FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜石に行ってきました。

陸中海岸です。港町です。釜石は鉄の町でもあります。
駅前にいきなりどどんと新日鉄があるし。気候は意外にも穏やか。冷たい海風さえなければ東北とは思えない暖かさ(たぶん) 雪もあまり降らないらしい。在来線で新花巻駅から釜石まで向かったんですけど、途中、猛吹雪で、ずいぶんな雪国にきたもんだなぁと思っていたんですが、釜石についたら冷たい風が吹いているだけで、雪も積もってないし、降ってませんでした。

宿の人に迎えにきてもらっていたので、どこも見ずに宿に直行。したら、めあての観光船は「休航」で、風が強いせいかと思ったら「この時期は元旦しか出航しないんです」という、お言葉。
しかもお風呂は17時からといわれて、いきなり暇に。冷風が吹き荒れていたので、とても散歩する気になれず、宿のお部屋でごろごろしてました。で、17時になったのでお風呂にいくと(温泉ではない) 先に入っていた老婦人が「ものすごく熱いわよ」と忠告してくれたにもかかわらず「寒いんで丁度いいですね」とかいっちゃった、私。
入ってみて実感した。
熱すぎる。何って、お湯が。いったい何度あったんだろう。10秒も入ってられなかった。なんの「がまん大会」かと思った。すきま風のせいで寒いのに、お湯に浸かっていられない。サウナで温まるしかないかと思って入ってみたら、サウナがサウナじゃないし…(鳥肌がたつほど、ぬるかった) しょうがないから熱いお湯に入って、がまん大会してから出たけど。汗もかかないし、妙に寒い。
さっさと部屋に戻って、部屋のヒーターの前で暖をとってました。

けど、食事は美味しかった。どうやらシーズンオフらしく(観光船もやってないし、元旦前だし) 客は、うちら含めて2組だけ(!) 従業員もほとんど休みをとっているらしく、とっても少ない。送迎バスの運転手さんだけが、なんだか、とても好印象でした。
部屋室係は慣れてないみたいで、ことごとく、私たちの後ろを歩きたがるし。(案内してくんなきゃわかんないって) 部屋にも「どうぞ」って、先に入れるし。そういうもんでしたっけ? でもスイッチの位置もわかんなくて、部屋、真っ暗で、困っちゃいましたよ?(笑
で、食事は、あたりまえなことに海鮮もの。私は苦手なんですが、彼にとっては大好物。
新鮮ないくらなら食べられるかな?と思っていたけど、無理でした…。
私は海鮮もの(とくにナマモノ)だけを食べていると胃がむかむかと気持ち悪くなってしまうのです。なので食べられないものは彼の胃袋におさまっていきました。朝の食事も同じく。

部屋から見える港の景色はステキでした。朝焼けと朝日を拝みました。元旦は初日の出を見る人たちで賑わうそうです。だろうなぁと思った。見事だもの。

翌日は、前日の冷たい風がなくなって、穏やかな日差しで妙にあたたかな陽気だったので、散歩でもしながら大観音にでも行こうかといっていたんですが、宿の人が「歩くのは大変だ」というので、送迎バスの人に送ってもらうことに…。最初に向かったのは「鉄の歴史館」……休館中。でも小高い山の上から見る港の景色は美しかったです。で、観光できないんで、大観音まで送ってもらうことにしたら(おかげで無料で海岸めぐりしてもらうことになったんだけど) 大観音も閉館中。どうやら大晦日と元旦に合わせて、休みをとっているらしい。
しょうがないんで駅に送ってもらうことにして、駅前へ。
そこでお土産とか買い物をして。
観光案内所で「ここらで観光できるところは?」と聞いたら「鉄の歴史館」と「大観音」だといわれてね。どっちも休館でした。といったら、もう、お手上げなの。ほんとに他には何もないんかなぁと首かしげながら、もうこれは盛岡にでも出て「わんこそば」食べるっきゃないかと相談しつつ、駅へ向かって、駅員さんに「今日のダイヤは平常通りですか」って、なにげなく聞いてみたらば…

朝から運休していていつ動きだすかわかりません(!)

