FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.コトー診療所 サウンドトラック

最近のBGMです。好きなんです。エンドレスです。
吉岡秀隆くんのことも、わりと好きなんですよ。一時期、暗いなぁと思って敬遠していたんですけど、友人が好きで、その付き合いで「ラストソング」を見にいって、おかしいな、なんでか色っぽく見えるなぁと思ったのがきっかけで(わたしの好みは紙一重) 以来、わりと好きなんです。演技、上手ですし。「ラストソング」では尾崎豊に似た歌声を披露してますけど、歌も上手ですし。あまり台詞のない口下手な役で(そういうのが似合うんですけど)豊かな才能を持ったギタリスト。主役は本木でしたけど、もちろん本木もよかったですけど、吉岡くんの「静」の演技の、なんともいえない表情というか、どうしようもない、もの悲しさが、ラストのシーンを盛り上げてくれました。なんつーか、じーんとくるですよ。
こないだ見にいった映画の前に予告があったんですけど、タイトルはなんだっけ。これだ。ALWAYS 三丁目の夕日 これの予告編を見て、うるうるしてました。吉岡くんが芥川竜之介の役で出ます。マンガが原作なんですね。←最近多いですね。予告編で泣けてしまうものは本編を見ると「あれ?」ってこと多いんですけど、昭和三十年代のお話ということで、うちの母を連れていったら面白がるかもしんないなーと思っているところです。
スポンサーサイト

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン その2

映画、なのかな。10月に届く筈のDVDが、ゲーム「十六夜記」とほぼ同時に届いたのにはびっくりしました。ずっと十六夜記をしていたので見てなかったんですが、昨夜、見ました。夜中の1時から、ちょっと、どんなだか見てみよっかなーと見始めたら…止まらない…。
面白かったです。懐かしかった。ゲーム中で見た場面が凄まじいCGで蘇っているし、戦闘シーンも迫力がある。クラウドは最初めちゃくちゃかっこよくて「誰これ」とか思っちゃいましたけど、情けない性格がそのまんまで、ああ、そうだった、こういう性格だったよと、また懐かしく。ティファは、めちゃくちゃ美人で、声も可愛くてすばらしいです。神羅側のキャラもゲームそのまんまだし、不満があるとすれば…エアリスがあまり出ていなかったこと(しょうがないんだけどさ) 買ってよかったと思いましたよ。また見直すことができるから。

それにしてもティファは綺麗だったなぁ。クラウドにはもったいない(こら) でも、クラウドは強い。かっこいい。さすが主人公。おいしいところ、ひとりじめ(笑)

容疑者 室井慎次

昨日見た映画です。活動的に過ごすとか書いておいて映画館に入っていたんじゃ、いつもと大差ないですねぇ。何を観ようかと映画館のまえで考えて、時間的に丁度よかった「容疑者 室井慎次」を鑑賞しました。
踊る大捜査線と同じシリーズとしてみると、静かな映画なので、え?と感じるんですが、というか、これ青島くんが出てこなくちゃおかしいんじゃないかと、そう思える内容なんですが(つか、ちょっとは顔出せみたいな) ほとんど全編シリアスな映画でした。

踊る大捜査線はテレビシリーズをレンタルして観て以来、映画はちゃんと映画館で観ているんですが(友人が好きなもんで) こないだの「公証人」は見そびれました。レンタルに出たら観る予定です。
なので公証人の内容はわかんないんですけど、全体的に、なんていうか…犯人が「愉快犯」なことが多いなぁと。愉快犯っていうか、動機が薄い。実際の犯罪も公表された動機なんか「なんでそんなことで?」てなことばかりですけど、というかサスペンスものでも探偵ものでもないんで、あんまり犯罪の動機がメインになることはなさげですけど、どうもなぁ。テレビシリーズはまだしも、映画版のほうは、ことごとく…。そういう犯人が多いなぁ、と。んなこと思いつつも、無口な室井さんが語る場面では泣けましたし(笑) 弁護士役のおふたりもよかったです。内容については公開中だし、あまり詳しく書かないでおきます。

一日中、ゲーム三昧。

自分でも何をしているんだかと笑ってしまうくらいやっています(笑) 後半、ただの作業になっていますが…。おかげで頭くらくらです。これじゃ体に悪いので、明日は友人と逢って活動的に過ごすつもりです。
午前中は仕事だし(連休明けで予約が大勢入ってるし)
そろそろ寝なくては…

