FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッターと死の秘宝(読後の感想)

つまりネタバレするんで、感想のところは白抜きしちゃいますけども、よかったです。すさまじかったです。ひきこまれる場面がいくつか。完成された物語ってすごいなと思いました。読み終わった今は、ひどく、せつない気持ちになっています。

ハリーの成長物語でもあるし、愛の物語でもある。最初からずっと貫かれているテーマがあって、最後に、これでもかというほど念押しされる。そんな感じでした(どんな感じなんだか)

以下、ネタバレ。

謎のプリンス(第六巻)の読後の感想の中で「ダンブルドアがあんなに信じていたんだから、私はセブルスを信じます」と書いていたんだなぁ。スネイプ先生、かっこいい。とも、書いてある。うん、かっこよかった! 誰にも悲しまれず、誰ひとり涙を流してはくれない、その死が、いちばん胸を痛くさせるものになりました。ハリーポッターシリーズは第五巻辺りから「死」のイメージがつきまとい、物語全体が暗く重いものになってきて、これが児童書でいいのかと、よからぬ心配をしちゃうくらいだったのですが、第七巻を途中まで読み進み、ダンブルドアの妹が六歳のときに受けた許しがたい暴力のくだりでは、思わず目を疑いたくなるくらいに、ストレートにさらりと書かれていて、びっくりしました。
ロンとハーマイオニーのカップルが微笑ましい。ジニーがなんだかとても大人に感じられる。ハグリットやマクゴガナル先生の哀切には泣けてしまった。というか上巻のはじまり辺りで、すでに涙がにじんじゃったのですが、いったいどこで泣きたくなったのか自分でも謎です。
とりあえず真実を知ったところで、もういちど最初から読み直したくなりました。
映画を観かえしたくなりました。見たいのは、セブルスです。スネイプ先生です。
…はぁ。
今回は何度もいろんな人に死の危機が訪れるので、いったい誰がどう生き残るのかと、ハラハラしました。母は強しなシーンもあってよかった。パーシーが戻ってくれてよかった。双子たちは…うん。ルーナは相変わらず可愛らしかった。計画を実行しては失敗し、後退し、もうだめだという瞬間に助けられながら、ハリーは重大な選択をそのつど強いられる。ハリポタの世界では17歳で成人になりますけど、もう成人だからというには、やっぱりまだ若い。ダンブルドアはハリーと同じくらいの年のときには、魔法使いたちがマグルを支配する道を熱く語ったりしていた。ダンブルドアも聖人君子ではなく、ハリーの父親も聖人君子ではなかった。傲慢でいけ好かないやつだった。シリウスも、ハリーにとっては素敵な養い親でも、屋敷しもべ妖精に対してはひどい行いをしていた。完全無欠の人間などいない。けれど、自分を知ることで、ひらかれる道がある。そんな感じのストーリーでした。
スネイプ先生の守護霊の美しさにうっとりです(話が飛んで、戻る)


けど、映像になることを考えたら、12R指定くらいあってもいいくらい、ものがたり的には残酷すぎる気がするんですけど、そこは、うまくやるのかな? 早く「謎のプリンス」を映画で観たいです。


スポンサーサイト

今日はお祭り(BlogPet)

きいこの「今日はお祭り」のまねしてかいてみるね

近くで、てんこもり!!

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

今日はお祭り

近くでお祭りの日です。越してきた当初は、こんな目の前でお祭りなんて!とか思ったものですが、いまは、ちょっとした楽しみになってます。去年は、彼が姪っ子たちをいきなり連れてきたもんで、姪っ子が遊びの中心になってしまって、つまんなかったんですが(なんて大人なげない…/笑)
今年はそんなこともなさげです。花火もふたりで見れそうです。たぶん?
実際、あれだなぁ。検査でひっかかったりしてるんで(まだ再検査してませんけど)やっぱりなんでもかんでも楽しまなくちゃいけないなと感じています。どうなるかなんてわかんないですもんね。
事件に遭わないともかぎらない世の中ですし。

拍手をぱちぱちっとありがとうございます~。
書きたいことは、てんこもり。あとは時間と気持ちだけ(笑
スイッチが入れば、そればっかになること間違いなしなんですけども。
連載中のお話、全面、書き直したりしちゃったらすみません。
いまからあやまっておきましょう。

