FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな湖畔の森の影から

いや、だから何?というタイトルですみません。困ったことに、ハウルが頭から離れない…!(タイトルと関係ないけど/笑) いっぱいサイトがあってうれしいです。うろうろしています。おかげで寝不足です。とりあえず落ちつけ、自分。まだ2冊めを読み終わってないから二次創作は危険だというのに、ついつい読んでしまう。おかげで、ちょっとネタがわかっちゃった。先に本を読もう。

スポンサーサイト

「ジパング」も読んでます。

かわぐちかいじさんの「ジパング」を読みはじめています。一応、中を確かめてからレンタルしたんですけど、タイムスリップものとは気づきませんでした(好きです。タイムスリップもの/笑) とりあえず草加さんが好きです。それはともかく、主役は(海上)自衛隊。タイムスリップした先は第二次世界大戦のまっさなか。というか、日本が敗戦へなだれこむ一歩手前の時点という微妙なポイントへの割り込みで、当時としては桁外れの装備をもった軍艦一隻とその乗組員が日本を勝利に導いてしまうのか?という話かと思えば、そんな単純なものでもなく。自衛隊は「人命救助」を第一と考えるという自衛隊らしい考えのもと作戦を展開していくようです(まだ四巻) 先を読みます。

そしてハウルの姉妹編を読みはじめ、ついでに「九年目の魔法」とか、ジョーンズさんのお話をいろいろ購入してきました(文庫で出ているとは思わなかった…) 当分、読むものには困らないぞ。置き場には困るけど。

魔法使いハウルと火の悪魔 2

続編(というか姉妹編)はまだ読んでませんが、一冊目は読み終わりました。ジブリ映画とはいろいろ違っているので宮崎さんの料理の仕方にとても感心してしまいます。うまいことまとめてるなぁって。映画版のガイド本なんぞを購入してしまいました(ぇ) 
それとはべつに原作著書のジョーンズさんが書かれた別の本も読みたくなっています。「…と火の悪魔」はラストがどたばたになっちゃってんですけど、映画で不思議だったところがわかったし、それでもわからないところがあって、妙に惹きつけられます。たとえば、ハウルがソフィーに惹かれたのはいつなんだろう?とか。ソフィーにかけられた呪いがなかなかとけなかったから、あんなに不機嫌だったのだろうか、とか。←原作のハウルは、ふらふら何にでも本気にならないような感じでいて、ときにクールに怒ったり、きつい言葉をいったり、感情豊かだけど、だますのも得意で、つかめない人です。映画版のほうが、わかりやすい。あと、ソフィーの魔法がどうしてとけたのかも原作を読んで、わかったし。映画版のソフィーがどうして場面によってあんなに姿を変えていたのかもわかりました。なんであんなに元気なんだろうね。というつぶやきの理由もわかりました。なるほどねぇ、です。
あの通り沿いに引っ越したのはソフィーのためだったのか、とか。あとで気づくことが結構あって、パズルみたいなお話です。こういうの好きなんですよねぇ。そんなこんなで、いっき読み。

魔法使いハウルと火の悪魔

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作の児童書です。「ハウルの動く城」の原作です。思わず購入してしまいました。映画で気に入ったのもあるんですけど、映画だと「ん?」と思う場面が多々あったので、その補完をしたくて、ですねぇ。読んでます。楽しいです。ハリーポッターよりも、あきらかな(?)児童書なので、ものすごく懐かしい香りがします。ああ、こういう本を、わたしは小学生のときにいっぱん読んだよ。という感じです。映画とは、いろんなところが少しずつ違うので、あらためて感心したりして。姉妹編があるので、それも買おうかな。
誰が好きって、ハウルですよ。映画だと最初からスキンシップ旺盛な女好きっぽくて人間くさいんですけど、本だと、なんかもっと如実に風変わりな感じがあって楽しいです。あと映画は反戦がテーマになってるけど、本は、ソフィーの成長物語な感じ? 最初に映画をみてるので、イメージができあがっていて、声とかも、まんま浮かびます。風景も…。もう、これは、DVDを買うしか…!(笑)

