FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だるい、眠い、食欲増進。

とにかく、眠いです。(寝なさい、ですね) 寝ます。おやすみなさい。

書きたいことがあったんですけど、頭から抜けていく~
憶えていたら、明日の朝、書きます(笑

スポンサーサイト

抵抗(BlogPet)

きょうは、らふぃこと学校が抵抗したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

手が楽になってきました。

ずーっと治らなかった指先ですが、だいぶきれいになってきました!
多少恥ずかしくても白い手袋をつけてた甲斐がありました。←埃が多そうな古本屋とかで本を触るときには手袋つけてたりして。すっかり、つやつやです。

そしてステロイド軟こうの中止の仕方を模索しています。
急にやめると反動があるのは知ってる。←経験上
なので医者にいわれたとーりに、ステロイドとプロトピックを重ね塗りしてみてます。そしてプロトピックだけにして経過がよかったら、プロトピックもやめちゃう。これでなんとかなるだろうと。

素人判断ですが…!

皮膚科って基本的に信用してないんだと思う。私。
それこそ、ちいちゃいときから、いろんな皮膚科にかかってるからなぁ。

とりあえず今の指先の状態ならウィルス感染も防げそうです。

傷口あるのが、一番やばいですもんね。

で、ウィルスといえば、新型インフルエンザワクチン。
あれね。健康体なら打つ必要ないと思いますよ?(暴言かな)  基礎疾患のない健康な若者の死亡例もありますが、感染率に比べたら死亡率はとても低いですよね。季節性のがよっぽどヤバイ。と、思う。変異は怖いですけども。

その季節性インフルのワクチンも不足しそーな勢いですが。

万が一感染して発症したときに重症化しやすい、糖尿病の人、喘息の人、ひどいアレルギーの人、ステロイドなどの免疫を抑制する薬を飲んでいる人、免疫不全の人などなど。抵抗力が弱くて、ふつーの風邪でも肺炎になってしまうような人は、早めにワクチンを接種すべきだと思います。

でも新型インフルのワクチンは国内における臨床例が少ないので、副作用がちょっぴり心配だ。医療従事者が先に接種することで、副作用報告が迅速に行われそうではありますけど(まるで人体実験のようだともいわれていますが…) 歯科が優先順位の対象外なのはあたりまえだと思いました。絶対数が少ないなら、患者に直接接する救急病院とか開業医の医師が接種したら、他は、とりあえず重症化しやすい患者さんにまわすべきだと思ってます。

受験生をかかえた家庭もぴりぴりしているでしょうね…

一生を左右しますもんね。

けど、ワクチン打ったからって感染しないとはかぎらないので、規則正しい生活、快食快便、適度な運動をして正常な免疫反応ができる体に整えておくことのほうが大切ですから。

がんばりましょう。

私は、インフルエンザにかかったことがないので、これを機に初体験してみたいな~なんて、あほなこと考えてます。←こういうこといってるやつは、まず、かからない。

矛盾(BlogPet)

あんずは、矛盾したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

久しぶりにきた患者さんに、

「顔がまるくなったね」といわれました…!
彼にはよくいわれるんですが、そのたびに「そういうときは、かわいくなったね」っていうんだよ!って、返しているんですけども、患者さんにいわれたときは、がーんときましたよ(あぅ

けど、顔はなぁ。私、一番最後に痩せるところだし、なぁ。

政治のお話をすると、

むちゃくちゃ長くなる!ってことで、しばらく日記を書けてませんでした(いいわけだ/笑) 何をしていたのかというと、歯科衛生士の現実をとりまく法的な解釈について調べていました。そしたら頭がくらくらするんですよ。痛いというよりも、なんだか、ふわぁとなるんです。眠くなるわけではなく。

自民党もそうだったんだろうと思いますが、日本って全体的に「あいまいにしておこうよ」「逃げ道つくっておこようよ」「何かあったら融通きかそうよ」「まぁ、いいんじゃない」という雰囲気があって、それでずっとやってきたわけですよ。このままじゃいかんのじゃないかと思いつつも、それで成り立ってきたわけですよ。いわば信頼文化というか。信頼関係で成り立ってきたというか。島国で、おとなりさん同士の関係も親密で、長年のおつきあいというのがあって、ちょっと今回はこっちたてるけど、今度はそっちたてるから、よろしく☆みたいな。←これ、談合。
そこから接待だの賄賂だのにつながってくわけで、それはもう汚職なわけだけど。

だけど、これは世界には通じない。世界基準に合わせようとしたら、しっかりとした契約、契約遂行、それに見合った報酬というふうになっていく、と。でも、です。日本の法律は、相変わらず曖昧なわけです。法律が曖昧なのに、取締りだけが強化されていく。この矛盾。

何いいたいって、歯科衛生士法は現実にそぐわないといわれ続けて30年以上、その間、大きく改正されたのは、平成元年の一度だけ。しかも、歯科衛生士が歯科保健指導をするにあたって「その名前を使うことができる」という項目が追加されたり、その指導をするには歯科医師の指導と指示がいるよってのが追加されただけ。この「指導」がいらんものだといい続けて、30年近く。
なんで変わらないんだ?