浴衣を着たら、彼が恥ずかしいとかいうので、また脱ぎました。
なんでお祭りに浴衣で行ったら恥ずかしいんだろ?
似合ってないからか? うーん。

今日の出来事

ふと思いついて美容院に行きました。いつも行っているところではなくて別のところに。そろそろ変えたほうがいいかなと思ったきっかけは「カラーリング材が合わなくなったこと」だったので、新しいところでも合わなかったらどうしようかと思ったんですが、大丈夫そうです。
髪が跳ねてしょうがないんだといったら「これは外向きに跳ねさせるカットですよ」とかいわれてしまいました。そうか、外跳ねカットだったんだ…! 私、かわいくブローできないよ…ただの寝癖だよ…そういうわけで、外跳ねしないようにするには、まずシャギーをなくすことが重要だといわれまして、そういうふうに少しずつ切りそろえていくことになりました。
ひとまず、第一段階。まだ段差あり。
ついでにブローの仕方を教わりました。うまくできるかなぁ。
それからシャンプーのこと。どこの美容院でもいわれるんですが「アミノ酸配合のシャンプーがいいですよ」と、オススメされました。アトピーなんで試供品で試さないととてもチャレンジできません。といったら、試供品をいっぱいくれました。いいところです。(モノに釣られる私) なにより美容師さんが可愛かった!(女性でしたし)
しばらく、この美容院にしようかなぁと思います。
ずっとお世話になっていた美容院も捨てがたいのですけども。カラーリング材が変わっちゃったからにはしょうがないです。チェーン店なんですが、全店舗で総とっかえしたと聞いたら、その系列にも行けないです。すみません。ずーっと世話になっていたんで愛着あるんですけどねぇ(うむむ)

それから、今日の出来事。
ハリーポッターの最終巻を買ったこと。まだ最初のページしか読んでませんが、寝るまえの楽しみができました。(寝る前に本を読む習慣があるので) そんなこといって、いっき読みしちゃうかもしれませんけども。どうかなぁ。スネイプ先生は、どっちかなぁ。(ほんとに「どっち」な感じ)

拍手をぱちぱちっとありがとうございます!
tamaさん、お返事、もう少し待ってくださいね…っ
げーむ日記のほうに、つらつら書くつもりでいます(笑  ありがとうございますー。

直射(BlogPet)

あんずが直射するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

諏訪に行ってきました。

友人と一泊旅行にいってきたんですけど。旅先は諏訪湖畔で、美術館とかガラス工房とか遊覧船とお祭りがあるらしいよという前情報だけで向かいまして。駅に着いたとたん、迷子です(何
とりあえずよくわかんないので「観光案内所」に行ってみたら、忙しそうなお姉さんがパンフレットを次々に渡してきて「もうすぐ霧が峰のほうに向かうバスが出るから、それに乗って山にいったほうがいいですよ。夕方まで山で涼んできてください」とのこと。
たしかに上諏訪駅周辺は直射日光で暑かったので「涼める…」というだけで、その気になってバス停に向かい、霧が峰ロイヤルインをめざしました。(そこへ向かうと花がきれいだといわれたので) ところが、ものすごい渋滞で、霧が峰インターチェンジを過ぎたところで、びくともバスが動かない。
ということで途中下車。インターチェンジに戻って(20分かかっても50メートル戻るくらいの距離しか進んでなかった) 研究路だか、よくわかんない小道をロイヤルインめざして歩くことに…

確か山の上は涼しいっていったなかったっけ?と、いいあいながら上りの砂利道を歩きつづけること数10分、途中、高山植物について、うんちくを語りながら歩いている団体さんにくっついて、花とか草の説明にウムウムしながら、ようやくニッコウキスゲがちらほら見えるようになるところまで辿りついたところで、その場にいたおっちゃんに写真を撮ってもらってたら「ここであきらめないで、もっと上にいってごらん。うわぁってなるから」と、うんちくいってたおっちゃんにいわれて、とりあえず汗だくになりながら先をめざすことに…。それにしても暑かった。山が涼しいなんて、とりあえず、今回は嘘だ…!