頭痛が…

頭痛といっしょに右上の歯が痛いです。
どうも疲労すると歯も痛むっぽい。炎症を起こしやすくなっているんだろうなぁ。なんでなんだか、きれいに治療されている歯なのに。

なんで疲労しているかって、集中して何時間もゲームなんぞしたからですよ(ばかです) 明日また遊ぼう。

本日やったこと。朝から家の掃除、洗濯、液晶テレビの受け取り(彼の部屋におさまりました。液晶って薄くていいねぇ) ビデオ鑑賞。

観たビデオは「あずみ2」
「あずみ」は前作のほうがよかったです。アクションシーンも前作のほうが迫力があった気がします(たんなる慣れかもしれないけど) あずみの「その世界で生きていかなければならない」という、いくつもの命を抱いたままの使命感と、人への懐っこさとか、そういうのがあまり出てなかったなぁ、と。でも、そんなあずみに懐いて「かまいたいんだ」と取り巻きのようにひっついてくる徒党たちは可愛かった。

暑い…

集合住宅のせいか鉄筋のせいか熱がこもっていて異様に暑いです。もう秋だというのに…。今日から涼しくなるというので上着をクローゼットから出したら、臭います。とても着れない。カビかなー。

液晶テレビは結局店頭で買いました。お店と交渉すれば(ネットでの価格をいったりして)お値段は結構下がるものなのですね。電化製品は値切るのが普通だと思いこんでいるんですが、最近は激安ショップが多いので「これ以上はちょっと…」とかいわれちゃってます。学生のときは、糸がほつれていれば安くしてくれと交渉したり(服ですよ、服) さすが関西育ち(といっても幼稚園まで)とかいわれていました。
店員さんとのやりとりが楽しかったんですよ。
いまは電化製品以外は値切りません。

遠い路

「遠い路」
イ・ビョンホン(最初ボンヒョンとか書いてしまいました。ごめん)主演のドラマを観ました。韓国ものをちゃんと観たのは初めてです。
風習の違いに「おー」と思ったり、同じアジアだから同じだな~思ったり(靴を脱いであがるとか布団とか) 食事前のお祈りはキリスト教だなと思ったり、太巻き寿司って韓国でもつくるんだなぁと思ったり(和訳では「海苔巻き」になってたけど、見た目は太巻き寿司。おそらく、飯が寿司飯じゃないから「海苔巻き」なんだろう(かな)韓国海苔はしょっぱいから調味料なしでいけるっぽい?)
お墓に石碑も板もなく名前もわかんない状態なのに驚いたり、
お参りの作法に、イスラム教を思い起こしたり、
目上のもの(とくに家長)が勧めないかぎり先に座ったりしないことや、正面を向いてお酒を飲んだりしないことや、家長の前では煙草を吸わないことや、そういった要所要所の儒教的なことはドラマのなかでもポイントおさえてあって、
洗濯板のかわりに、これは、岩? 石?とか。
なにやら妙なところにばかり目がいってしまいました。
家長の許しがないと座らないというのが相手を敬うことだとは思うんですが、家長が室内で胡坐をかいて座ってるまえで、立った状態のままいるという絵づらは(挨拶するときは床に頭をこすりつけますけど、挨拶したあとはまた立ち上がるんです) 見た感じ、威圧的に感じてしまう。日本なら、相手より低い位置にいなければという意識が働いて、中に入って座ってといわれないかぎり室内に入らないとか、座っている人を相手にする場合は、まず正座して座りこみ頭を下げて低い位置から挨拶して、そのまま頭をあげないとか、そんな作法になるんだろうなぁと思ったりしました。
風習が違うんで、日本の作法のまんまでいったら、相手に失礼なことになりそうです。
って、肝心の内容について触れてませんでした。

このドラマはですね。なんとなく田中邦衛を思い出すっていうか、このお父さんは絶対に田中邦衛だと思ったんですけど、つまり、そういう雰囲気のお話なんです。田舎に住むお父さんと、都会に住む娘。娘に早く結婚してほしいのは自分がいなくなったあと娘を大事にしてくれる人がいてほしいからで、娘の幸せばかり考えている父親と、そんな父親を大切にしたい気持ちいっぱいの娘。最初にイ・ビョンホンとの偶然の再会シーンが何度かあって、ふたりの縁を感じさせるシーンがいくつか出てくるので、正直、最初から話の先は読めてしまうんですけど、
それでも、お父さんの演技と、イ・ビョンホンの目の表情が、情感たっぷりでいいです。惜しいのは主人公に違いない女の子の影が薄くなってしまっていること。なんか添えものみたいになってて残念です。
いろいろ書いてますが、やっぱり、このドラマは、お父さんがいい。
韓国語の日本語字幕で観たんですけど、
お父さんの哀愁漂う雰囲気と口調が素晴らしいです。
「どんな相手がいいんだい」という問いかけに「娘を大事にしてくれる相手ならいい」と答えるところとか、さらっとしてるのに、じわーんときました。ラストでお父さんがアイドル状態になってるのが、わたし的には、ツボ。かわいすぎ。ほのぼのしてていいです。