そんなことを、つらつら調べていたのでした。

どうも、ね。いいんじゃない?このままでも…という雰囲気があるんですよ。へたに騒いで、いままでやってきた不正が白日の下に晒されたらどうしてくれるんだ?という雰囲気です。けど、これも隠してはおけなくなってきました。ネットという便利な情報共有ツールが確立してきた昨今では、です。とはいえ、まだまだ「ネットなんて信用できない」「誰だかわかんないやつらが、勝手なこと垂れ流してるだけだろ」的な印象を持っている人は、中高年以上の人にとても多いですけど。そして、その中高年以上の人たちが、この日本を動かしているわけですけども。

でも、患者さんだって、結構、勉強しています。いつまでも「まぁ、大目に見てよ」なんていってらんなくなるでしょう。歯科業界の変なところはいっぱいあるんです。それ以上に医科も変なところはいっぱいあるでしょう。隠蔽体質は、どうしたってあります。

歯医者に行くと「なんであんなに治療が長引くの」「なんであんなにお金がかかるの」と感じる人が多いというのは、どうして治療に時間がかかるのか、歯医者にかかる費用というのがどういったものなのかが、患者さんには理解できていないからですよね?
歯医者は意外にビンボーです。
ワーキングプアが問題になっています。働いても~働いても~働けば~働くほどに~ってやつです。支出のほうがかさんでしまうんですよ。歯医者になるためにかかった費用を考えれば、それは、ものすごく痛い現実です。不正したくなります。もしくは自費に走ります。いまどき、治療にお金かけるのはいやだけど、美容と老化防止のためならいくらでも出すわ!って人が多いのです。あと、予防。

歯科衛生士がエステサロンを経営したりしてしまいます。歯科衛生士は、独自の道を歩きたいと考えています。予防専門の職種として独立したいという夢があります。が、法律が…「歯科医師の直接の指導のもと、歯科医師の指示を受けて」になっている以上、すべての業務が歯科医師抜きではできなくなっているわけです。もともとが看護師から派生した職種なので、看護師が医師からの縛りを受けているのと同じ理屈です。が、歯科衛生士は、看護師にも許されていない医療行為を行うことができます。歯石除去です。これは歯科医師以外では歯科衛生士にのみ許されている行為です。

ところが…
無資格の歯科助手も現場でそれを行っているという現実があります。

おかしなことなのに、それがずーーーっと罷り通ってきました。その背景には、歯科の診療報酬の低さがあります。あんなにお金がかかるのにまだ足りないのかといわれそーですが、足りません。診療報酬の低さゆえに、歯科技工士たちが大変なことになっています。
ものをつくる職人さんです。歯科医業を支えている職種です。入歯とか詰め物をつくるという作業は、コストも、技術も、時間もかかります。が、歯科医師が彼らに支払うお金は、診療報酬に見合った額にならざるを得ません。より安い技工所に注文しようとします。最近は中国の技工所に発注するところもあります。安さを追求すれば、ものは粗悪になりますが、しょぅがない。という考えです。
ついでに歯科衛生士は引く手数多であるがために「最低賃金」が高め設定です。年々高くなってるもんだから、数年前に働き始めた先輩より新人のほうが給料がいい。なんてことも、起こります。
(でも最低賃金が高いといっても、低いですよ。歯科業界、全体的に賃金は低めです。おそらく、みなさんが考えているよりも。ずっとです。)
けど、まぁ、歯科助手と比較してしまうと賃金が高いうえに頭でっかちでプライドが高くて、なのに思ったより働きが悪いとなれば、歯科衛生士よりも素直で若くてかわいらしい歯科助手を受け入れたいと思うのも人情でしょう。その歯科助手に「やりがい」を与えたいと思ったら、できることを教えて、患者を担当させるなんてこともやってしまうのでしょう。違法ですが、歯科衛生士が足りないんだからしょうがない。

でも、なんで歯科衛生士が足りないの?
昔に比べると、養成学校は5倍くらいあるのに? それ以上に歯医者が多いのかもしれませんが、異常でしょう。原因は、歯科衛生士の資格を持ちながら、歯科衛生士として働いていない人が多いからです。理由は、やりがいの欠如と、小さな世界なので、いじめとかもあるようですが…
歯科助手の存在が結構大きいです。

