FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭りの日。

本日は、夏祭りの日でした。
いつもは彼とふたりで過ごすのですが、今日は、姪っこたちが急きょ遊びに来ることになりました。朝から掃除で大忙しでした。姪っこたちがくるということは、二家族が来るということなので、狭いお部屋はいっぱいです。ほんとは浴衣を着るつもりでいたんですが、ひとりだけ浴衣ってのも妙に恥ずかしいので普段着で。姪っこいたんで、祭りだからと童心にかえることもできず…
ちょこっと消化不良気味。
いや、姪っこは、かわいいですけどね…!
みんなが帰っていったあと「もういっかい縁日に行こうよ」と彼を誘いました。なんだか寂しかったんですもん。
くじをひいて大きな風船を手に入れたので、とりあえず満足。

来週末の花火大会にも「来るか?」と彼が誘っていて、頷かれたらどうしようかと思いました…(だって大変なんだもの) 駅の混雑とか普通じゃないし、汗かくし。お子様にとっては過酷だから、もしいっしょに行くのなら縁日で遊びながら遠くにあがる花火を見るくらいがよさげだし、そうなると全部の花火を見たい私は、また消化不良を…。まぁ、いいんですけどね。やっぱり、なんか寂しいですよ。
恋人度が下がる感じで。
ふたりでもいいじゃん!と、いいたい。
というか、気をつかいたくない(つまり、それ)

来てくれたのは嬉しかったんで、
なんか、こう、なんだろう。…フクザツ。

そんなわけで、こんばんは。
お風呂に入って、ようやく落ち着いたところで、サイトいじりしようかと思ったら、もう、こんな時間になっていました。
拍手をありがとうございます!

とりあえず更新だけしておこうかな。
お話はできてないんですけども。
考え中です。
スポンサーサイト

ハリーポッター 不死鳥の騎士団。←ネタバレ

仕事が早く終わったので帰りぎわに映画館に立ち寄ってみてきました「不死鳥の騎士団」 みんな大人になってたなぁ。

ハーマイオニーは、ひっつめ髪より、くしゃっとした髪型のほうが彼女らしい気がする。
ロンは、そのまま大きくなった感じで。
双子は何だかいい感じ(前回は長髪でびっくりしたけど)
ハリーは原作もそうだったけど思春期の生意気盛りな感じで…というか、原作のほうが生意気だった気がする。
ジニーは埋もれててよくわかんなかった。
チョウは妙にかわいそうだったな。フォローないし。
ルーナは面白くて可愛らしい。
やたら目立ってた。淡い金髪だからかな。
際立つし映えるし鍵の持ち主って感じだし。

ただ、不死鳥の騎士団というよりも「ダンブルドア軍団」というタイトルのほうがいいんじゃないかというくらい、不死鳥の騎士団の活躍がよくわかんなかったです。最後は颯爽と現れてかっこよかったですけど。原作で読むのと映像でみるのとでは、やっぱりインパクトが違うもんですね。魔法合戦とか、守護霊とか、楽しかった。
あと、ネビルが、かっこいい。

原作を忘れかけているので、また読み直そうかな。
最終巻が発売されて世界中の(英語圏の)人たちが彼らの行く末を知ってるわけだけど、とりあえず翻訳本が出るまでは、情報をシャットアウトしておこうと思います(笑

ハリーよりも、スネイプ先生が気になるんだ。

「不死鳥…」でもスネイプの心に強く残っている、あのシーンは、文字で読むと「大人気ない」と思えたことでも、映像だとやっぱりインパクトがあって、トラウマになるよなぁとか、しみじみ。

グッズまで買っちゃいました(!)