ハウルの動く城

いつのまにかレンタルしてきてくれていたので、さっき見ました。きっちり二時間。途中で寝入ってしまった彼をよそに、わたしは夢中になっちゃいましたよ。ハウルが、かっこいい。最初に登場したときの胡散くささと色っぽさが好きだなぁ。声も違和感なかったし、思ったより、ふつーでした。というか、ハウルは、思いっきり恋愛ものなんですね。公開時に映画館へみにいった友人からストーリーをかいつまんで聞いていたんですけど、意味がさっぱりわかんなくて(笑)
みて、やっとわかりました。

ただ、わたしには、ソフィーの魔法がどうしてとけたのか、わかんなかったです。何かに近づくたびに魔法がとけていく。という感じではあったですけど、作中で、説明あったかな。ちゃんと、みてたんだけどな? 読解力がないだけ?(笑) けど、そういうのわかんなくても、久々に幸せな気分になれました。それだけでも、らっきーな気分。

ハウルが、だんだんと気持ちを傾けていくのがいい。ちょっと、わかりづらいとこはありますけど(そんなのは、いつものことだ) うーん。ほかのジブリ作品、みなおしてみるかなぁ。

功名が辻 2

録画しておいたのを本日みました。功名が辻。仲間さんだ…(実は先週うっかり見忘れた) 子役が出たのって一話目だけなんだ。いや、わたしね、千代のかわいいとこが好きなんですよ。原作から滲みでてくる人柄って、賢さを内に隠して道化ものにもなれちゃう、みごとな、かわいこぶりっこの千代ちゃんなんですよ(注・わたしの解釈にすぎません)

なんで、こんなにおとなしいの!?
なんだか、うまいこと、周囲に助けられちゃってるだけって感じで、千代のよさがわかんないではないですか。おかしいなぁ。まだ序盤だからかな? とりあえず駆け足で時代が進んでいて、秀吉が出世しています。家康はまだ出てこない(楽しみなんだけどな) 一豊は、大きくなった千代の美しさにすっかりまいっちゃってるようですが、そんな一豊に千代もぞっこんのようです(なんでだ) こどものとき、何もかも信じられなくてさまよっていたときに助けてくれた命の恩人…というならば、幼馴染の六平太(漢字が違うかも)だって、亡き父の形見までもってきてくれた恩人だというのに。やっぱり見目かな(おい)

背景が駆け足なので、歴史を知らない人にはついていくのがきついかもしんないなぁと思ったりしましたよ。大河みる人は歴史好きでしょうけど。仲間さん目当てな人は、背景より千代のかわいさをみたい筈だ(決め付けた) かわいいけど、ちょっと抜けてて、実は抜け目がないという、そんな千代がみたいです。そして武田鉄矢はやっぱり「おいしい」と思う。笑いが出るのは、彼のいる場面でだけだし。あの独特の、ほんわかな喋り口調がいいなぁ。側仕えらしく、薄汚れた格好してるのも、世話のやける主(一豊)をみて「あーあ」とかやってる感じも好きです。

それにしても…

昼すぎまで寝てしまうと、何かと時間が足りなくて困ります。さっさと起きればよかった。本日は、お話をまったり書くよりも、絵を描いたり、サイトいじったりしてすごすことに決めました(あとビデオをみたり、ゲームしたり)←つくづくインドアな…。

サイトいじりを始めると、素材探しからはじめてしまうから、なにかと時間がかかります。そして削除しなければならないファイルが、てんこもり。まちがえて違うファイルを削除しちゃって、TOP絵が表示されてない時間帯もありました(あとで気づいた)

そんなこんなで、こんばんはです。

もう夜です。ああ、もう夜か。家のことやんなくちゃー。
あっちこっちの日記を走り書きしているのは、走り書きできるのが嬉しいからです。文字の入力がおかしくなっている間は、走り書きができなかったもんだから、そんなには書けていなかったんですよ。よかった。よかった。けど、初期化すると、つくづく気づくことがあるんですが、いつのまにかつくられている、わけわかんないファイルって、あれは何なんでしょうね。クリックすると何も入っていないフォルダとか。見つけるたびに削除しちゃってんですけど、削除して、ほんとにいいものかどうかわかりません。けど、いらんものは、もう増やさないことに決めたのです。どうやらRoのパッチが悪かったわけでも何でもなく、ただPCが不安定だったところに、何かが入ったことで打撃を受けてしまっただけだとわかったので、いらんものは捨てる。これに徹することに。