で、おっちゃんがいった通り、うわぁってなりました。黄色いお花畑です。
でも年々ニッコウキスゲは咲かなくなっているのだそうです。以前は絨毯のように咲き誇っていたらしい。けど、満開であることに変わりなし。とりあえず、うちらの目についたのは「ソフトクリーム」だったから(笑)先に甘みを体に入れて。花が咲き乱れる丘をのぼりました。
そして気づいた。すぐ隣の丘が車山高原だということに。どうやら高原のほうにもニッコウキスゲが咲き乱れているらしく(むしろそっちがメインなのか)そこに至る道が渋滞していたようです。
ロイヤルイン(車山肩)の丘だけで満足したので、車山高原まではいきませんでした(道は続いていましたけど) お土産屋さんがあったので立ち寄って、氷もちを買いました。(懐かしい、氷もち) いまのところ信州でしか見かけたことがありません。

帰りのバスは40分遅れでやってきました(バス停で40分待ってた) そんなわけで上諏訪に戻るバスの中では、そろって熟睡して。ホテルに着いたら、すぐに夕飯で。夕飯のあとはお風呂で。お風呂は温泉で、肌にも合っていて満足でした。ただ外湯だけは肌に合わなくてびっくりしたんですけど(同じ敷地内で泉質が違ったりするのだろうか) ホテルのフロント係の人とかはすごく丁寧で、やさしくてよかったです。色つき浴衣がついていたので(パックで) 部屋で着こんで、ちょっと館内を歩きました。
お風呂から戻ったら「お菓子と果物の詰め合わせ」が部屋に置かれていて、夜中に思いっきり間食です。楽しかったけど、ふと気づいたら0時すぎていて、翌朝は6時起きなんだからと慌てて寝たりして。翌朝は朝からお風呂いって、朝食バイキングで食べて、ラウンジでお茶して、諏訪湖畔を散策して、大衆浴場に入ってから、ガラス工房で手作りのハンコをつくって。帰りの電車の時間まであと20分しかないよ!って、びっくりしてタクシー拾って、タクシーのお兄さんのサービスで高島城を車窓から眺めながら駅へ…。なんだか充実した2日間でした。

諏訪湖は汚染されて近くにいるだけで気分が悪くなった過去があったそうですが、いまは綺麗になりつつあるそうです。あと10年したら、ほんとに綺麗になるだろうと、ここまでくるのに30年かかったんだとタクシーの運転手さんが語ってました。
汚すのは簡単だけど、綺麗に戻すのには長い年月がかかるのですね。

ニッコウキスゲ ↓

P7200093.jpg


拍手をぱちぱちっとありがとうございます♪
そんなわけで今日は早くに寝ようかなぁと思いつつ。


銀行なんですけど。

最近は小銭をあまり用意していないのでしょうか?
みずほ銀行だから?
そもそもその銀行のカードがないと「両替」ができなくなって久しいのですけど(しかも制約ありますよね) 先日、両替したくて銀行にいったら以前あったところに両替機がなくって、近くにいた案内役の人に聞いてみたら「小額なら窓口で扱っております」という、お返事。
両替機は取っ払ってしまったらしい。防犯対策でしょうか?
しかも「500円分の10円玉が欲しいんですけど」っていったら「手数料がかかりますけど、よろしいでしょうか」って(!) 500円を両替するのに、手数料払うなんて、あまりにもバカくさくないですか? しかも「両替」に手数料がかかるって、どういうこと?
それ以前に、両替できない銀行って……

そんなこんなで、結局、両替できていないんでした。

こんばんは^^

拍手をぱちっとありがとうございます!
お返事をここに書こうかとも思ったのですが、内容が「げーむ」なので、げーむ日記のほうに書かせていただきますね。そちらを見てやってください。(これから書きます!/笑)
一応、URL。
http://blog3.fc2.com/kiyko/

ちなみに禁止ワードは、たぶん「出会い」ではないかなと(確かめてびっくり)
この言葉は外しておきましょう。

「スウィーニー・トッド」←はげしくネタバレ

ジョニー・デップが主演だったので、何の気なしにレンタルしました。
「スウィーニー・トッド」 話題作だったようなのに、まったく内容について知らなかったし、15R指定だとも気づいてませんでした。で、のっけからびっくりしたことに…「え、歌? ミュージカルなの!?」でした。ミュージカル映画なんですね。ジョニー・デップの歌声が聴けるというので話題だったんですね。知らなかったよ…びっくりしたよ…なんで急に歌いだすのかと思ったよ(ほんとに)