拍手をありがとうございます♪
叩かれないと、なかなか腰をあげないやつですみません。
いつもいつもありがとうございますっ

体がだるくて、重い。

やけに腰が痛みます。なんだか、むずむず。
でも後輩ががんばってるんだから、私がへこたれるわけにはいかんのです。ふむぅ。しかし、なにかとへこたれそうだ…。

唐突ですが、
クレジットカードの引き落としができませんでした通知がきました。銀行にお金を入金したつもりが足りなかったみたいで、二度つづけて引き落としができないと、今度は「指定の口座に振り込んでくれ」という電話がくるんですね。でないと利息が発生するんだとか…(!) それはいやだ。というわけで、本日、雨の中、昼休みに銀行まで行ってきたのです。そしたらCDでは10万以上の現金振込みができないときた(以前からですが…) しょうがないので窓口で支払い。いろいろ書かされたうえに、機械でやるより手数料がかかるという不便さ。
キャッシュカードがあれば10万以上でもCDで振込みできたんですけどもね…(これを利用して新種の振り込め詐欺が頻発してるわけだけど) あいにく、キャッシュカードを持ってなかったもんで、窓口に…。

定期預金があれば普通口座にお金なくてもマイナス口座になるだけだと思ってた私は、世事に疎すぎますか。以前はそうだったのに、いつのまに、そうでなくなったんだろう(彼曰く、10年以上前からだというのだけど) 通帳に赤字がつくのは確かにいやだったけど、預金が担保になって自動的に未払いを防げた時代が懐かしい…

そんなわけで、なんだか、いろいろ、もやもやしてる今日このごろです。

拍手をぱちぱちありがとうございます。
ゆいちゃ、メッセージありがとうー。温泉はいいよー。また行こうね。でもって、ファフナーは面白かったです。完成されたお話という感じで、SEEDよりわかりやすかったよ。ちょっと、だいぶ、せつない話だったけど、ハッピーエンドが救い。オススメアニメ。いまみてるやつが終わったら、みてみようかな。ありがとうっ

かみのやま温泉

友人と行ってきました。雨の中。でも暴風雨ではなかったので、ふつうに歩けたし、楽やきとかそば打ちとかして有意義で充実した旅でした。帰宅したら彼が不機嫌だったけど(なんか台風がきてるせいで自宅待機でどこにも出かけられなかったとかで)楽やきで色づけした怪獣の貯金箱をあげたら機嫌がなおりました。どうも、私、旅先では彼に似たもんを手にとってしまうクセがあります。
こう、ずんぐりしたトトロとかモリゾーみたいの(笑

かみのやま温泉に行くのは、今回で、5回めくらいになるでしょうか。好きなんですよ。泉質もですが、町の人の雰囲気とかも。タクシーとかバスの運転手さんは「ここって温泉以外、何もないでしょう」とかいうんですけど、そういいながら地元のことがすごく好き!という感じが伝わってくるんで「ああ、いいなあ」と自然に思えるというか…。真夜中に酔い覚ましで上山城まで歩いたんですけど、散歩してたおっちゃんが「こんばんはー」と気軽に話しかけてきてくれて「こんな時間にどこ行くの。足元暗いから気をつけなよー」と。実際、酔ってるもんで足元ふらついてたんですが(果実酒一杯で体ぽかぽか状態) 道路わきの用水路だかお堀だか(たぶん、お堀の名残だと思うんだけど)べつに柵も障壁もないので、踏み外したら転落はまぬがれない。
おっとと状態で歩いてました(酔っ払いめ)
ライトアップされたお城を見にいったのに到着したとたん点灯時間終了で、ぱちっと消されてしまいました。残念。
友人と遊びに出かけると結構いろんな人に話しかけてもらえます。というか、おっちゃん率高し。
彼と出かけても、あまりそういうことってないんですよね…(それが、ちょっと、かなり違うところ)

そんなわけで、充実した連休でありました。


このところアニメ三昧なんですが、ガンダムとファフナー以降、続きがみたいと思えるアニメに出会えていません。こうなったら「ガンダムX」でもみようかと思いつつ、今回は…「kurogane」とかレンタルしてみました。新撰組の話だし原作を知ってるしいいかな?と。
なにか、オススメのアニメとかありませんかね。

ディパーテッド←ネタバレ

レオナルド・ディカプリオの映画は、たしか「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」以来みていなかったのですが…(それにしてもオリジナルタイトルをそのままカタカナにするのは著作権の問題なんでしょうか…昔みたいにアレンジしてほしいなぁ。と、思う) で、久しぶりにみてみた映画が「ディパーテッド」
香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクと聞いたんですが、この「インファナル・アフェア」のあらすじをみたときに、すごい既視感がありまして、どうも食指が動かず、みてないんです。内容はすごく好みなんですけど、こういう話、ずーっと昔の映画かドラマでありませんでしたっけ。刑事とマフィアが互いに入れ替わってそれぞれに生活していく話。なんでだろう。すごく、みた覚えがあるんだ。
なので、実は「インファナル・アフェア」も、何かのリメイクだと思いこんでいました。

