FC2ブログ

幕末。

また唐突に幕末ものが読みたくなっています(なんでだろ)
なんか面白い小説はないものでしょうか。
そういえば、ずっと以前、うちの母が「そういうもの」とは知らずに、ふつうの小説だと思って購入してきた本が、いわゆる「土方×沖田」本だったことがありまして、あれには…笑った…。
うちの母は、さすがわたしの母だけあって、そのてのものには抵抗がないんですが(笑) この小説には抵抗があったようで「ねぇ、これ見て」と、わたしに渡してくれたんでした。中見てびっくりでした。この小説がふつうの出版社(ってもなんですが)から出てるとは…世も末…(違) タイトル…なんだったかなぁ…たぶん有名だと思うんですけど。検索したけど見つかりません。とりあえず、読みました(読んだんか) いや、べつに嫌いじゃないし、でも、あまり好きな表現ではなかったです。やっぱり精神的な繋がりが強いほうが好みなんで。
って、そういうのが読みたいわけじゃなくって…!
きちったした、面白い時代小説が読みたいなぁと思ったのですよ。
あ、そうか。義経の本でも読むかな…(幕末じゃないじゃん)

なんか夢を見た

内容は忘れました。ただ怒っていたことだけは憶えています。
夢のなかで何を怒っているんだか。どうせなら笑ってる夢を見たい。
どうも気力が減退気味です。
だれかー、元気をくださいー(こら)

ハロウィン~。

ハロウィンですね。なんか、それらしい絵でも描くべきだったろうか(そういうの苦手/毎年クリスマスで力尽きる) クリスマスは天使ですから、お正月は遥かでしょうか(無理) 来年って何年でしたっけ。というか、今年、何年でしたっけ。去年がおサルさん? ということは、来年は戌年? 今年は、酉年? 今年は喪中だったから新年の挨拶してないんですよね。だからよく憶えていません。
祖母とは数年逢っていなくて、でも田舎に帰ればちんまり座って「よくきたねー」といってくれていたもんだから、いまでも帰ればいるような気がしてならないです。人遣いの荒いおばあちゃんでしたが、おばあちゃんが唐突にくれた大きなうさぎのぬいぐるみは、目に見えるところに、いまでも、ちんまり置いてあります。
思うに、わたしって、結構、不義理してしまうことが多くて、おいでよというお誘いにも乗らなかったり、行きます~とかいっといて遊びに行かなかったり、ひどいもんなんですが、甘やかされてんだなぁと最近とみに思います。彼の実家にもずいぶんと顔を出していません。そんな甘ったれでいていいわけがない。でも、ついつい「好きなこと」を優先してしまう、相変わらず、がきんちょなわたしなのでした。

椎名軽穂 CRAZY FOR YOU 最終巻

六巻が出ていたので読みました。
これは、もういちどはじめから読み返して読むのがいいと思います。だって六巻は急展開でラストに向かって突っ走っちゃってるから、あってまにラストシーンがきちゃって、感動が薄れてしまうから。もったいないというか、余韻が欲しいというか…。
ユキちゃんの「…やっちった…」ってところとかよかったですけど。いや、もう、なんていうんでしょう。ものすごく惹かれちゃってて、抑えきれない感情がぽろっとあるんだろう?ってのがまるわかりなのに、なんでそこでそうなるんだろうって不思議でしょうがないんですが、やっぱりユキちゃんは、情けないけど、かっこいいキャラだと思います。最終巻を読んでから全巻そろえて買うかどうしようか考えようと思っていたんですが、まだ考え中です(こら)
わたしはユキちゃんが好きですよ。
ただ、なんとなく、ラストは、もうちょっと…うーん…。
定番すぎたかなーって。追いかけるところで終わりでもよかったな~って。わたしは妄想するのが好きなもんで、たんなる好みですけどね(笑
この先に、はっぴーが待っている…という感じのラストのほうが萌えます(だから、たんなる好みのお話)