資格なくてもいいんなら、どうして歯科衛生士という資格があるのか、さっぱりわからない。そういうことです。歯科助手を否定しているんではないです。現場では歯科助手にある程度のことをしてもらわないと患者さんをさばけない。ということもあるようですし…
ですけど、正直に、法を遵守している医者や歯医者ほど経営が成り立たなくなるという、この現状。どうしたもんか…。うーん…。んで、法的なところから、いろいろ調べたわけでした。

ふぅ、つかれた。

ひと段落ついたので(ついた/笑) 頭をこっち(どっち)に戻そうかと思います。


拍手、ありがとうございます(ぺこぺこ)

台風が近づいています。(BlogPet)

きいこの「台風が近づいています。」のまねしてかいてみるね

もう台風になりましたんだか、被害がなければいい天気と思ったことは…明日はないにこしたんならいます…明日は…いろいろやることが運休になってるので、いい天気とか。
列島縦断するようですがなければいいのになぁと思った。
来なければいい天気とか!!
来ないに見舞われてんならいのに、こんばんは。

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

台風が近づいています。

もう台風に見舞われている場所に住んでいる人もいますよね。
大丈夫でしょうか。
私のところは水害指定区域でなくなってるのでちょこっと安心なんですが(治水工事したらしい) 近くの川が氾濫したら、大変です。列島縦断するようですけど、被害がなければいいなぁと思います…
明日は蓼科のほうへ出かける予定だったんですけど、そんなわけでバスが運休になりました(あぅ) これで嵐が来なかったら悔しいなぁと思ったんですけど、嵐は来ないにこしたことはないので、来なければいいのになぁ思います。来ないというか、途中で弱まって、ただの雨とか。散っちゃって、いきなり、いい天気とか。そんなんならいのになぁと。

そんなわけで、こんばんは。
なんだか遅い時間になってしまいました。
そろそろ寝なくては…

いろいろやることがあるのに、人恋しくて、うろうろ。

何やってんだか。

それで腰痛を雇用した(BlogPet)

あんずが自民党政権も機能したいです。
それで腰痛を雇用した。

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

やけに眠いです。

なんなんだか、やけに眠ってる気がします。ぼやー、こてん、ぐぅって感じです。
今日もお昼に目が醒めました。びっくりした。このところ休日でも結構早くに目が醒めていたので、まず目が醒めなかったことにびっくりした。寝すぎて眠いのかも?
だらけてるだけかも、ですが…(笑

こんばんは。
そうして目覚めたお昼にネットに繋げたら目に入ってきたのが「中川昭一、自宅で死亡」 えええ? まだ若いのに? なんか持病があったとか? お酒?(←どうしても浮かんでしまう、これ) まさか自殺じゃないよね、とか。奥さんが「主人が冷たくなってるんです」って救急車を呼んだって書いてあった一文を眼にして、朝っぱら(世間は昼でも、私には朝な感覚で) ずーんと凹みました。
その冷たさは知っている。と、思ったら、さらに、ずーんと。
何、この喪失感。
妙にシンクロしちゃった。なんか、痛い。
落選して、いろいろ心労が重なったのかな。お酒は呑まなくなってたそうだけど、かえって、そこに逃げ場をなくしてしまってたのかなぁ。酒飲みはあまり長生きしないけど。肝臓やられてたのかな。うちの叔父たちは、40代で肝臓やられて他界してるんで、酒と心労が肝臓に及ぼす影響って、かなりのもんなんだと思います。個人差はあるけれど。まだ死因は特定されてないようですけれど。
事件性は低いようですね。

自分でも信じられないことに、泣きました(!)
涙もろくなったなぁ、私。いろいろ共感するもんが増えちゃったんだろうなぁ。

というか、麻生さんもですけど、なんか、かわいい感じがして。
好きだったんですよねぇ…
酔いどれ会見とかいわれて有名になっちゃいましたけど、あのときは花粉症の薬といってましたけど、誰かが痛み止めともいっていて(腰痛がひどかったとか) 朦朧としてしまうような痛み止めって、いったい何だろう思いました。
祖父も酒飲みでしたけど肝臓にはとくに病気がなく、他界したときは、原因不明の心不全ということになってました。つまり突然死です。
人間、何があるか、ほんとにわかんないですね。

むだに一日をぼんやり寝てすごすもんじゃないですね(反省)

昨日は友人とカラオケいって、そのあといっぱいお喋りしてきました。
今日はその反動のように、ほとんど喋ってません(笑)

