの庭だ! 去年、追い出したように、親のいぬ間に子猫をいじるかな。

ちっさい子猫もすっかり野良の目つきでこちらを睨みつけてきます。
かわいくないなぁ…

で、やっぱり、ぶり返すわけですよ…

何が悪いんだろう? まぁ、痒いのを我慢できずに掻いちゃうのが一番よくないんだけども。←掻かなきゃ治る! でも、痒みって、おさえられない。とくに人と会話してるときなんかは無意識に引っ掻いてしまうんだ。
にしても、たしか去年の春は、めっちゃ楽だった筈なんですよね。
どうしたんだろう?ってくらい荒れてなかったんで。それが去年の今くらいの時期からすごいことになっちゃって、もう、びっくりですよ。なんか、今は、おつりを貰うときに右手を出すのが恥ずかしいです。
正直、手渡ししないでほしいです。そこに置いて、拾うから。って感じ。
いまは右手の指先がちょっぴりひりひりするのでテープを貼ってます。今夜は早寝しておこう。もう寝よう。

こないだ久しぶりにゴールドのネックレストップをつけて出かけたら、なぜかいろんなところに湿疹ができちゃったんですが、それは暑くて汗をかいたせいなのか、金属のせいなのか謎で。金属アレルギーならペンダントトップが触れてるところが赤くなってなくちゃおかしいだろうに、そうはなってなくて。気のせいなのか、なんなのか。以前からゴールドを身につけているとおかしな気持ちになったので(気持ちの問題かもですが)にわかに、金属アレルギーの検査したいなぁと思ってます。

金属アレルギーが湿疹の原因かどうかはまだハッキリしてないようですけど、もし反応があったなら、それらを避けることはできますしね。ついでにラテックスやプラスチックのアレルギーも調べてほしいけど、うーん… 通院しやすいところでパットテストしてくれるところ、あるかなぁ。仕事帰りでも立ち寄れるところでないと、パッチテストはできない。←たしか週3回は行かなくちゃなんない。
これから暑くなると、お風呂に入れないのが、つらくなるし。なぁ。

と、考えて、検索してみたんですが… 遠い… うーん、どうしよう…

しかし、もう、ほんとに手湿疹とはオサラバしたいんですよねぇ。
一生コレとつきあうとか、もう勘弁してほしいです。チビのときから苦労してきたんだし。
年とって免疫力落ちればアレルギーも出にくくなるかしら。←かわりに病気になるか!

さて、寝ます。おやすみなさい。

カピバラさんの一番くじ

セブンイレブンでやっていて、近所で偶然発見したのでやってみたら、ティーカップセットと懐中時計が当たりました。気をよくして、もう1回やってみようと思ったら、昨日の今日で跡形もなし(!?)
なくなるの早っ!
カピバラさんのファンって大人率が高いの? 超大人買い? いっきに一万くらい使ってくじ引きしちゃうわけ?(1回500円なり) そんなふうに茫然としてしまった今日でありました。

センサーに反応してしまうのは…

ブランドものの高額商品のせいでした(!)
タグが商品の内側に縫いこまれている場合があるそうです。私の場合は…財布…
昔っからメインの財布にはお金かける主義なんです。えへ(とはいえ目がとびだすほどの額ではありませんが…) 初任給で買った財布を置き忘れてしまったときに「中身はどうでもいいから財布だけでも返して!」と願ったくらい、財布のほうが高かった… なので旅行とかにはお遊び財布しか持っていかないんですが(単純に旅行中は「軽いほう」が楽ってのもある)←メイン財布は中身がなくても重いんだ。
毎日毎日、レンタルショップやスーパーや薬局の出入口で「ぴーぴー」鳴ってうるさかったので、レンタルショップで店員さんに聞いてみたら「たぶんブランドの高額商品に反応しているんだと思います。バッグが一番あやしいです」といわれ、検証した結果、財布だと判明したのでした。ぁあ…これでもう鳴らさずに済む!←鳴らないように処理してもらった。
それにしてもなんでショップで買ったときに解除してくれなかったんだろ?
出入口で警備していたからタグのほうは関係なかったのか…? たんなるミス…?
だってそうでなきゃブランドで身をかためた人はそこら中でぴーぴー鳴らせちゃうじゃない。

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