花粉症。

鼻がむずむずして目が痒いです。
花粉症かなーとは思っていたんですが、しっかり花粉症です。
目にくるのは勘弁してほしいなぁ。
寝てる間にこすっちゃうらしくて朝起きたとき目が痛い。
ついでに眠い。
最近、ほんとに、やたら眠いです。
早く寝るかな…。

ハムスターのこたつ。

そんなわけで、こたつです。
こたつ

掛け布団が、おかあさまの手作り。クリスマスバージョンだというので早めに使ってみたんですけど、すでに「もも」がむしゃむしゃかじってボロになりつつあります(もったいない…)
めくると、こんなふう。
TGCsh0151.jpg

ほんとは、こたつの中に入ってほしいんだけど、ふとんの下でまるくなっているんです。これ、頭を出したところ。寝てるとこ、めくったもんだから、目が半開き。ピンぼけ。
で、すっかり起きちゃって、ふとんから出てきたところです~。
TGGsh0155.jpg

こんなふう。ぱしゃぱしゃ写真とりまくっちゃいました(笑)

今日は、やっぱりマンガ三昧。ゲームもしたけど。
しっかり引きこもり!?
仕事しててよかった…(しみじみ)

考えてみたら…

メンテ中は寝てたり仕事いってたりしてたんだから、メンテ中に更新作業しようだなんて無理な話なんだったな…(遠い目)
そんなわけで、もうすぐ日付が変わりそうな時間帯です。

何か書きたいことがあったんですが、頭から抜け落ちました。

とりあえず、ハムスターの「もも」は、ハム用のこたつをつくってあげたので、そのなかでぬくぬくしています。こたつの掛け布団はうちの母に頼んでつくってもらいました(去年のはボロボロで使いものにならんのです)←自分じゃつくれない。だって特殊なカタチをしてるから。無去年のふとんより、ゆとりがあって裾がひらひらしているので、その裾のところにくるまって眠っています(気持ちよさそーだ)

明日は雨なので、人間のこたつをつくるのは難しいかなぁ。

次のステージへ(BlogPet)

あんずがエントリにblogするはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あんず」が_を読んで書きました。

歯の治療をしてもらいました。

職場でしてもらったんですけども。
痛かった…。神経にかなり近いんですよね。神経とるかどうしようかの瀬戸際なんです。詰めたところがことごとく二次カリエスってのは、どうしたもんだろうか(といっても治療したのは職場ではなくて、学生の頃のやつばかり) 寿命だろうか。これだけもてばよかったほうなのだろうか。とりあえず痛みが出ないことを祈ろう。祈ってください(こら) 眠れますように。

ああ、そういえば、ゆうべは眠いってのにどうしても書きたくなって二次創作を書いたもんだから、寝不足で…(自業自得) 今日の午前中のわたしは使いもんになってませんでした。手指消毒の薬液をまちがえたときはどうしようかと…←器具用の消毒液をつくってしまったのですよ。ぬるぬるーんとしていて手に悪そうでした。すぐ、つくりなおしました。ちなみに、うちの手指消毒の薬液は逆性石鹸液です。ヒビテンは手の荒れ方が半端でないからやめたんです。そういえば…手を洗わずにヒビテンに手をつけるだけ~って感じで置かれているペットショップなどの衛生事情を見ると、これじゃあ意味ないんでないかなぁと思わずにはいられません。あれなら水道で石鹸つけて手をよく洗ったほうがマシだと思うんだけどな…。

頭、くらっときました。

金八先生の第7シリーズ。いっきにみました。えーと、朝から。
うーん。みてるとですね。ちょっと胸のなかにわだかまる気持ちも残るんですけど(相変わらず説教くさいドラマだなーとか) それでも感動しちゃうんだなぁ。こういう話には弱いからなぁ。なにせ、きっちり成長してるってのが涙をそそるといいましょうか。他の教師ものと違って、教師と生徒が対等な関係ではないところが、わたしは好きです。で、結構、シビアだし。