とはいえ、いつのまにか増えていくんでしょうけど。

グインサーガの105巻

グインサーガは、いったい何巻から買っていないのかわからないくらい最近は本屋でぱらっとめくっては買わないってのをくりかえしたいたんですが、105巻はちょっと買ってしまいました。なんでいきなり105巻を買ってんだよ。と、自分ツッコミしつつ読みました。
………。
なぜ買ったのかというと、マリウスが歌を歌っていたからなんですけど(ぇ) わたしは、この吟遊詩人も好きなのです。が、妻子がいる筈なのに、なんでまた風来坊やってるんだろう?とか。グインってまた記憶喪失になってるのか、とか。ここでフロリーが出てくるのか!とか。まぁ、いちばん驚いたのは、グインの記憶喪失なんですけど。
そこらのいきさつを読むのが面倒で買わなくなったんですよね…。
ナリスがいなくなったからトーンダウンしたのもあるんですけど(わたしは、とくにナリスが好きだったわけではないんですが/笑) イシュトがいよいよ苛酷になっていくのもみるに耐えなくて、ずっと遠のいていたというのに、買っちゃったよ。古本で間を埋めるか。
と、思い、既刊のタイトルだけ眺めながら、いつから読んでいないのか記憶を辿ってみると、どうも20巻近く読んでないような気もしてきました。さぁ、大変。本の置き場、どうしよう(それか)

そしてCDが検出されません。 (BlogPet)

あんずはきいこのセキュリティはサポートするはずだったの。

なぜか立ち上がらないので、最適化したりしてました。
ペインターって楽だな…。
フォトショで描くのって。
拍手をぱちぱちぱちっとありがとうございます。
そろそろ50題のほうへ頭を戻さなくてはと思いつつ、うやうやしております(要するに頭ぼんやり状態)本日は眠気と格闘してみたり、インストールし直したりしてました。
こたつにつかると、ほんとに身動きとりたくなくなるなぁ。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あんず」が書きました。

雪景色

雪がやんで、今朝は晴れていました。とても気持ちよく澄んだ空気だったので、ちょっと川原まで足をのばしてみたんですけど、すぐ後悔。路面が凍結しててすべるったら。アスファルトだし、日陰の道だし、川原までの道は危険がいっぱいでした。
川原は雪景色でした。
いったい何事?というくらいに真っ白でした。
そしてめちゃくちゃ風が冷たくて寒い。
子供たちがソリをして遊んでいて、等間隔に雪だるまが並んでいて、かまくらまでつくってあるという。誰もふみこんでいない道があるという。それでも10センチくらいでしょうか。この地域で1月にこれほど雪が積もるのは久しぶりです。でも滑らないように歩くのはしんどいです。
ぐるっと川原を歩いて戻ってきたら、腕と足が痛い…!(爆)

それにしても凍結っぷりがすごいです。雪がね、重いんですよね、しっとり、ずっしりって感じで。しかも雪かきしてないところが多すぎる。集合住宅の前はほとんど雪かきされていませんし。車のわだちのところと、盛り上がったところと、ぎざぎざに凍りついていて危ないです。明日は、職場の氷をとかさなくちゃなんないかも。裏階段は日があたらないから、きっとすごいことになっている…。

更新とかダウンロードとか

PCを初期化するということは、あとから入れたもんが全部消えるということで、どれが足らないのか、いまいちよくわかってません。とりあえずWinを最新の状態にするだけでも時間がかかりました。
そして、本日は、ウィルスチェックとか、もろもろのダウンロードしている時間とか、最適化している時間を利用して、ずっとゲームをしていました(なんて生産性のない/笑)

雪がしとしと降っていて、重たい雪が積もっていて、明日の朝は凍結しそうだなと思ったり。最近の天気予報はよくあたるなぁと思ったり。そのおかげなのか電車に遅れがなかったのに驚きました。
雪とか台風とか、これだと患者さんも来ないだろうなと思っていると、朝っぱらから大勢いらしたりして、これもまた驚きます。様子がてらでかけたくなるのでしょうか。それとも予定がキャンセルになって暇になるんでしょうか。謎です。寒いのに、雪なのに、めったにない雪の日にわざわざ出かけてこなくても…いえいえ、ありがたいですけども(笑)