歌声はよかったです。上手でびっくりしました。(芸達者ですね)

内容ですが、日本では15禁でも、世界的には18禁指定されているだけあって、猟奇的な内容でした。なのに、出演者の中に、こどもがいるんですよね。しかも、そのこどもが鍵になってる。こんなこどもを、こんな渦中に置いていいのだろうかと、んなこと考えてしまいました。

15年前「男」は妻と幼い娘とともに幸せに暮らしていた理髪師だった。ところが無実の罪で投獄されてしまう。このとき「男」を陥れた判事は「男」の妻に横恋慕していた。「男」を投獄してしまえば自分のものになると思いこんでいた。それが叶えられないと知ると「男」の妻を罠にはめて仮装パーティの余興として衆人の中で乱暴してしまう。妻はそれを嘆いて砒素を飲み、15年の服役を終えて戻ってきた「男」が聞くことなったのは、妻の身に起きた悲劇と、たったひとりの娘が、この悪い判事にひきとられて、あろうことか妻にと望まれているという現実。

この判事役やってる人って、スネイプ先生なんですよ(!)
なんだって、こんな、いかにもな悪役なんだろう。しかも、プロポーズしたのに色よい返事をくれない養女(スウィーニーの娘)の様子に「どうしてだろう」と本気で悩んでるくらいの、おばか。どうしてだろうじゃなくて、そもそも、結婚を喜んでくれるだろうと思いこんでるところが摩訶不思議。

お話は数珠繋ぎになっていて、いつまでも幻に恋する判事、籠の鳥よろしく外の世界を夢見る娘、娘の姿に一目ぼれする船員、復讐のために人を殺しつづける男、男に恋する女主人、女主人を肉親のように慕う男の子、そして船員と娘の恋を知って、駆け落ちの手助けをするふりをして、判事を罠にはめるために利用する「男」 それから店のまわりをうろちょろしている気の狂った女がいるんですけど、この女が、かつての妻だと知るのは、狂気にまかせて呆気なく殺してしまったあとだったというオチ。

女主人は、どうやら以前から「男」が好きだったらしい(そこら辺、わかんないけど) 「男」に、砒素を飲んだ妻がまだ生きていることを告げなかったのは、あわよくば自分が妻の座につきたいという欲望のため。実際、惚れてなければ「男」の狂気にこれほど付き合うことはできなかったろうし。

で、まぁ、ものがたりは悲劇へとまっしぐらに落ちていくわけですが…

なぜに世界的に18禁なのかというと、トッドの殺し方と、殺した遺体の片付け方が、グロテスクだから? パイ屋ですからね。肉が手に入りにくい世相があって(不景気真っ只中のロンドンが舞台) 元金ゼロの肉が手に入れば、まる儲けです。そのための地下室があって、巨大なボイラーと、巨大なミンチ機が…(汗  まぁ、つまりは、そういうことです(はしょった)
気持ちの悪い内容です。血が飛び散るというか、溢れ出るし。
髭剃りのために刃を向けて、髭を剃るかと思ったら頚動脈をかき斬ってしまうのだから。床屋って、実は、怖いところなんだな。なんて、思ってしまう。パイはいらないや。とも、思ってしまう。
なんとも、かんとも…

とりあえず「娘」を殺してしまわなくてよかった…。この娘は、将来的に、どうなるのかわかんないですけど(実の父親が養父を殺したシーンをみてしまってるので) 生き残ったからよしです。
ミュージカル映画なんて「サンド・オブ・ミュージック」以来だなと思いつつ。
結構、楽しめました。いろんな風刺を含んでいるような気もします。

人の欲望は果てしない。という感じの映画でした。

とりあえず、いろいろ。

検査でひっかかっているので病院通いしなくちゃなんですけど(やーですねぇ)  まだ、はっきりした結果が出てこないので、なんとも中途半端な気分のまま過ごしている今日この頃です。