でも金八先生のシリーズをレンタルするのはもうやめておきます。体力がもたない。あの切れ間のない編集のしかたはやばいですよ。つづけてみちゃいますもん。ああ、頭くらくらする…。

寝る前に金八先生をみるつもりが、花より男子

レンタルしちゃったからには一日一本の勢いでみなければならないというのにTBSドラマ「花より男子」をみてしまいました。その後で続けてみようかと思ったんですけどね…。金八先生って長いんですよ。構成がうまくて続けてみちゃうことになるし(そうすると一本、約二時間半近くある)
ゆうべはそれで寝たの午前三時半…。さすがに今日はもう寝ます。
花より男子は、マンガ本で読んだときも思ったけど、映像になっていると尚更、つくしの心境と同じ気持ちになれます。…ありえねぇ。
台湾ドラマの「流星花園」は結局うちの近所のレンタル屋には置いてなかったもんでレンタルできなかったんですが、とりあえずこのドラマみてみようかなと思いました。つくしが可愛くていい。

「流星花園」ですが、近くのレンタル屋に突然ありました(何) コーナーができていました。ドラマ効果? そのうちレンタルするかな。
(「流星学園」って間違えて憶えていたのは、ごめんなさい)

金八先生

今日は朝から金八先生をみてました。第7シリーズ。
つい続きが気になっちゃったのと、妙に体がだるかったもんで、頭痛してんなーと思いながらソファで寝転がってみていたんですけど(ああ、なんて、ぐーたらな) お休みの日って、そんなふうなんですけど。
でも全10話。いっきにみるとは…われながら…
10話じゃ中途半端ですね。いや、解決してない問題ありすぎちゃってて、いいんかなぁと。あ、途中で脚本家が変わったのか。うーん、重いテーマだな。児童虐待にドラッグですしね。
それとは別に女の子が可愛い子ばっかりでびっくりしましたけども。あと、たかしくんがかっこよかったですよ。
って、全10話じゃないじゃん! 続きがあるじゃん! どうりで中途半端な筈だよ…。うちの近所のレンタル屋は何気に全巻そろえてなかったりするんですよ(しくしく) こうなったら続きがみたいなぁ。ううーん。ってことで、いまレンタル屋にいって訊いてみたら、あと5巻もあった。レンタルしてしまった…! 一週間でみなくちゃ(あほかも)

地震がありました。

いまさっきですけど。なんか気持ち悪いくらい揺れました。旋回するように。なんかいろんな方向から揺れたんだか、照明の下についてる紐が円を描いていました。こんな揺れ方もあるのか…
こんなふうに揺れることもあるのか~。
彼から電話が来て(まだ会社)「大丈夫か」というので、
「なにも落ちてないよ」と報告しました。
「じゃ大丈夫だな」(って、やっぱり液晶テレビが心配で電話してきやがったなと思った瞬間でした/笑)
いや、しかし、変に揺れたから、ちょっと酔いました…。
胃が気持ち悪い。
震源は海のほうで水戸が一番揺れたみたい?
茨城方面の方、大丈夫でしょうか。

ショパンの命日

といっても今日ではありません。
昨日です。昨日はショパンの命日でした。10月17日。
ラジオでいってたからわかったんですけどね(ファンのくせに)
1810年3月1日生まれってのは覚えているんですけど。…って、間違えてたりしてね。いや、ほんとの誕生日は2月なんですけど、届けを出したのが3月だという説があって、その理由についてもいろんな憶測があるんですよ(妙なことだけは仕入れてある)
ああ、よかった。1810年3月1日であってます(調べた)
……なんかすごい記事がありました。
ショパンの遺髪が現存されていて、この遺髪からクローンがつくれるらしいですよ(!) どんな姿だったか見てみたーい。でもクローンは長生きできないって聞いたような(それ以前に倫理的な問題があるだろう) いや、でもショパンの演奏が聴きたい。…クローンとはいえ、そういう技術は同じ環境で育まれなくちゃ身につかないでしょうけどね…。身につきませんよねぇ…。というか、そうでなくちゃいやだなぁ。