液晶テレビ

電気屋さんにいって話を聞くと、もともと買おうと思っていた商品よりも新しいものに目が移ってしまうものですね(さすがお上手)
色が違うとか光の入り方が違うとか、
彼がすっかりその気になってシャープのAQUOSの最新版がいいと心に決めたようです。ネットのが安いと思ったらそうでもなくて保留中。いったいいつになったら買うんだか、彼につきあうと店めぐりで疲れ果てます。わたしもその気になって22型を買おうかと思ったのですが、小さいサイズの持ち運びできるのが欲しいんだから、22型は大きすぎるじゃん、と、昨夜気づいて、ネットで購入するのやめました。
でも22型以上じゃないとデジタル対応になっていないんですよね。
2011年のこと考えるとなぁ…。←地上波が消える年
安いの買って、約5年使用。それもいいかもなぁ。

バトンですよ。

しぐっちからバトンがまわってきました。見てびっくりです(笑)
えー、わたし、わかんなーい。とか、いいたくなったですが、しっかりわかるので書きたいと思います(こほん)



【受け攻めバトン】

Q1:好きなシチュエーション。
A1:心理的な攻防合戦。

Q2:あなたが萌える台詞は?(受と攻両方とも)
A2:しばらく考えたんですが思いつきませんでした。

Q3:あなたが萎える台詞は?(受と攻両方とも)
A3:受が「いや…っ」とか「○○なんだもん」
   攻がかわいいのはいいんですけどね。

Q4:思い入れのあるカップリングを5つ。
A4:思い入れというよりも、印象に残ってるカップリングってことになりますけど。

*火村×有栖(有栖川有栖(作家)の探偵シリーズ)
*周喩×孔明(三国志)
*芹沢鴨×土方(新撰組)
*L×月(デスノート)
*将×弁(遥か3)

最初の一組を除いて、傾向が同じですよ…
策略家同士ってのがいいんだな。
しかも受のほうが勝ってる組み合わせがいいんだな。
自分でも、はじめて気づきました。

Q5:次にまわす5人(その人が受か攻か明記)

これは…どうしよう…。うーん。
とりあえず、いままでバトンをまわしたことのある、
ゆっきぃさんとゆゆさん
それから、いままでバトンがまわってきたことのある、
白宮さんと森生さんへ

受とか攻とかはわかんないので、パス。
ここに気づいちゃって、書くかな~と思ったら貰ってください。
でなかったらスルーの方向でよろしくです。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

まだ買ってないので観ていません。けど評判は良好のようなので、やっぱり買うか、レンタルになるまで待つかとか考えつつ、店頭にあったら買おうかなとCDショップを覗いてみていたんですが(昨日から) まったくなくって。入荷してないのか?とか思いながら、中古ゲーム屋さんにいったら、新品コーナーにパッケージが並んでいて、
「好評につき品切れ中」の文字が。
というか、FFなんだから、ゲーム屋に行けばよかったのか…。
とりあえず探すの面倒になったんで、アマゾンで購入しようかと検索してみたら、通常版の発売日は22日。十六夜記と同じ日です。
予約してまで購入してもすぐには観ないんじゃないかな(すでに目に見えている) それなら中古で出回るまで待っても…。どのみち初回限定版は高価なので買う気はないし。というか十六夜記もプレミアムじゃなくて通常版なんだし。←予約しそびれて完売になっていた。
22日になってから考えよう。


今日は夕方から寝こけてしまって起きたの夜の七時半でした。寝すぎです。おかげで、だるだるです。明日は電気屋めぐりして液晶テレビを購入する予定です。ただの日記を書いておくと、あとあと便利なので、書き書き(笑)