それにしても暑いです。蒸し暑いです。で、梅雨明けはしたんでしたっけ?
これだけ暑ければ夕立があってもいいのに、夕立がない。夕立があれば、そこでいっきに気温が下がるのに~。夜まで暑いまんまです。で、うちのハムスターの暑さ対策。以前はクーラーつけっぱなしという地球に優しくない方法をとっていたんですが、この夏、試してみました。保冷材。
うちの冷凍庫には山ほど入ってるんです。コレ。増殖しちゃってすごいんです。板状のが4つあるんです。ので、そのうちの3つを新聞紙とタオルの上に並べて、その上にハムスターの小屋をのせておくことにしたら…クーラーなしでも帰宅したときには、まだ冷たい!(すごい)

これで真夏を乗り切れるかはわかんないけど、とりあえず、しばらくはコレでいけそうです。ここ数日、へたりこんで、小屋の隅っこで、べたーっとなっていた「こもも」ですが、いまはちゃんと小屋の中でまるくなって眠ってます。やっぱり暑さには弱いんだなぁと。毛皮ですもんね。

今回の子は、病気になんないので、よかった。
まぁ、まだ若いけども。(これからか)

拍手をぱちぱちっとありがとうございますっ
1時にメッセージをくださったtamaさん、ありがとうございます! 攻略を書いた甲斐が~(嬉しい) 六章のカリガネは、私もわかんなくて右往左往したのですよ。見つけたときは、がっくりするくらい脱力しましたけど(ほんとに行ったりきたりしちゃったんで/笑) お役にたててよかったです。そして、フェバ。この運命の出会いをきっかけにして、是非とも、フェバを攻略しちゃってください!
フェバ仲間が増えるのって、すごく嬉しいのですよね。もう絶版になってるぽいゲームだからこそ。(でも、中古ゲームソフトとしては出回ってるらしいですけど)
メッセージをありがとうございました^^

胃が痛い…(BlogPet)

きいこの「胃が痛い…」のまねしてかいてみるね

とは、どうにも落ち着かないようで。
まちがえて胃にいくというか)食べられませんがはっきりするまで、食べすぎちゃいましてくるものが、微妙に蘇ってください(あたりまえか)食べられませんような…拍手をぱちぱちつとありがとうございます!更新日記にサブキャラがはっきりするまで、今日のはきついですけど、微妙にくるものが痛くなったのが(あたりまえかなぁ?いらんが食べ物入れるたびに蘇っているかなぁ?実家に蘇って、それが食べ物入れるたびに蘇って、今日のも、ネタバレしている感じ?いらんが食べすぎちゃうん?
そのときの痛みが)食べられませんが)

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

胃が痛い…

というか、もぞもぞしている感じ?
実家にいくと食べすぎちゃうんですけど、食べすぎちゃいまして。お好み焼き4枚はきついですね(あたりまえか) 食べすぎて胃が痛くなったのは、はじめてです。そのときの痛みが食べ物入れるたびに蘇ってくるようで、いま、胃にくるものが食べられません。(刺激あるのとか油っこいのとか)
それとは別にちょこっと気になることがあって、それがはっきりするまで、どうにも落ち着かないような…。とかいいつつ、今日の午後はうっかり昼寝しすぎて、おきたの20時すぎだったりしたんですが(寝すぎですね) 平日の夜は夜更かしのくせに休前日だと早寝になるってのも、我ながらおかしいです。というか、やっぱり睡眠は大切ですね…

拍手をぱちぱちつとありがとうございます!
更新日記には記してませんが、ネタバレしない攻略のほうは、もうすぐ完成する、かも? 「効率のいい進め方」はいるかなぁ? いらんようなら、ここまでで。なんか今回、微妙にサブキャラが難しくて(まとめるのが) きつかったです。まちがえていたら教えてください(他力本願)

「クライマーズ・ハイ」←ネタバレ

母といっしょに観てきました。ちょっと興味があったので…
「記者」の話だとは知っていたんですが映画タイトルの意味もわからずに観にいったせいなのか、いや、きっとそれだけではないだろうと思えるほどに「わかりづらい」映画でした。