下の歯にも虫歯があった。

昨日のことなんですが、いま左上奥の歯の治療を(職場の院長に)診てもらっているんですけど。←根治中 どうも噛みあわせると痛くて。なんだか下の歯がしみるようで。もしかして下にも虫歯があるんじゃ?と思いまして、レントゲン撮ってもらったら(うちは、せんせが撮りますですよ) 見事に7番の近心に二次カリエス(虫歯)が~。
このインレー(銀歯)入れたの20年以上も前だし、もったほうだとは思うんですが、隣接面のカリエスってのは、歯科衛生士としてどうよ?(爆) ちゃんと歯を磨かなくちゃね(磨いてないんか)
虫歯は深くて、削るとき、めちゃくちゃ痛かったです。でも、うちのせんせは(むだな)麻酔しないんです。麻酔しても麻酔がきかない症例だからと、強引に、きーんっと(笑) けどですね。やっぱり上手なんですよね。治療後の痛み、ないですもん。
麻酔してたら、麻酔したあとが痛むです(わたしはいつも痛む) 口内炎になることもある。←血行を妨げる副作用で どうやら、この虫歯は神経までいってなかったようだ(よかった) 夜、痛んだら、抜髄(神経をとること)しかないもんなぁ。
これで左側でも噛めるように…。いや、まだもう一本あるんだったけ。
こんなに虫歯つくっちゃだめですよね~。さて、歯を磨こう。

動悸と恋のときめきは似ている?

どっちも「どきどき」するんですよねぇ。
今日は仕事中から体がだるくて、なんだ?熱でもあるんだろうか?って感じだったんですが、帰宅してから体温計をあててみたら…35度8分で(平熱は36度4分なので)むしろ低いじゃん! 気のせいか。低くても、こんな体がだるくなるもんなのかと思いながらネットしていたんですけど(笑) 動悸がずっとしてるんですよ。なんか、こう、ざわざわしている感じで。わたしったら、ひょっとして、このサイトのこの人(なんかそこにあった写真)に恋でもしちゃったのかしら。とか、思えるほどに…(笑) それでタイトルが、これ。

はぁ。ぼーっとしている。
夕飯つくってたんですが、段取りまちがえるし(ごはん炊きながら調理するのが基本ですよね? ふと見たらお米研いでなかった…) やっぱり熱があがりそーな感じだよ!と思って、先ほど、もういちど体温計をあててみました(わたしは体温計が好き/笑) 37度3分でした。35度8分から急にあがったから動悸がしたのだろうか。悪寒はしてないんだけど。なんにせよ、なんか変なんだから、今日はおとなしくしています。

ヘアダイは肌に悪い。

あたりまえか。地肌に悪いんですよね。だからヘアダイするときには地肌を保護してもらってんですけど。薄々気づいてはいたんですが、顔が赤くなるのって、美容院に行ったあとなんですよねぇ…。
とはいえ前回ほどひどくはない。前回は肌の調子が悪かったうえにヘアダイやったのが致命的だったということで、今回は全然楽。なんですが、赤いです。髪が触れたところが、ふくれてくる感じです。ヘアダイは毒ですもんね。だから今回は、せめて「ヘナ」にしようかと思ったんですが、あれは、いわば「白髪染め」だといわれまして、色がつかないってんですよ、きれいには。白髪がいっぱいあればいいんですけどね…って。だもんで、いつものヘアダイやったんです。
紫色の染料つかってもらいました。秋色になりました。
しかし顔まで赤くなっちゃいかんです。早く寝て、せめて免疫機能の正常化を…(難しい言葉を使ってみようとして断念した)