電車男

原秀則さんのコミックス「電車男」3巻を読みました。完結しているんですね(レンタルして読んでいたのです) ネットが絡まなければ少女漫画のようなごくふつーの恋愛話なんですが←たとえば逆パターンなら少女漫画には満ち溢れている。ちょっと冴えない女の子が、クラスの人気者とかカッコイイ男の子に恋をして変身していく、とかね。メガネとったら超かわいい、とか(笑) 顔も知らないネットの住人たちが、その恋を応援し、それに励まされて変わっていく姿がよいのかな。
コミックスだと脱おたくしているんですよね。青春の思い出にしてしまうというか…。あとエルメスが、やけに、きれいすぎ。しかも大人っぽい。でも、自分のことで必死になって涙まで流してくれる男の子に心が動くのは自然だし、そこそこ見た目がよければツボに嵌るだろうなぁとは思う(夢もなんもない感想で申しわけない)
ハッピーエンドでよかった。

おたくの恋に関しては、みづき水脈さんのコミックス「綾 ホステス、18歳」(なんかアダルトっぽいタイトルですが/笑)の巻末に収録されている「オタクの恋」のほうが、らしいよなと思いましたよ。
「オタクはなるのではなくて、オタクとして生まれてくる」(笑)
つまり、真面目で完ぺき主義でひとつのことに熱中するタイプの人は、オタク率が高いってことで、隠していても性格を変えることはまずできないんで、何をしても結局そっち系になりやすく(笑) バンドマンに恋して、オタクだということを打ち明けるタイミングを考えたりして(隠すより打ち明けるところが女っぽい) オチもすっきりしてて、短い話でしたが、らしいよな~と思いました。

ドラマの電車男は、おたくについて勘違いしすぎな感じで、見ていてメルヘンのようです。でも、こういうふうに思われがちだということは、シビアに受け止めたほうがよいのだろうな…。というか、それ違うよ!と、突っ込める自分が悲しいです(笑)
来週が最終話ですねぇ。フジテレビのドラマは最終回の前に夕方から再放送をしてるもんだから、ついつい職場で観てしまいます。電車男も、それで、何話分かは観たのです。面白い、と思いました。
ドラマチックになってますしね(ドラマなんだから当然か)

王の帰還

SEE版がレンタルビデオ屋さんにあったので半額デーのときに借りて、本日、観ました。午前中からゆっくり観たんですけど、観終わったときには夕方なんだなぁ…(笑)
最初は字幕で観ようかと思ったんですが、映画館で字幕版は観てるので、日本語吹き替え版にしてみました。そしたら、映画館では感動したシーンで、うるっとこなかったです。声優さんがうまくないと、吹き替え版はよろしくないですねぇ。でもサムはすごくよかったですよ。
やっぱり英雄はサムだ。
この映画って、友情の絆みたいの、すごく感じさせてくれるので、観ていて麗しいです。あと画面では、醜いオークとか腐った感じのとか骸骨姿の亡霊とか、むさいおっさんたちが活躍していて、女性と子供は逃げ惑うシーンに出てくることが多く、男勝りのお姫様が勇敢に戦うシーンはありましたけど甲冑に身をつつんでいるので華やかさに欠け、そのなかで弓を手に舞うように戦うエルフのレゴラスが、あんまりにも、美しく際立っていて、目の保養になりました。彼がいなかったら、ほんとに画面が、むさすぎる…(こら) あと真っ白なガンダルフ。魔法使うより杖で撲殺する戦闘シーンが目立ってましたが、意外な熱血ぶりがよかったです。映画公開版ではかなりのシーンがカットされてるんで、あれ、なんで、いつのまに?という場面もあったですけど、SEE版だと、そういう細かいエピソードもわかりやすく挿入されていて、なるほどねと、やっと納得したり。
狼煙をあげるとこは、映画館でも、かっこいいなぁと思ったところで、あんな雪山の山頂にいつ上がるともわからない狼煙の番のために見張りにたってる兵は大変だよなと思ったりしたんですが、あらためて観ても、やっぱりご苦労さまなことだよなと思いました。だって雲より高い山頂で、断崖絶壁みたいなところに狼煙台があるんですもん。

そんなこんなで、映画三昧な休日でした。

昼寝したときに見た夢

職場では、よく、お昼寝しています。
バイト先もそうでしたが、Drもよく寝るし、スタッフもよく寝ます。ほんの10分でも、目を閉じます。細かいとこ見てるから目が疲れるのかな。わたしのは、ただの習慣です。

で、夢を見たんですよ。
いつものように、お米を研いだら、ちっこい虫がうぞーって…
べつに気持ち悪くはなかったんですが、起きてから考えたら気持ち悪くて、帰宅してすぐ米びつの清掃をしてみました。
夢ですが、虫がお米についていたのは現実ですので(汗)
米びつの掃除はいつかはしなくちゃなんなかったのですよ。
でも、ダメです。虫のありかがわからない。
こんだけ幼虫がいるんだから卵がある筈なのに…(うげ)
もう捨てちゃおっかなー。←面倒くさがり
分解できないから、掃除しきれないんですよ。