現在と過去が交錯している話は、これまでに何度も観たことがあるにも関わらず、つくりが雑な気がしてしょうがなかったです。かなりカットされているのかなぁ。あれ、あの人はどうなったんだろ?とか。あの子供は、どうしたんだろ?とか。親子愛とか必要だったのかな?とか。
親子愛を絡めたかったら、もっと別な方面からいけたんじゃないのか、とか。

「クライマーズ・ハイ」というのは、登山家が頂をめざして昇っているうちに気分が昂揚して、周囲が見えなくなって、冷静な判断を狂わせて、一心に頂まで登ろうとしてしまう一種の興奮状態をあらわす登山用語?なんだそうです。新聞記者の主人公は、他社を抜いてスクープをとることが頂で、そこめざして突き進んでいると冷静な判断を狂わすことを承知している登山家です。いざとなると慎重になって、誤報を飛ばすことを畏れてしまうのだけど、その判断は、たぶん間違っていない。

これは日航機墜落事故で奔走した地元紙(群馬の)架空の新聞社のお話。
事故そのものは本当に起こった出来事で、誰よりも早く正確な記事を載せようと、地元紙ががんばるお話でもあるんですが、当時は携帯電話もないし無線もそう持たせてもらえなかったようで、連絡手段は「電話」のみ。しかも民家で借りる始末。報告するために何度も階段をいったりきたりしたり、電話を探すために駆けづりまわったりする。全国紙の記者は自分のネタを漏らさないし、電話だって占領してしまうから、ものすごく大変そうでした。時代遅れの上の人たちは「足で稼いで駆けづりまわってこそなんだよ」とか昔の栄光を持ちだして部下たちに説教してるんですが、そういうのが面白かったです。
いまでもいそうかもなぁって。ここまで極端ではないにしろ。

男たちの映画でした。女性記者も出てきますけど、基本的に男の世界です。
たてわり社会で、上司には上司の苦悩があるのに下には見えないの典型です。主人公はちょうど中間管理職みたいな位置にいるんですけど、新聞社の中での立場としては「一匹狼」というか、部下をもたないフリーなジャーナリストなのかな。社長に飼い殺しになってるような…

社長がエロじじいで(笑  それを山崎努が演じていて気持ち悪かったです。あの気持ち悪さってば、うますぎますよ。当時はセクハラとかパワハラとかいう言葉すらなかったんだろうけど。うん。そうですね。事故があった背景そのものは昭和なんですけど、そこでくりひろげられているものは、いまでも日常にあるようなことばかりな感じでした。当時はその言葉がなかっただけで「セクハラ」「パワハラ」「PTSD」なお話でした。ただ惜しいんですよね。散漫としていて。

こう、テーマをひとつに絞ってほしかったなぁと。原作があるなら尚更、削れるところは削らないと。とか、思っていたら、どうやら、エピソードをむしろ足しているようです。
どこを足したんだろう。まさか「親子愛」ではあるまいな?
ほとんどメインテーマでしたけど、こうまで、ごつい内容なら、むしろ「ない」ほうがよかったんじゃ?と思えたテーマだったんですよね。親子愛。本編から浮いてる感じだったので。

よかったですけど。
思い描いていたのと「違ってた」というのが感想でした。

また席を譲られてしまいました。(BlogPet)

きいこの「また席を譲られてしまいました。」のまねしてかいてみるね

そういえば今日の帰り。
←友人というのに。
ゲームしておきましたのかとお食事とかしすぎなんですよね。
貧血とかじゃないけど、へたりこんですみません♪
吊り革に、そのとき無性に眠かった。
しんみり話でいてから、そのとき無性に眠かったので()どう考えて。
今朝、う、ありがたかったの中ですみません!て♪
しんみり話ですみません。
ケーキ食べたら、なんだか、なんだか、すみません。
貧血とかじゃないけど、へたりこんでいこうと…!てましたので(低血糖だった。
しんみり話でいてな気分に掴まりながら寝かけて、家に「辛そうだから座りな」って席を譲られちゃいたおじさまに掴まりながら寝かけておきましたところだと思ってから、すみません!()どう考えてな気分に掴まりながら寝かけてくださっていてました♪
←友人と思うに掴まりながら寝かけても夜更かししすぎな気分に。

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

続きってどこにあるかな(BlogPet)

あんずは続きがほしいな。
続きってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。