強風の為、電車が昨夜の21時から立ち往生しているとのこと。
(客をのせていない電車が途中で動けなくなっているらしく)この電車を回収しないかぎり、電車は動かない。って…。なんか朝から新幹線がシステムトラブルで動いていないってニュースでやってたから、在来線はどうかなって聞いてみただけなのに、こんなことになっていようとは……
ということで、観光とかしてる場合ではなく(そもそも見るところないし)
駅で電車を待つことにして、代行バスが「遠野」にいくというので、そのバスに乗って(もちろん無料) 「遠野」から電車で「新花巻」に向かうことに…。鈍行なので、ゆったりとした電車の旅でした。景色はすごくよかったです。雪は積もってても、よく晴れていたし。
で、新花巻に着いて確認したら案の定「やまびこ」は運休だらけだったので、予定よりずっと早い新幹線の指定を取り直して、早めに東京へ向かうことに…。

結構、順調に帰宅できました。

電車の旅をしてきた気分です。車窓の旅というか(笑

結果よければ、かな。
楽しかったです。


拍手をぱちっとありがとうございます^^
うあ、やばい。もう二日しかないんですね…


 
スポンサーサイト

ルールメールされた(BlogPet)

きょうあんずは、ルールメールされた。

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

明日から(もう今日ですが)一泊旅行です。

今回は寒いところです。いや、今回もか。
気合入れて行ってきます^^ 海沿いだから、ほんとに寒いだろうなぁ。

そして六時起きなくせに、まだ起きてたりします。
寝坊しませんように(あぅ


拍手をありがとうございました。
メッセージ、ありがとうございます! びっくりしました。
以下、一応、白抜きで。

「どうでもいいこと」 エッセイで感想いただいたのは、はじめてです。
自分でも常々思っていることなので、それで何かを掴んでもらえたら冥利に尽きる感じです。ほんとに嬉しいメッセージをありがとうございました。少しでも気が休まることを、祈っています。

知り合いがステロイドをやめるんですって…

知り合いというか遠い親戚というかなので、私がとやかくいうことはできないんですが。ちょっとした話しのなかで「いまステロイドを抜くために皮膚科に週2回ほど注射しに行ってるんです」って聞いちゃったもんだから、心配になった。しかも薬の種類が…なんつーか、え?ってくらい、多いんです。
中身を聞くと、抗アレルギー剤と、アタラックスです。アタラックスは良い薬ですけど。前にも書いたように、精神安定剤でもあるんで、あまり長期連用するもんじゃないと思うんです。そういう不安神経症みたいな病気ででもないかぎりは…。ただアトピーも心と密接に関わっているから、心が安定することで掻き毟らなくなるという効用はありそうですけども…。
いえ、アタラックスそのものに痒みを和らげる効果もあるんですけど。

ちなみに「脱ステロイド」で検索(ぐーぐる)すると「83300件」ヒットします。
成人のアトピーは「ステロイド性湿疹」を伴っていることが多いそうです。そうかもしれません。私は以前ほどではないですけど、いまでも残ってますし、ね。で、脱ステロイドの日記とかを読んでいると、ああ、私もそうだったなぁと思い出します。あの、すさまじい状態を抜ければ、完治したのだろうか。
とても無理でしたけど…
なにせ喘息まで発症しましたし。

どうやら皮膚科医も混乱しているようです。治療法について。

そもそもアトピーは「アレルギーではない」という説もあるようです。そうなのか…。薬疹かもしれないのか。でも、たしか薬疹も免疫反応のひとつだったような…?

皮膚科の診療報酬としては、成人に対して外用薬を処方しないと「指導料を算定できない」という保険ルールがあるらしい。だから皮膚科医は外用薬を処方するんですね。でなければ経営が成り立たない。というふうに保険のルールができちゃってる。これって、誰の責任なんでしょうね。
外用薬というのは肌に塗る軟膏や湿布薬のことです。

こんな保険ルールじゃ皮膚科医も困っちゃうだろうなぁ…

歯科にも困ったルールはたくさんありますよ。たとえば「この検査をしないと次の治療ができない」というようなルールです。患者さんとしては「また検査か…」なんて思うかもしれませんが、そうしないと治療しても点数とれなくって、困るんです。被せものについては「2年は無料で保証しろ」という保険ルールがあります。これのせいで2年以上もちそうにない歯には被せものをしたくないと考える歯科医が増えたのでは?と、思います。だって患者さんの不注意で壊れたとしても無料で作り直さなくちゃなんないルールですよ。あとあと点数がとれないばかりか、どこにも請求できなくて、サービス(無料)で治療しなくてはならなくなるというのが、つらいのです。ダメな歯に保険の被せものをすることには、かなり躊躇させられます。何故って技工料と材料費は無料ではないから。
技術だけならともかく、コストがかかるんで、つらいのです。
なので最初から「保険外」をオススメするところも増えていると思います。

話が脱線しました。

とりあえず、そんなわけで。いまの私は花粉症の時期以外はそんなに薬も飲んでないし、つけてもいないのでした。ただし「保湿」はしている。保湿もしすぎると肌が怠けちゃってダメなようですけど。

脱ステロイドか…
うまくいきますようにと祈るばかりです。


拍手をありがとうございます!