さて、今年も実習生の季節がやってきました。
挨拶にきた実習生は、わたしの後輩でもあります。←同じ学校
しかし、ほんとに、うちの学校ってカラーが同じです。同じような雰囲気をしています。まじめそーな、おとなしそーな(笑)
ああ、後輩だなって、いつも思う。

ブログペットって、かわいい。

いや、あんずにカーソル合わせてクリックすると喋るんですね(知らなかった) アップになったときの顔が、ちょっと怖いけど、それがかわいい。いう言葉が「戦争」と「少女」に「ひとり~!」ってのは、わたしが、そういう文を書いてるからなのか…。

下の、あんずが書いたエントリも、何がなんだか笑えるし。

ブログペットが、こんなおもろいものだとは知りませんでした(笑)

食パンがカビない

パン屋さんで購入したパンは三日でカビるんですが(うち湿気がすごいもんで) コンビニで購入したパンはいつまで経ってもカビません。防腐剤の威力ですよね、やはり…。

そんなわけで今日は美容院に行ってきました(話がつながってませんが/笑) 好みの美容師さんでした。といっても、わたしの好みは自分でもよくわかんないくらい色々なので、どこが好みかというと、丁寧に仕事をするところ、だったりしています(いや、顔も好みだったけどね) 最初はシャツのボタン外してメガネかけていたのに、時間が経過するごとに、メガネを頭の上にのっけてたかと思うと外してたり、シャツのボタンを全部とめてたり~と、バリエーション豊かに変身した美容師さんの勝ち(何がだ) ほとんど無言で仕事してたのに、眠りかけたわたしを見て笑ったのが可愛かった(そこか) とりあえず久々に楽しい美容院でのひとときでありました~。

久しぶりに少女コミックスを読んでいます。 (BlogPet)

あんずが、思ったより読むペースが植民地にされています
でも同じように海外にいっても、そんな真実にはめざめない人が大半だと書いています
やっぱ、広い政策とかかわいい
単純などを運動し
いま現在が過去の弁明
韓国で叩かてれるわけです
この著者さんは韓国にいたとしても、わたしは授業で大半と、同時に、日本国内で叩かてれるわけですけど(笑)←
つい(笑)
を見たときに胸になってしまった

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あんず」が書きました。

生きているもの

学生の頃の友人に久しぶりに逢ったとき「ハムスターを飼ってる」話をしたら、ものすごく驚かれてしまった。
彼女いわく「え、うそ。なんか違う。イメージが違う。きいちゃんが生き物を飼うなんて信じられない。変わったねー」
…わたしは、いったいどんなイメージだったのだろうか(笑)
でも生き物を飼うなんてことは確かに考えてなかったのですよ。どうも、わたしは黒い手を持っていて植物さえ枯らしてしまうというのもあるし、面倒くさいのもある。あ、そーか。彼女は、めちゃくちゃ面倒くさがりのわたしを知っているんだった。雨が降っては学校をさぼっていたわたしを…(だめ人間/汗)
他人と一緒に暮らしてるんだから、少しは変わるよなぁと思った、ひとときでした。

日々、平和にすぎゆく。

ああ。くさるほど平和だ…(何)
この国に生まれてよかったと思ったことは一度ならずあるんですが、この時代じゃなくて、戦争とかあるような、そんな時代に男として生まれたかったと思っていた頃もありました。思春期のころに。生きているという実感が持てなくて、そういう非日常的な中にぶちこまれれば、いやでも実感するだろうなと思っていたからなんですけど、
いま思うと、それだけ平和だったんですよねぇ…。
そういうこと思うのが、思春期なんでしょうかねぇ。でも友人に聞くと、いや、その考えはさっぱりわかんない。と、いわれてましたけど。というか「いっぺん広島に行ってきな」といわれたこともあったなぁ…(懐かしく思い出し中) 平凡な中にしあわせがあることに気づかないのは不幸ですよね。ひとりで満たされなくて、死ぬのが怖いから死ねないだけだなんて思っていたもんな。いったい、あのころの、わたしは何をそんなに焦っていたんだろう。
とか回想しちゃうと、年を感じちゃうから、やめておこう(笑)
けど、当時の想いを思い出すのは、決していやなことじゃないです。