雪が降ってる…

朝起きたら雪です。雪が降ると、少しあたたかくなります。
ゆうべはとても寒かった…。

そしてPCですが、初期化しました。
サポートの方にいろいろ聞いてほかの手立てや診断をしたんですけど、原因不明ながら何かをきっかけにして共有ファイルが混線?したのではないかということでした。つまり?CD/DVDのデバイスが目立ってるだけで、ほかのアプリケーションもいろいろ作動しなくなってる可能性が高いといわれて、ペインターが立ち上がらないのも、あれが起動しないのもだからなのか?といろいろ心当たりのあるわたしは、薦めにしたがってPCを初期化することに決めたんです。

幸い、文字の入力がおかしくなったときにデータのバックアップをとってあったんでよかったんですけど、あれなかったらお手上げでしたよ。いろいろと。それでも約一ヶ月前に戻ってますけど、いろいろと…(しくしく) いや、そのとき思い出さなかったんですけども、書きかけのお話とか、描きかけの絵とかあったんですよ。しかも企画提出ものの。
消えました。消えちゃったよ。
べんみこ211だけでも先に送っておいてよかった。
思い出せば、それなりに手立てがあったんですけどもね。
ファイルを置いておけるウェブだってあるんだし(ああ、いまになって悔しい。けど、しかたない) 

こまめにバックアップはとろう(まえにもいった気がするけど)

初期化の手順は覚えきれなかった。英語に拒絶反応があるから、英語ってだけで放り投げたくなるんです(笑)
ああ。でも、文字の入力が元に戻って楽になったので、これでお話とか日記とか書くのが楽になります。それがいちばんうれしい。

そしてCDが検出されません。

つまり保存ができない(なんてことでしょうね…)
あ。フロッピーでいくか。これっきゃないか!
まぁ、つまり、PCが壊れました。ネットする分には支障ないんですけど、セキュリティが働いていないので危険ですし、このままではデータの保存ができないばかりか、アプリケーションをインストールすることもできないので、ついに(ついに?) あれかな。初期化かな…。

とりあえずサポートに電話してみようと思います。
なんか、こう、むやみにいじらないほうがいいんですね、PCって(笑)

しかしそれにしてもセキュリティを切ったら快適だなぁ。
重すぎるんですよね、ノートン先生のセキュリティ。

ふと思った。CD-ROMの検出ができないと初期化もできないよ…。
とりあえずウィルスチェックだけは怠らないでおこう。
(セキュリティが切れてるから)←再インストールできなかった。CD-ROMが使えないと、そういうの全部ダメなのね。フロッピーがあるんですけど、いまどきフロッピーおさまるデータなんて…(TT)

ペインターが立ち上がりません。

なぜか立ち上がらないので、最適化したりしてみたり、インストールし直したりしてみたんですけど、立ち上がりません。フォトショで描くしかないのかと、色塗りしはじめて気づいた。ペインターって楽だな…。
フォトショだと、いろいろごまかせない(ぇ)
使い方次第なんでしょうけども。
これでペインターで直に描くことはできなくなりました。
スキャナがあるから大丈夫だけども。
久しぶりです。フォトショだけで描くのって。