と、思いつつ。後になって、ふと「動画」を探してみたら… ちょっと待って、これ知ってる、私。って、どうやら「インファナル・アフェア」の一部分だけをどこかで見たのが記憶に残ってたみたいです(ばかか!) うあ、すみません。これはみなくちゃいかんのではないだろうか。原作を。原作の3部作を。というか、かっこいいし。トニー・レオン。見かけたのはずーっと昔だと思ってたんですけど、10年前の映画だったんですね。

と、すみません。「ディパーテッド」の感想に戻ります。

「ディパーテッド」の感想をネットで拾うと、オリジナルの「インファナル・アフェア」には遠く及ばないという感想が多いです。香港映画のほうは三部作だったので、それを一作におさめた分、あらすじっぽくなっているようです。

私は元を知らずにみたので、そんな感じはしなかったです。最初は、だらだらとしていて眠くなってしまったし…あれくらいで丁度いい気がした。レオナルド・ディカプリオがどこにいるのかわからず(マジで) 対のマット・デイモンと似ているので(雰囲気が、なんとなく)このふたりが入れ替わった生活をしているふたりで、ひとりの女医を挟んで、元彼と今彼の関係にあるということも、みているうちに、やっとわかってくる感じで、いろいろと頭が混乱しやすく(私だけかも、だけど)
マフィアのボスをジャック・ニコルソンが演じているんですが、その気狂いっぷりと実体が変に不気味でした。

アメリカ映画なので、アイルランド系(アイリッシュ)の選べる道は少ないという前提のもと、それとなく人種差別の暗黒面が浮き彫りになっていたような気がします。移民がその国でのしあがるには、刑事になるかマフィアになるしかないという二極性。でも刑事になってもアイリッシュは育ちの悪さから嫌な目に遭うことが多いようで、レオナルド・ディカプリオが演じたビリーは、自分の家族のことや経歴を思いっきりけなされた挙句にマフィアに潜伏させられてるし、マフィアで生まれ育ったコリンは、自分の生い立ちを隠し、刑事として警察に潜伏する。ふたりともネズミと称されて、潜伏先の組織から「いつ自分の正体が暴かれるか」という恐怖と闘いながら、互いの属する組織へと情報を流していく。ふたりともアイリッシュ。

黒人は、まだいい。というナレーションが最初に入っていた気がする。

ビルは刑事である自分を取り戻したくて「自分の身分を返せ」といい、コリンはマフィアである自分のしがらみからは、どうあっても逃れられないことを知る。そんな感じで…。
どちらも優秀なのに、結末には救いがない。
あまりにもあっけない死は、かえってリアルで、怖ろしい。
たった一発の銃声で、瞬くほどの一瞬で、殺される。

この映画は…
女医さんがもっと魅力的だったらよかったのにと思ったんですが、結局、身ごもった子供はどっちの子なんだろう?とか、それで子供はいったいどうしたんだろう?とか、疑問が残ります。
この女医さん、結局のところ「正義が好き」だったのだろうか。
自分が選んだ相手が、刑事ではなくマフィアだと知ったとき、ひどく冷たく去っていくし。ちょっとコリンが可哀そうだった。

レオナルド・ディカプリオは、悲壮感というか、息苦しさというか、そういうのがすごくよく伝わってきて、よかったです。前半はともかく、後半は、いっきに過ぎていく感じで面白かったかな。

ただ、なんか、もう、救いがないですけどね…。

あと警察もマフィアも結局どっちもどっちなところとか、ハリウッド映画らしいです。で、オリジナルのほうはみるのか?というと、どうも、ほんとの原作は別にあるんじゃないかと思えてならないので…たぶん、みません。ちなみに「ディパーテッド」は、リメイクというよりも、着想を得たというほうが正しく、香港映画とは別ものとしてみたほうがいいようです。(いろいろ読んでみた)