さて本日はこれからお出かけだ~。

久しぶりに少女コミックスを読んでいます。

最近、少年コミックスを読んでいたんですが、思ったより読むペースが遅くて返却日に間に合わないかもしれないなんてことがあったもんだから、また少女コミックスに戻っています。やっぱ、かわいいや。かわいいお話のほうが好きなんだな、結局。


そして一方で読み終えたのが「親日派のための弁明」
韓国では発禁本になっている韓国人が書いた、なんだろう、エッセイ?(え、違う?) 韓国の立場で書かれているので、書いてある内容は、ときに胸にちくんときます。何故というに、日本のこと過大評価しすぎというか、読んでいると「ごめんなさい」な気分になるのと、同時に、日本は革命運動に何度も力を貸し、場合によっては実力行使もするような、ばりばり軍事国家だったのだなと再認識したり。すべてに頷けるわけじゃないけど、そうだったのかと頷けてしまう内容で、なによりこの本が「発禁」になっているというところが、韓国の言論が自由でない証拠だよなと思いました。日本の統治が植民地政策だったというなら、欧米諸国の植民地にされていた国々はこぞって日本の植民地になりたいと申し出たにちがいない。という文章とか、パキっとしていて、わかりやすかったです。
この著者さんは韓国にいたときは反日思想ばりばりだったけど、海外にいって、外側から自分の国と日本を見たときに、真実が見えたのだと書いています。でも同じように海外にいっても、そんな真実にはめざめない人が大半だとも書いています。ここでも出てくる教科書問題。
戦後まもない政治家のほうが、いまよりずっと韓国に対して強気な発言しているんだな…。けど、そういった発言をした政治家は、日本国内で叩かてれるわけですけど(笑)←つい(笑)をつけてしまった。
日本は敗戦後アメリカに占領されていたということ。
そんなことも、わたしは授業ではっきり習った覚えがありません。習っていたとしても、近代史って時間なくて駆け足だったし、記憶しようがなかったのかも…。好きだったのって古代だったし。しかも世界史。
日本史には興味がなかったからなぁ…。
試験のために勉強はしていましたけど、歴史を一本の線や軸としては捉えてなかったと思う。いま現在が過去の歴史のうえに成り立っているという単純なことが理解できないまま、学生時代が過ぎたなぁ、と。
そんなこと理解してなくても年表や事件さえ憶えておけば試験は通りましたしね…(歴史はひたすら暗記するのみ)

と、長くなってしまった。

調味料バトン

森生さんからまわってきたので、答えたいと思います~。
といってもですね。わたし、あんまり調味料をつけないのです。ので、家庭でつける場合を書いてみたいと思います。
(家庭でって、それは調味料つけてるってことなんじゃん。というツッコミがきそーですが、家庭の味ってことで/謎)
結婚前と結婚後で違うんですけど…

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。
 ・目玉焼き→塩とお醤油(実家ではソース)
 ・納豆→専用のタレ(実家ではお醤油+生卵)
 ・冷奴→刺身用のお醤油
 ・餃子→お醤油、酢、ラー油(実家ではお醤油のみ)
 ・カレーライス→そのまま。お醤油(実家ではソース)
 ・ナポリタン→そのまま。味が薄かったらタバスコ。
 ・ピザ→そのまんま。
 ・生キャベツ→お醤油(実家ではソース)
 ・トマト→そのまんま(実家では、お砂糖)
 ・サラダ→そのまま。思い出したようにゴマだれ(実家ではマヨネーズ)
 ・カキフライ→タルタルソースかマヨネーズ。
 ・メンチカツ→お醤油かソース。
 ・コロッケ→ソース。
 ・天ぷら→お醤油かお塩(実家ではソース)
 ・とんかつ→とんかつソース。
 ・ご飯(おかず無しの時)→お塩ふっておにぎり。