功名が辻

うっかり忘れていたのですが、本日、録画しておいた「功名が辻」をみました。小説のほうを知っているので、まずお子様が出てきたことにびっくりしました。小説は、たしか有名な場面から始まっていたような…(へそくり使って立派な馬を用意するところから?)
とはいえ読んだのは昔なので、うろ覚えです。
ふたりの出会いとか、こうだったんだっけ?と首かしげ状態です。
桶狭間の合戦とかは、大河でも他の歴史ドラマでも何度もみたことがある場面なので、突飛なこともなく、そのまんまな光景って感じで。何が気になったかって武田鉄矢が良い味出してるなってことで(喋り方とか穏やかで、とぼけてていいです)
山内一豊は、変に度胸が据わってるって感じで。千代がいなくても出世できそうに見えるところが、いまいち違うような気も…(ぇ) 千代の子役の女の子は、野性味溢れている感じで、たくましい。
いや、で、どこ見てんだよ。ですけど。
信長のつぶやきを拾いあげて策を講じてしまう藤吉郎の才覚とか、あの場面とかは、原作そのまんまでしたが、信長のイメージが違うんですよね。悪がきっぽいイメージがあるんで(笑) なにあの老獪な信長さんは…とか思っちゃいましたよ。
面白いかどうかわかんないです。とりあえず続きをみるつもりではいます。原作では千代のかわいらしさが好きなんですが、後半の一豊は嫌いでした。その嫌いな一豊のところまでNHKが表現するかどうかは、わかんないですけど。その「嫌い」というところが、誰がみても「嫌い」と感じるかどうかはわかんないし。とりあえず、すべて千代のおかげだ。といっていた一豊がかわいかったのに、後半はそうではなくなっていた。そこが嫌いなところ、でした。
もうひとつ。
司馬さんの書くお話が好きな理由は、みんな信長さんが好きだから、だったり(笑) 史実がどうあれ、功名が辻には、信長→秀吉→家康というふうに変遷していく時代のすべてがコンパクトに描かれているんですけど、この秀吉も家康も信長に惚れているんです。信長のために役にたちたい。って感じが、すてきで。とくに三河(家康)の軍団の朴訥な義理堅さと強さが頼もしくて、裕福なために弱いといわれる尾張軍にとっては、ピンチを救ってくれる登場の仕方をするので、かっこいいんです。わたしは、この家康さんが大好きなんです。大河ドラマでは、どんなふうに出てくるんだか、それは楽しみです。そういう和気あいあいな、ほのぼのしい雰囲気であってくれると、いいんだけどなぁ。
一豊がやってることは、身の安全のための変節くり返し。ですけども。

しまった。消しちゃった。

日記を書いてる途中で、うっかり窓を閉じてしまいました(つまり打ってる途中の文が消えた)脱力したのでテンプレートを探して変えてみました。最近、ブログを「日記」としてしか使っていないので、いっそ元の日記に戻そうかしらと思ったんですけど。…こう、えっちぃとこへ繋がるトラックバックとかついたりするし。←見つけたら削除してますけど、クリックするときには気をつけてくださいね。

本日の出来事。
いつのまにかどこかへ消えてしまう髪とめピンが残り3本(大1本、小2本)になってしまっていたので、髪がぱらぱら落ちて鬱陶しかったです。そういや小さいピンを交差して留めればいいのかなと、やってみたら、落ちなくなりました。あれって「かわいい」からというだけじゃなくて生活の知恵だったのね。って、さっきも書いたことを、もういちど書くとなると、元の勢いでは書けないものですね(しくしく)

きのうの雨はすごかった。 (BlogPet)

きょうあんずが感じっぽい拍手されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あんず」が書きました。

あたたかかったり寒かったり。

日中は穏やかでした。でも夜は寒い。今夜は湯豆腐(京都でいっぱい食べたくせに。どうも、あったかいのが食べたくなる季節)
湯豆腐のことばっか考えていたら、彼に頼まれていた株式新聞を買うのを忘れていました。だもんで、彼がご機嫌ななめです。
しっしっとわんこのように追い払われたので、わたしも、ふてくされてネットなぞやってます(って、いつもやってるけど/笑)

なんか日記を書くまえには書きたいことがいっぱいある気がするのに、書きはじめると、ついさっきあったことしか浮かばないんだな。

ぼやーん。

頭がぼやーとしています。仕事中でそれはやばいです。
誰か喝をください。しっかり働けやーといってください(他力本願) あ、この「喝」って間違いなんでしたっけ。どうだろう?