床の掃除

このところ休みの日に晴れたら掃除しています。クリスマスの前に床を磨いておきたかったんで、今日、思いきってワックスがけを…(笑  時間かかるんですけどね。乾くのに30分だし。ちょっとずつやんないと歩くところなくなっちゃうし。床を磨いてから、ワックスかけて~。乾くまでDVD鑑賞とかしてました。
いまみてるのは「SP」なんですが、人気あるんだか続きをレンタルされちゃったので、急きょ「ゴースト」をみはじめました。「ゴースト」も、シーズン1とか書いてあるからシリーズなんですねぇ。あちらのドラマは長すぎる…。面白いけど。というか、切ないけど。涙腺崩壊気味で、困ります。

掃除、あとは細々とした整理だけなんで、なんだかだいって余裕かな(たぶん)
ほんとはいろいろ手をつけたいところがあるけども、それはもう来年で。

んで、年末に。
今年を振り返ってみる。結構、いろんな出逢いがあった気がする。前年の続きという感じではあるけども。出逢いと別れがあったかなぁ。音信不通になっていた友人とまた逢えるようになったのが、一番の重大ニュースかも。縁があれば、また逢えるし。縁があれば、またお喋りができる。以前と同じように愚痴も言い合えたりする。今年は久しぶりに逢った人が多かった年かも…

……まぁ、手持ちのドルが大変なことになってることは、あえて考えないでおく。

音信不通で心配な相手は、このネット上では幾人かあるけども。
サイトをしていると、サイトのメールフォームからメッセージくれたりするから、ほっとします。そういうわけで、どんなに廃れても(うあ) 放置しても(しないようにします) サイトは続けますよ。できるだけアドレスもこのままにしておきたい。
そんなわけでプロバイダを変更することができないんですが…
べつにBiglobeでいいかな、と。いろいろ不満はあるけども。

拍手をぱちっとありがとうございました。
来年もよろしくです!
あ、いえ、年内の更新はこれが最後というわけでは(きっと)ありませんけども…っ







天気がものすごくよかったです。(BlogPet)

きいこの「天気がものすごくよかったです。」のまねしてかいてみるね

夕方になったら急に風がで)とりあえず整理整頓してくれてましている!ビニール製品も、たぶんいろいろ励ましてました。
ということにキンチョールが真っ暗です(庭作業して…(彼の数を外に風が真っ暗ですよ!(あゆいちゃんです(庭作業し…♪
だいたいプラスチックをぱちぱちとを拭いてるし…♪
庭が大切ですよね♪
だいたいプラスチックを外に風が放置されていたら午前中なんてなくなっちゃうして箱の見事になっちゃうし。
日頃の手入れがあるのメッセージは消えて箱のメッセージは暖かくて…。

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

天気がものすごくよかったです。

夕方になったら急に風が冷たくなりましたけど、日中は暖かくて、動きまわっていたら暑いくらいでした。ということで、掃除してました。庭が大変なことになってまして…(彼の荷物で) とりあえず整理整頓して箱の数を減らしたり。だいたいプラスチックを外に出していたら砕けるんですよ! ビニール製品も、ものの見事に粉々になっちゃうんですよね。
乾電池が放置されていたので錆びちゃってるし…。なんで、こんなところにキンチョールがあるのかと(庭作業していて蚊が鬱陶しかったんでしょうけども) そんな片付けしていたら午前中なんてなくなっちゃうし。窓ガラスを拭いてるだけで、どんどん時間が~…
で、もう外が真っ暗です。
一軒屋だと、もっと大変ですよね。日頃の手入れが大切です(しみじみ)

携帯が見つかりました。

今朝、携帯が見つからないなぁと思いながら出勤したんですけど、今まじめに探しても見つかりません。いったい何処に!? 昨日まではあったのに…。携帯が見当たらないと、自分が携帯を意外にもよく利用していることに気づかされます。しまった。不便だ…、困ったなぁ。