拍手をありがとうございます(ぺこぺこ

夫婦別姓と戸籍のこと。

夫婦別姓の利点って、女性が改姓するものだという慣習が打ち砕かれることでしょうか。結婚しても改姓したくないと思ったときに今の制度では「籍を入れない」という手段しかないので、別姓でいてもいい選択肢を与えようってことだとは思うんですが、現在の制度でも通称は認められているし、籍を入れていなくても事実婚は認められているし、まだ盛り込まれないうちに政権交代しちゃったけど「旧姓のまま公文書にサインしてもいい」というふうにしようという法案もあったんですよね。それじゃ、ダメなんでしょうか。日本人なら、それで、対応しきれると思うんですけど…

改姓する習慣のない国の人が日本人と結婚したとき国籍を獲得しようとすると、この改姓がひっかかったりすることもあるらしい。先祖伝来の姓だから残したいだろうし、それがアイディンティティだったりするのかもしれない。公文書にその名を残しておきたいのかもしれない。これ、両方、残しちゃいけないんでしょうか。ミドルネームみたいにして。

いや…、選択的夫婦別姓にしたい人のなかには、自分はひとり娘だから、家を継いでいくのに改姓したくないという女性もあると思うんですが、自分だけが家名を残していてもダメでしょ? 選択して別姓になったら旦那は改姓しないわけだから、夫婦で別姓でいるってだけだし。こどもが生まれたときに、どちらかの姓を名乗るか決めるのだとしても、兄弟で姓が違うことになるのも何だし、どっちかにすることになるでしょう。でなくても、こどもがふたりできるとは限らないし、夫婦がどっちの姓にするか決めるのを放棄して、問題を先延ばしにするだけだよねぇ…

ただ今のままだと確かに不便なんで、公文書に旧姓のまま記してもいいってのを追加してほしいけど、結婚しても結婚前と同じ職場で働いている人は、改姓することで被害を蒙ることもあると思うし(せっかく憶えてもらった名前なのに、いちいち訂正しなくちゃならないし) 通称でいいといわれても、公文書では戸籍の姓でとなると、いろいろ混乱しそうだし…
パスポートとか保険証とかを通称で取得できたらいいですよね。きっと。
それで対応できるんじゃないかなぁ思うんですが、別姓にしなくちゃいけないの?
戸籍に別姓で記載されるんでしょうか。

なんか…、こどもたちも相手の姓になったら、孤立感が増すような……

メリットとしては、相手の「家に嫁いだ」感が薄れることかな。今でももう「嫁ぐ」とは違うもん。な、感覚はありますけども、入籍して改姓すると、相手の家のもんになった感じはどうしてもあるんで、そういう気持ちは味わわずにすむかもしんない。けど、それは同時に、相手の家の人たちとは、家族ではなくて、まったくの「他人です」という感覚が強まることにはなると思う。
責任も薄くなるだろうなぁ。

嫁ぎ先の姓を名乗らせず他人扱いにする意味での別姓や、父系の姓を名乗りつづける別姓や、よその国では、いろいろありますけれど。日本は日本らしい制度であればいいのではないかなぁと思います。別姓を取り入れても、それを実際に選択するのは国際結婚の家庭にとどまるのではないかなぁとかね。そう感じるんですけども。

さて、戸籍ですが。
日本の戸籍は、家族単位のもので、これは親族を明確にすることができるので、相続などで威力を発揮します。あと減税のためにも必要なものでした。(なぜ過去形って、扶養控除が廃止されるだろうからなんですが) 戸籍がうまく機能していない国では、相続でもめることが多いそうです。(フランスとか) 戸籍謄本とか戸籍抄本が必要な手続きとか、めちゃくちゃ面倒なんで、なければいいのに。思うこともありますが…(笑) 実際になくなっちゃったら、なんか、いやです。
民主党の千葉さんがこの制度に意欲をもって改編しようとしていますけど、これから相続のほうにも手をつけて、婚姻制度廃止にまでいっちゃいそうな……

婚姻制度がなければ、夫婦間に生まれたこどもでなくても相続することができるとか、いろんな面で優遇措置ができるようになって、さまざまな理由で結婚できない人たちも自由にこどもをつくることができて、しかも、そのこどもたちには、こども手当てが支給されるし、生まれれば生まれた分だけ、とりあえず食べてはいけるようになるという。小子化対策にはなるかもしれません。

いっそ平安時代みたいに通い婚にしちゃうとか。
そうなると、家を継ぐのは女性ってことになるんですけども。

それで、ちょっと見えてこないことがあるんですが…

経済対策は、どうなってるんでしょ。雇用対策のほうは…?
国防は?

こんなことを、つらつら書いちゃう、いまの私は、ちょっぴり凹み期間です(笑)

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。