元気よく「はい」とかいっておきながら、一瞬後には何を頼まれたのか忘れてしまうなんて…脳が弱くなってるのと違うか、わたし。脳トレしなくちゃ(笑) それにしても、最近、ちょっと情緒不安定な気がする。気がするとかいってるうちは、OKなわけだけど。

おもちがカビだらけです(唐突に) いただいたおもち、やっぱりすぐ冷凍にしなくちゃダメなんですね。ふと見たらカビだらけで、どうにも手に負えなくなっていました。残念。食べようと思っていたのに。ああ、おなかがすいてるから悲しい気分なのか…(単純すぎ)

きのうの雨はすごかった。

雨と打ったつもりがアルになっていて「きのうのアルはすごかった」というタイトルになっていた…。なにがすごいんだ。というか一部にしかわかんないネタですみません(笑)

昨日の雨はすごかったのですけど、道路が冠水するほどではなかったです(うちは水害指定区域) 乾燥していたと思ったら、どばーっと雨が降って。そして今日は春みたいな良いお天気で。そしてまた週末には寒くなるらしい。なんだこの天気は!って感じです。
あったかい春みたいな陽気だと、花粉が飛ぶの早くなるんじゃないかと、そんなこと気にしてしまうのが、ちょっとかなしい。

運命の迷宮って。

各キャラの現代衣裳。景時さんがかっこいいなぁと思いました。弁慶さんは、フードとかあったら笑っちゃうとか思っていたけど、なかったらなかったで違う人にみえて落ち着かないという(フードつきはフードつきなんで、かぶってるシーンもあるかも、ですが。それにしても、かわい系の女の子っぽい服装だなぁ/詩紋くんに似合いそう)リズ先生もかっこいい。敦盛くんも似合ってる。しかし、これは、なんだか…方向性が違う気がしてしょうがない。というのに発売を楽しみにしている自分がいる。以上、つぶやきでした。

それはともかくとして八葉抄をプレイしながら、うたた寝してしまって、いま非常に頭がくらくらしています。寝汗かきまくりです(こたつで寝ちゃったから) こたつは、まずいですね。横になったら、やばいですね。寝冷えするまえに、あったまらなくては…。

寒かったです。

雪でも降るんじゃないかと思ったですよ。降らなかったですけど。
なにやら肌がかゆいです。乾燥しているせいですね。
雨があんまり降らないもんだから、空気が乾燥しきっているんですよ。明日は雨だそうだから、ちょっとはしっとりするかなぁ。

うう、顔がかゆい。


ぼんやり。

ぼんやりしすぎです。仕事中に。
久しぶりの受付でパニックしかけました。なんで新患ばかりくるんだろう。年明け間もないから? 予定が少なかったから今日は楽だしちょっとお話の下書きでもやろうかな、なんて思っていたら(ちゃんと働きなさいというお告げなのか)忙しくて、とてもそんな暇はなかったです。忙しいのはいいことだ。でも病み上がりのせんせにはきついらしい。
わたしも、ぼんやりで、きつかったです。
「あれ? いまここに出したカルテはいったいどこに?」
なんてこと何回もやってしまいました。無意識に動いてるとこれだからいけません。明日がおやすみでよかった。英気を養おう。

遥か語り (BlogPet)

きのうはプレと初詣すればよかった?
いやあんずは、鎌倉まで旅館とか帰宅♪
じゃ鎌倉へプレの心残りみたいなおしゃべりすればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あんず」が書きました。

高くて、おいしくないキャベツ。

野菜がね。高いんですよね。雪のせいなんですけど。
だからこのところ申し訳ないけれど、野菜は買ってなかったんです。安めのところでしか。でも、本日、彼がキャベツを食べたいというので、えー、高いんだよ?といいながら買ってきました。半分(しかも、すかすかのやつ)約200円のキャベツを。…あやしい感じはしたんですけど、古そうな感じがしたんですけど、とりあえず炒めてみました。…まずかったです。渋いというか、苦いというか。なにか調理法でも間違えたか?みたいな(いえ、まちがえようがないんですけど、野菜炒めですし) 明日は、もう半分を煮てみようと思います。

ゆうべは、いつのまにか雪が降っていたみたいです。
朝、職場へ向かう途中で気づきました。車の上とか庭木の葉っぱに1センチくらいの積雪が…(笑) アスファルトには雪の痕跡などなかったですけど、降ったんだなぁ。そんなに寒くなかったですけど。