と、思いながら探していたら、見つかりました。こたつの中にありました。
こんなところにあったらわかんないよ!(笑
知らないうちに入りこんどゃったようですよ。蹴りいれてしまったのだろうか…
サイレントだから音鳴らないし、こたつの中じゃ光っててもわかんないよなぁと思った。とりあえず変なところに置き忘れたり、落としたりしてなくてよかったぁ。

今日はめちゃくちゃ寒かったです。
ちょっと寒々しい恰好で出かけてしまいました。
やっぱりもう冬なんだから防寒しなくちゃだめですね。

ハムスターは、小さなこたつを入れたら「ひきこもり」になっちゃったので、彼が気にしてこたつを取り上げてしまいました。凍えたら死んじゃうんだよ!といったら、なにやら工夫してたけど。とりあえず、元気に過ごしてるっぽい。小屋も新しくしたし、いろいろ優遇されてます。
餌やるのは、私だけども。


拍手をありがとうございます。
サイトのウェブ拍手お礼は別の場所でとか思いながらも、ついつい、こちらに。

うわ、変なこと書いてる!

ゆうべは眠かったようですよ(あぅ
薬、効きすぎ…

突然の不安。

突然、ぐわっと不安が押し寄せてきたので、気を落ちつかせるために「アタラックスP」を飲みました。久しぶりだから、きっと眠くなるに違いありません。気の持ちようかもしれませんが、ちょっと楽になりました。なんか、ね。死ぬのが怖いんだといっていた人を思い出します。
眠るとそのまま死んでしまいそうで眠れない、と。
私が「死」について考えたのは小学生のときで。なにもかもがなくなって「無」になるということの恐怖に怯えて、眠りにおちる瞬間が怖くて、ベッドのなかで転げまわったことが何度もありました。べつに病気をしていたわけでも、なんでもなかったのに。以来、ぬいぐるみを抱きしめていないと眠れず、いい大人になってからも、薄汚れたぬいぐるみをベッドのなかに入れてました。
今はカピバラさんです(ぇ
で、いまでも「死」が怖いのかというと、怖いんですが…
どちらかというと周囲の人がいなくなってしまうことに恐怖を感じてます。どうしようって。連絡がないのは元気な証拠というけど、ほんとに病気とかだったりどうしようって。
親しくしている友人が逝ってしまったらどうするんだろう、って。
そんなこと考えてたら胸がしめつけられて苦しくなった。ぎゅーーっと。
不安な感じ。どうしよう、どうしようって感じ。
もう落ち着きましたけどね。異常に眠いですけどね(笑

写真を整理するだけで時間が…

デジカメになってからの写真の量が半端ないです。
ほんとにとっておきたいのだけプリントアウトするべし。と、心に決めました。
日付が入ってないのもあるしで、もう大変。やっとひと段落つきました。
いっとき部屋中に写真が散らばってました…
やんなくちゃと思いつつ放置していたら、えらいことに……!
どんくらい放置してたのかって10年くらい(サイトと同年か。ネットにかまけてた証拠なのか) 年代別にするとややこしいので、カテゴリ分けしてみたら…、写真って無造作に平積みしていたほうが場所をとらないんですね。(あたりまえか) もう少しで入れるところがなくなります。ついでにアルバムの規格がバラバラなので美しくないです。かといって同じアルバムに統一するなんて無駄遣いはしたくありません。いいよね、美しくなくたって…。このさい、譲歩。


そんなわけで、こんにちは。
いろいろ肩がこるようなことばかりしています。
クリスマスカードとか年賀カードとか間に合うんだろうか。
掃除だけは来年には持ち越したくない…。

年末にわたわたするのは、いつものことですけど(笑 

拍手をありがとうございますっ
ゆいちんにはメールを送ったよ~。

それで話しなかった(BlogPet)