実家のほうが味が濃いんです。親が北国?出身だからかもしんないんですが(なんで「?」かというと白線流しのところだから)

【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
 ・トマトに砂糖? 自分では普通だと思ってるので、どれが意外なのかわかりません。天ぷらにソースは驚かれたかな。結構いけるんですけど。
 
【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
 ・どれが一般的なのか、わからない~。

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?
 うーん。5人、いない…。いつもまわしている方に(笑)

 ・ゆゆさん
 ・ゆっきぃさん
 ・しぐちゃん

ここを見つけてしまって、書いてやるかーと思ったらもっていってくださいまし(ぺこり)

CGIなんて… (BlogPet)

夜は、ネットでダメと広い外部とかを拍手しなかった
やばいっすよ(余計なお世話/笑)


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あんず」が書きました。

最近、戻ってくるのです。

何が戻ってくるのかというと、レセプト用紙。明細書です。月に一度これを国保連合会に送って健康保険組合とかから入金してもらうわけですけど、これがね、戻ってくるっすよ。明細書には保険者番号と名前と生年月日と治療した内容とか点数が記されているんですけど(他にもいろいろ) このどれかひとつでも間違えてると戻ってくるんですね。
うちは手書きなんで、PCなら間違えないような間違いをします。
保険の種類ごとに○をつけなくちゃならない箇所があるんですけど、この○の付け方を間違えちゃうことが多くて、ですねぇ。ここ数ヶ月なんですけど(なんでなんだか、わからん) いまは高齢者と老人と市町村でやってる特別給付とかがごちゃーとしている時期でわかりづらくはあるんですが(あと2年かな?で、だいぶすっきりしてくる筈)
今になって間違えが増えることの言い訳にはなりません。3月辺りから戻ってくる率が高くなりました。いままでは1年に1枚戻ってくるかこないか程度だったのが、3月辺りから月に1枚から2枚ペースで戻ってくる。
これ書くと、なんでも自分でやんなくちゃ気がすまないのかといわれそーですが、実は3月から、それまで週に3日やってた受付を、週に1日半に減らしているのです。つまり…わたしがレセプトのチェックをしないまま、せんせにレセプト用紙が渡ってしまう率が高くなってるのです。
だから、まぁ、わたしが叱られるのは当然なんでしょう。
こうなったら頻繁に受付にいって確認してやる(時間があったら)
受付って、窓口な上に、お金を扱うから、あまりやりたくないです…。


それにしても男女の○を間違えただけで戻してくるんだなぁ。あきらかに○付け間違いなんだから。でも、こういうとこ曖昧にしちゃいかんのでしょうけど…。以前は、名前の漢字がちょっと違っただけで戻ってきていたので、いまは、まだよくなったほうか…(「沢」と「澤」とか「渡辺」と「渡邊」と「渡邉」とか「、」ひとつ付け間違えただけで戻ってくることもあったんですよ) 数字やひらがなが読みづらかったりしても戻ってくる。「ろ」と「3」とか手書きだと同じに見えることあるんですよね。あと、名刺サイズの保険証は見づらくてしょうがない(ぶつぶつ)

もも

最近ももがめちゃかわいい。ハムスターですが。
涼しくなってきたもんで木製の巣の中に入りこんでいるんですが、餌の時間に近寄っていくと、その小屋から頭をひょこっと出して、こっちを「じー」と見るのです。目は見えてない筈だけど、目が合うので、愛らしい。それ見て「もも、かわいいー」ともだえてるわたしは、あほっぽい(爆) 

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