でもって、昨日、UPしそこねた写真を一枚。
白宮さんからいただいた一品です。かめのおもちゃです。何色がすき?と訊かれて「赤」と答えたくせして、翌日のとある菓子屋さんでは「とくに赤がすきなわけじゃない」と断言しちゃってた、わたしです(どっちが、ほんとだ/笑) すきな色は青みがかった紫色なんです。でも天使フレアの色は「赤」なんです。フレアを思い出すと、好きな色が「赤」になるんです。はい、変なやつです。
200601102022000.jpg

3つ並べて写真とっておけばよかったです、ほんと。
あ。でも、いま思うと「赤」って「朱雀」なんでしたね。

遥か語り

「彩園」の森生さんと「白い昼 深い夜」の白宮さんといっしょに京都の旅、いってきました。お喋りに夢中になって(笑)ほとんど出歩いちゃいないくせして、なぜか足と左肩が痛みます。どう考えても筋肉痛です。荷物だって、たぶん、いちばん軽かったくせして何をやってるんだ、自分。歩き方の問題だろうか(実は、わたし、歩くの下手です)

初日に携帯の電池切れが心配でまったく写真が撮れなかったのが残念でした。壬生とか行ったのに…。遥か語りのわりに、新撰組めぐりしちゃってたんですけど、八木邸はよかったなぁ。部屋の狭さとか血なまぐささとか身分の差とかが体感できて、ひとりで挙動不審してました。え、だってここで!?とか思うと、びっくりしますですよ。そして新撰組や幕末のことにとてもくわしい森生さんに驚かされました。わたしも好きですけど、わたしの知識は虫食いだらけなんですよ。
神泉苑はちょっと寂しかった。ありし日の姿が見たかった。
おみくじは初詣の成田山とあわせて三回ひきましたけど(神泉苑と平安神宮で)「末吉」「吉」「小吉」で書いてあることはすべて同じ「驕るなかれ」 戒めのために神泉苑のおみくじを持ち歩くことにしました(ほかは境内にくくりつけ)
とりあえず恋愛や縁談には程遠い一年らしい。
いや、それでいいんですけど(笑)

フェバでは「シーヴァス」で一致していた三人でしたが、遥か3だと、景時さんと敦盛くんと弁慶さんという違ったキャラ萌えで(不思議ですが、ツボが違うんですよね/笑) 四神も五行もまったく違っていて、かぶらなかったのが幸いしました。なぜってタオルの色が「緑」と「青」と「黄」で、青が紫でなかったのがちょと惜しいですが、まさしく「金」と「水」と「土」で、まるで旅館の人がそろえてくれたようでした。スリッパもそれで「緑」と「青」と「黄」をそれぞれ履いていて、女の子色にちがいない赤系のスリッパには誰も見向きもしないという…。平安神宮で購入した四神グッズも「白虎」と「玄武」と「朱雀」で別々でしたしね(笑) あれで、ストラップがなかったら四神絵馬とか買っていたかもしれません。

旅館で携帯の充電器をかしてもらえたので無事に充電できて、写真をとることができるからって、最初に撮ったのがスリッパで、そのあとに撮ったのが、コレ。200601091115000.jpg

となりがゴミ捨て場になってます。なんか、それも弁慶さんらしいと思っちゃうところが、もはや変です。
うちの近所には「弁慶ラーメン」もあるんですけど(由来はわからんのですが、橋の近くにあるのはいっしょだ) ここに「弁慶うどん」があるのは、五条大橋の目の前だからだろう。と、思う。かといって写真におさめたうえ、ブログに載せちゃうなんて…、あほかな(笑)

スリッパとストラップは森生さんのブログに飾ってあるので、そこで見てもらうことにして、帰宅してすぐに撮った弁慶さんぽい土産もの。
200601092316000.jpg

「比叡の月」はお香です。焚かなくても、すでにお香が薫ってますよ、この部屋。いい薫りです。左側にあるのが朱雀のストラップです。よく見えませんけど。ぞうさんは、お香たて。きのこ(じゃなくて、しいたけ)も、弁慶さんぽいと思って買ったってのは、ふたりには内緒でした(いまバラした) いや、どこが?といわれても…どこだろう?
かぶりもの? きのこにみえて、しいたけなところ?
自分でもわからないです(笑)