あんずが主人とかオススメしたかもー。
それで話しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

そういえば、ねんきん特別便

着たくせに、ほったらかしてある…(年末になると、いろいろやり残したことを思い出す) 開けて見たけど「うあ、私って、こんなに未払いだったのか!」と、そこにびっくりして詳細はよくわからんかった。実は払ってるのに未払いになってたりするんだろうかと、ちょっと頭を捻ってみたけど記録もないんでよくわかんない。こういう、ずぼらなやつは「ま、いっか」で、やっぱりほうったらかしにしちゃうんだろうなぁ。
そもそも未払いになっていたのも、そういえば払ってないなぁ。と、思ったときに手続きすればよかったのに「払わなくていいんじゃない?」という母親の言葉にそそのかされたのもあって(笑) ほったらかしにしたせいだったもんなぁ。
引っ越したときに年金の住所変更(引き落とし銀行の変更届)もしなくちゃならんとは知らずに、督促状が来るまで未払いに気づかず、督促状持って支払いにいくのも面倒で見なかったことにしちゃったのもあったしなぁ。←基本、面倒くさがり。こういうやつって、いっぱいいると思う(自分だけじゃないよね、ね) すみません。いろいろだらしなくって…(ぅ
なので私は「税金のつもりで年金保険料を支払っている」のです。
貰えると思ってない。無理だから。年数が満たなくて無理。こんなふうに年数に満たなくて「年金をもらえない」家庭も増えているらしい。まったく払ってなかったならともかく20年払っていても一銭もでない、それが年金制度。(最低25年の支払い年数が必要だから20歳から払っていれば45歳には年金受給の資格が得られるんだな) 10年払っていれば(減額されるけど)支給されるように制度を変えるとかいってたけど、あれは、どうなってんだろ?
まぁ、だから国民年金のことは、あてにしてません。
個人年金やってます。微々たるものですけど、あとは働けるだけ働くべし。
でも年金受給の資格を得るためだけに年数増やして働くのはいやなんでそれはしないつもり。 

うむ。
それでどうしよう? 未払い期間の詳細を聞くべきだろうか。
でも、たぶん、だいたい合ってるから、いいかな。

手続きしたときにね。お金あるから「未払いの分、払いますよ」といったのに「遡って2年分のみになります」って断られたの。それって変じゃない? なんで2年なん? そういうことしてるから財政難になってんじゃないの? 私、どうも、お役所が好きではありません。

ここ数日の間に、実は、ちょっとしたトラブルがありました。仕事関係で。
立て続けだったんで、意外なくらい凹みました。
なんか、難しいなぁと思って。逃げたくなった。正直、やめたくなった。仕事を。
まったく思ってもいなかったことを責められると、いままで自分のしてきたことを全否定されたような、そんな気分になるものですね。たまたま情緒不安定な時期でもあったんですけども。しばらく頭から離れなかったけど、今はもう大丈夫です。

サイトのウェブ拍手のお礼とかは、このブログではなくて。
何か別につくろうかなぁと考え中です。
拍手をいつもありがとうございます。ほんとにありがとうです(ぺこぺこ)

私は貝になりたい←ネタバレ注意

中居くん主演映画です。宣伝がすごかったというのもあったんですが、内容的に興味があったのと友人が中居くんファンなのでみにいきました。(というのに全部奢ってくれちゃって、ありがたいというか…なんというか。ファンの情熱には頭が下がります)
せめてものお礼に布教活動でも!(ぇ

いや、そんなんなくても感想は書く気でいたんですけども。

前情報として「中居と仲間の演技が軽い」とか悪い印象を入れちゃってたんですけど(映画情報サイトとかなので、一応、大衆向けのコラムなんだろうけど) なんで、そんなこと書く人がいるんだろ?とか首を傾げちゃうくらい、よかったです。レッドクリフには及ばないという記事も目にしましたが、レッドクリフは、ジャンルが、まるで違いますし…。むしろ、このての重苦しい映画で興行成績が2位というところが、すごい気がする。最近、邦画が結構いけてますね。

観客層は高年齢の方が多かったです。
フランキー境の「私は貝になりたい」をよく知っている世代かもしれない。
どうなんだろ。

映像が美しい。景色がものすごく綺麗。いったいここはどこなんだろうと思ったら島根っぽい? 物語の舞台は土佐ですけど。南の果てまで駆け落ちするようにして居ついた村で理髪店を経営する足の悪い主人が、終戦間際に「特別召集」されて戦場へ向かい、捕虜殺傷の罪で、戦後、生きのびてよかったと安堵していたところへやってきた役人に逮捕されてしまうお話。
B、C級戦犯として逮捕された人のほとんどは下級兵で、上官よりも実際に手をくだした下級兵が重い裁きを受けるのは、いかにも欧米的。(現在の法律もそうですしね)
また裁判の理不尽さ。

何をいっているのかわからない+通訳が下手+こちらのいってることが伝わらない

なによりも価値観が違っているのに、一方的な価値観で裁かれてしまうし。笑われてしまう。天皇陛下の言葉を発するときにピシッと直立不動になるところは、ほんとにそうだったのかな?と思ったりもするけれど(その時代を知らないから) 規律正しい動きは見ていてきれいだなと正直に思う。