で、ご指摘いただいたんで書き直しました(汗
「インファナル・アフェア」は、香港映画だそうです。

蒼穹のファフナー

カテゴリに「アニメのこと」追加しました。(ついに…)
そんなわけで「蒼穹のファフナー」みおわりました。とても完成されたお話だったように思えます。キャラクターデザインがガンダムSEEDと同じ平井さんなので、主人公のカズキがアスランに見えてしょうがなかったんですが…(アスランというかシンというか) だんだんとひきずりこまれていく感じ。なんというか、これは…カズキとソウシの友情物語というか(ぇ、恋愛もの?みたいな…)←私の見方がアヤシイのだろうか。いや、そんなことはない(思わず、反語)
ずっとソウシ(総士)という名前が「ソウシン」って聞こえてました。公式ホームページを見て、はじめて「ソウシ」だと知りました(ごめん) カズキがやたらソウシの名を呼ぶのですが、ソウシンに聞こえるんだなぁ。このふたりの結びつきは異常なくらいです。ソウルメイトって感じです。後半は、いったいどうになっちゃうんだろう?というくらい、戦況がぐちゃぐちゃで、どうにも人類側が不利で、痛々しいくらいだったんですが…(勝つために戦うためにこどもたちを改造し、育て、そして戦わせるしかない、大人たちの罪悪感とか) いろいろブラックな感情に満ち溢れているんですが、相手がどんなものでも受け入れることも大切だと、共存する道はあるのだというメッセージを感じさせてくれる。そんなお話でしたよ。なんか、せつないですけど。
「あなたはそこにいますか」
敵は地球外知的生命体で、戦うときには、そう問いかけてくる。
その問いに答えてはいけないと拒むことで突き放し、やがて「自分は、ここにいる」ことを強く肯定することで受け入れていく。
強烈な自己否定と、その先にある自己肯定。
これって…思春期の成長過程で誰もが経験するプロセスなんですよね。いま振り返ってみると、ですけど。

私は、ソウシが好きでした。なんか、かわいくって。

お風呂場の掃除

前々から日記に書いてるんですけど、お風呂場の掃除が大変なんです。衛生的だとかいって、いくつかのパーツに分かれてるもんだから、そのパーツごとに汚れがついちゃって、もう大変。
とくに梅雨時はいやになります。カビとかいろいろ繁殖するし。
上フタだけで8つ。底の浅い排水溝に髪流れ防止ネットが2つ。その、それぞれに汚れが……。フタは自称「掃除のしやすい衛生的な太目で斜めに溝のある安心設計」なんですが、隙間に汚れがこびりつきやすくって、ハブラシで一本ずつ磨かないときれいにならないのです。

どこが衛生的やねん。
ハブラシでこするとカビが飛び散る、飛び散る。

カビとりハイター? きかないです…。
うちの母は、汚れたお湯を捨てるまえにパーツを全部いれてハイターをいれればいいじゃないといってくれましたが、実践してみたところ、結局こすらないときれいにならない。
毎日ちゃんと洗えばいいんですけどもね…。
なんかパーツ外してひとつひとつ洗うのが面倒で、ささっと見えるところだけ磨きになっちゃうんですよね。
…はぅ。

でも、きれいになったときは、快感。

本日は唐突に「掃除しまくりたい」気分になったので、いろんなところ掃除していました。明日は彼の部屋を掃除してやるつもりです。(汚いんだ、これが。…触るなといわれてるんですが、見るに見かねます。まじで…)


拍手をぱちぱちとありがとうございます(ぺこり
読みづらくなっていて、すみません。

そしてきいこが攻略するはずだったの(BlogPet)

きょうあんずはここへスチルがクリアしたかも。
それにしてもここで修正しないです。
そしてここにゲームへ協力したかも。
それにしてもきいこで十六夜へ協力したかも。
そしてきいこが攻略するはずだったの。


*このエントリは、ブログペットの「あんず」が書きました。

あとひとつ。

げーむ日記に書けばいいんでしょうけど、あえて、こっちに…!
ゆうべは午前3時まで十六夜記をやっていました(あほです)そして協力技は残すところ後一つとなりました!
平泉でとれる、あっつんのやつ。
誰との協力技だったっけ。絆が足らなくてとれないので絆あげしなくちゃ。と、思ったところで保留。今夜こそ、とります。
しかし、それにしても全クリアデータはどこにいってしまったのだろう。スチルコンプリートしたのに、そのコンプリートしたデータもないという。かなりショックです。かといってもうスチルをとりに歩くことはできない(クリアしなくちゃなんないしね…)
協力技だけなら「時間跳躍」でぽーんと飛べるから、まだ楽です。
楽とはいえ何時間かけたんだかわかりません。