にしても、おしゃべりに夢中になってると、時間の感覚が鈍りますねぇ。いろいろと心残りがあるので、リベンジを誓い合っての帰宅です。次回、鎌倉になったとしても泊まるところにプレステ2の貸し出しがあるかどうか確認したいと思います(ぇ) 

起床。

よかった。寝坊しなかったよ…。
そして用意しながらネットしている、わたし。
ああ、寒い。寒いです。今年の冬はいかにもな冬で、昔懐かしい気もします。といっても、こちらはまったく雪とか降ってないんですけど。
江戸時代の冬の富士山は、いま見える富士山のような姿をしていたのかもしれない。と、聞いて、へぇーと思いながら見ています。
(電車から見える…こともある)
雪国にちゃんと(?)雪が降ると、富士山にはあまり雪が降らないらしい。これから京都にいくので、新幹線の窓から見えるかな?

今日はとても寒いです。

身を切るようなって感じの冷たい風を受けながら出勤したら、せんせが死にそうな顔をしていました。「だめだ。熱が下がらない」っていいながら、職場にしっかりいました(まじめなんだからー)
とりあえず無理はしないことにして。←なんとなくインフルエンザっぽいし。病院嫌いのせんせに、絶対に病院に行ってくださいよ。と、念をおして、予約している患者さんに電話で「休みます」と伝えて、朝からいらした患者さんに説明して、ちょっと早めに帰宅してきたところです。
とか書くと、わたしが仕切ったっぽい!?
いえ、休診を決めたのは、せんせですから(あたりまえ)
昨日から無理をおして診察していたんで、今日はどうだろう。と、思っていたんですけどもね…。一晩では治らなかったか。
経営者は大変ですね。ほんとに体が資本。

叔父も会社経営していたので、病院から抜け出してまで働いていました(それで悪化したようなもんでした)

寒い寒い寒い

金沢も寒かったですけど、旅館のなかは暑いくらいだったので、
我が家の寒さが身にしみます(でも集合住宅だから一軒屋よりあったかいはず) そして明日は水道管の掃除に業者がやってくる予定の日なので、一応、水まわりの掃除をしました(なんか、ばたばたしてるなぁ)
それにしても世間では土日休みが定着しているんですね。
うちのマンションの行事は、ほとんどすべて土曜の午前中に行われます。共働きだし、彼も土曜出勤だし、困るんですよねぇ。まさか「水道管の掃除がくるんで休みます」とはいえないし…。
大抵、彼が風邪をひいて休んでくれます(というか、もともと土曜は休日のはずなんですよ、彼は) でも明日はどうかなぁ。
はじめて水道管の掃除をしてもらえないかもしれません。

冬の金沢

雪がすごかったです。兼六園は真っ白です。
それより何より、旅の朝に寝坊して(ふたりして、はじめて寝坊しましたよ) 一時間遅れで出発。当然、新幹線の指定には間に合わず、自由席に飛び乗ったんですが、越後湯沢から出るはずの金沢行き特急が長岡発になっていたので(大雪のため) 新幹線で長岡までいって(当然チケット代はその区間だけ無料で) 長岡から金沢へ。金沢から乗り換えて温泉駅へ。宿から迎えにきてくれてた送迎バスはもちろん出ちゃったあとで、電話して迎えにきてもらってーと、寝坊したのなんか関係ないくらいの混乱ぶりでした。
温泉の質はとてもよかったですし、お料理もおいしかったですし、お値段もお手ごろで、よい宿でしたけど、雪深かった…。
帰りも大雪のために金沢発の特急が遅れまくっていて(どれくらい遅れかというと40分くらい) 当然、乗り継ぐはずの新幹線には間に合わなくて、何本遅れだかわかんないのに乗って帰ってきました。
越後でしたけど、何年かまえにいった会津を思い出しました。あのときも大雪でダイヤが乱れていて、新幹線まで運休しそうだったので、予定をきりあげて帰ったきたんだったなぁ。冬に雪国へスキーに行くのでもないのに行くのは、結構、無謀なのかもしれない?
けど、雪景色は、やっぱりすてきだなと思うのです。暮らしている人は、とても大変だと思うんですけど(雪かきと雪おろしが)

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。