こどもが可愛い。父ちゃんをおっかける姿は予告でよく見たけど、面会室の金網越しの小さな指とか、そういうのが、もの悲しい。実は、いっぱい泣きました。弱いっす、こういう映画。首まで濡れちゃって、もう大変でしたよ。泣き顔を見られても恥ずかしいとは思わなくなりましたけど(ぇ 女房役の仲間さんも、きれいでした。押し殺すように泣く姿に胸を打たれたりした。ふたりの演技が「軽い」ってことはなかったけど、ところどころに出てくるバラエティ色の強い俳優たちをみて、思わず心が軽くなるのは確か。重苦しい映画だから、そういう軽さがあってよかったと思う。

巣鴨に処刑場があったことすら知らなかった。
当時の渋谷や池袋を見ることができます。CGってすごいですね。

物語の結末を知っているだけに、もしかしたら助かるかも?というシーンが、ものすごく切ない。どうしてこんなことになったんだという言葉や声にしない慟哭が苦しい。どんな嘆願も手紙も司令官の命を賭した願いも虚しいものになる。戦犯は「戦地にいって死にもせず、悪いことをした恥さらし」と、日本国民でさえ、そう思い、助命嘆願を断るばかりか「潔く死ね」とさえいう、戦争で息子を失った遺族もいた。そんな時代背景があるからこそ、戦後の裁判で「戦犯として」殺された人たちも、英霊として靖国神社に祭られているんだなぁと思うと、少し、ほっとする。映画ではそんなこと描かれてなかったけど…

黒澤明監督が以前「これじゃあ貝になれないな」と脚本家にいったことで、今回の作品にあたって脚本を手直ししているのだそうです。貝になれないな。という言葉の意味がいまひとつわからなかったんですけど、違和感はありました。違和感はあったけど、なるほどなぁと思いました。
妻や小さなこどもを残して逝かなければならないとき。しかも理不尽すぎる罪で(彼は上官の命令で捕虜を殺さなければならない境地に陥ったうえに、実際には傷しか負わせることができなかったし。捕虜はこのときすでに落命していたと思われるという、そんな事例。) しかも、その捕虜というのは、本土攻撃をしてきたパイロットたちで。彼らも戦争の被害者だ。

一般市民を無作為に大量虐殺した空襲は「違法である。それを命じた司令官を召還して裁判にかけるべきである」と言い放つ司令官の姿がかっこいい。(というか、さすが石坂さん…) この映画で、そんなにたくさんの町が焦土と化したのかと、びっくりした。そんなこと知らなかった。なんで知らないんだろ? 学校で教えてないからですよね。

戦争ってやだな、という映画。
靖国がちっとも出てこないのは協賛が朝日新聞だからかなぁ、なんて。

いい映画でした。見事な夕焼けとか、ほんとに美しかった。

ところで「これじゃあ、貝になれないだろ」というのは、主人公の絶望が伝わるか伝わらないかにかかっていて。どうしても生まれ変わらなくてはならないのなら、という言葉の裏にあるのは、もう何も考えたくない、見たくない、感情なんてなくていい、という絶望なんじゃないかなぁと私は思いました。ふつうなら、愛する人のもとへもう一度とか、犬でも猫でも家族のもとへとか思いそうですけど、この主人公は、人間にはなりたくない。と、家族に残す遺書に綴るのです。
「貝になりたい」というのは、そういう意味でした。
でも、やっぱり違和感があった。もういっそ「貝」でなくていいじゃん、とか。
むしろ「土佐の海に眠る貝になりたい」の言葉を付け足すとかしたほうが、すっと心に入ってきた気がする。私は、ですけどね。そこは手をつけられない箇所には違いないんですけども。
けど、そうだなぁ。この遺書を綴るとき、主人公にあったのは「深い憎しみ」な気もします。そういう表現だったし。自分の境遇と運命に対する憎しみに支配された目をしてた。

この映画、途中、途中、お腹の音まで聞こえそうなくらい無音状態になるので、ポップコーンを食べながらとかだと、えらいヒンシュクを買うかもしれない。携帯もサイレント必須。

よかったです。親にもオススメしておきました(笑

レッドクリフ Part1 ←たぶんネタバレ(BlogPet)

きいこの「レッドクリフ Part1 ←たぶんネタバレ」のまねしてかいてみるね

映画ってこと知らないので…♪
あ、よくわかんなく周も感じましたですけど正直なと思って、他の後になるのが「二部作」であるんよ?なんてな戦いみたいにいたろうかな!
と思う!
ただ女を悪役と役名があるん。

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。