協力技のリストをまとめよう。

あと修正しなくちゃなぁ。いろいろと。
自分の攻略でゲームしてみて不備に気づくという…。はぅ。

拍手をぱちぱちとありがとうございます…!
亀のごとく、のたのたと這いずっています。
でも、亀って水中だと速いんですよね。
がんばろう。

半日。

美容院にいってきました。
で、その後、半日ほど何をしていたかというと、ゲームです。十六夜記です。ええ、協力技を拾うために自分がつくった攻略ルートを参考にして、そしたらですね、自分の書いたものに間違いがいっぱいありまして、思わず心のなかで叫んでしまいましたよ。「わかんないじゃん。この攻略…!」 そんなわけで間違いを書きとめつつ、我ながら何をやっているんだろうと思いつつ、ぴこぴこ。
でもね、やっぱりいろいろ拾えないんですよね…(遠い目
そればかりか蜜月まで逃す始末。
もういいんだ。発生しなくても技さえ拾えれば…と思ったんですが、蜜月を発生させないと技も手に入らないではないですか。
しかも選択肢を間違えたら、やっぱり手に入らない。
何だ、こんなに難易度が高かったのかと、頭くらくらしています。こうなったらもう頑張っちゃいますけどね…!

やってるといろいろネタが浮かびますしね(笑

私の悩み事

とくにないんですけどね。考えないようにしてるだけなんじゃないかって、ときどき思います。学生のときは世の中を知らないがゆえに(?)嫌いなことも嫌いな人もいっぱいいて、いやなこともたくさんあって、傷ついたり凹んだり怒ったり泣いたりしていたような気がするんですが、このところ、そういうこともないような…?

ネット上では様々なことがありますが、日常はとても平穏無事で、幸せとはこういう平凡さの中にあるのだろうと思いつつも、なにか刺激がほしいとも思ってる今日このごろです。いや、ただ単純に、ボケちゃいそう…! でなければ、依存体質が復活しそう。

この私が、いきなり韓流にハマって、○○様とかいって韓国まで出かけたりするようになっちゃったらどうしよう(ありえないけど) 最近、アニメ熱が高まっていて、レンタルするDVDがアニメばっかりです。ガンダムSEEDのあとは、最初のガンダムをみようかと思いついてレンタルしたんですけど、あまりの古さに「思い出は心のなかに残してこそ」と思わず遠い目に…。そうか、いまのアニメってCGあるからロボットが美しいんだな。台詞はいいです。心に残ってる台詞が多い。ガルマをみると、ガルマが大好きだった友人を思い出します。
それとはべつに、
SEEDのあとにみると、つくづく感じるのは…SEEDって最初のガンダムの焼き直し?と思うくらい、なんだか展開が似てる…。台詞も同じだったりして。でも、映像は、すごいですね。
アムロのハロって結構大きいんだな、とか。思ったよりアムロがへたれじゃなくて、びっくりとか。
シャアって意外とごついなぁ、とか(笑

そんなわけで(?)今日レンタルしてきたのは「蒼穹のファフナー」と「地獄少女」 しかし、なぜに、今更。

拍手をぱちぱちとありがとうございます!
アニメを見ながらも、ちまちま書いてはいるんです。
書きはじめると確認したくなってゲームをやり直したりもしていて、あれ?という新発見したりしています。いまやりたいのは、、全協力技の発動。台詞の書き出し…(こういうところがオタクなところ/笑)
…と思ってやろうとしたら…データがなかった!
こんなショックなことってないですよね。
ずさんな管理が…(つか、だらしないだけ)
どこにいっちゃったんだろう、メモリーカード。
全部調べたのに見つからないとは…
遥かシリーズでは三枚のメモリーカードを駆使していたのです。データをストックする関係で。全クリアデータはあるのに協力技を全部とったときのデータがない。あああ、どうしよう。
とりなおす?(気が遠くなるよ)

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。