逆に考えれば、虫がつくんだから、農薬控えめなお米なんだろう。
そう思っておこう。
いや、虫がわいたのは、以前あった魚沼産のこしひかりだったのかも。おいしそうだし。無洗米って、いかにも消毒ばりばりしてそーですもんね。きっと虫なんてつかないですよね(決めつけ)
無洗米に虫つかれるのが、こんな困ることだとは思っていませんでした。

1日がもっと長ければいいのに。

「Drコトー診療所」(コミックス)を最新刊まで読み終わりました。
ぼやーんとした医師と看護師の星野さんとのやりとりが、ほのぼのしていて好きです。でも、大きなきっかけがあって、はじめて進展するというのは、なしにしてほしかったなぁ…。いや、そういうのも好きですけど、そうでないと進展しなかったろうし。というか、むしろ進展しなくてもよかったかな、みたいな…。いや、もう、互いに惹かれあってる描写いっぱい盛り込んで、それでも互いの気持ちを確かめてなくって、もどかしい~くらいが、わたしは好きなんですよ(力説)
まぁ、いつかは、くっついてくんないと、それもつまんないんですけどね…(笑) マンガを読んで思ったことは、ドラマ、すごく丁寧に、それでいてドラマチックにすっきりまとめたかたちで、マンガの世界を表現していたんだなと、あらためて感心しました。
マンガが先だったら、イメージが違う~と思ったかもしれませんが、ドラマが先だったので、わたしは、ごくふつーに主人公の五島に吉岡秀隆を重ねてました。なんか口調がね、ぴたっとくる感じが…
星野は柴崎コウとはまた違うイメージですけど。

最近、終わりがけに来ます。

患者さん。受付終了まぎわ、或いは終了してから来るんですよねぇ。
うち、受付終了が早いんですけど、せんせが帰宅するのも早いので、過ぎてから来られちゃうと、まず診察できません。
でも、時間を過ぎてからくる患者さんって、せんせがいないのを見はからって来てることもあって、治療内容について疑問があったりとか、あるいは他のとこにかかってるけどこんな治療はあるのか、とか。そんな感じの質問を受けることがあるんです。みなさん、いろいろ不安なのでしょうね。痛みがなかなか止まらないのっていやですもんねぇ。とりあえず不安でいっぱいの患者さんにはやさしくありたいです。
が、さーて帰るぞーってときにやってきて、30分も話しこまれると、自分、もっと賢く受け流すことはできないものかと、思わず溜息が…

そのせいなのかなんなのか、今日は朝から体がだるいです。

巨人×中日

TG5sh0144.jpg

で、買ってきたのが、ぬいぐるみ。邪魔になるってのに(爆)
よそさまから流れてきたチケットなので(無料)どんな席かわからず行ったのですが、前から7列めのとても観戦しやすい席でした。が、思いっきり中日側。←彼は巨人ファン。私は、とくに、どっちというのがないので、にわか中日ファンになって応援してきました。負けたけど^^;
応援しててわかったことったら中日側の席だってのに巨人ファンだらけだってことでした。意地で中日の応援してました(笑)
楽しかったです。
空席が目立ってましたけどね…

雷雨。

暑いな~と思っていたら、突然の雷雨です。外、真っ暗。
でもきっと通り雨。夏の終わりを告げる雷雨かもしれません。

昨日は西の空に地震雲が見えたと彼が騒いでいました。
デジカメで撮った写真を見せてもらったけど、どうかな~。
ただの、きれーな夕焼けに見えます。
ちょっと気になるのは一昨日の夕方に、大量のコウモリが飛んでいたことですが…うちのハムスターは呑気なものですし、天変地異の前触れというわけでもなさそうです(希望的推測?)

そして今日はこれから東京ドームへ巨人戦を観にいくのです。
雨、やんでくれないかな~。

バス法とスクラブ法

ブラッシング法なんですけど、わたしが学生のときから歯周病に効果的な磨き方は「バス法」と教わりました。斜め45度の角度で歯と歯ぐきの境に毛先をあてて小刻みに振動させる磨き方です。歯ブラシは「やわらかめ」のほうがいいです。「スクラブ法」は歯の面に直角に毛先をあてて小刻みに動かす磨き方です。どちらも力をいれてはいけない磨き方で、とにかく「細かく動かすこと」が重要。

ということは「電動歯ブラシっていいんですね」といわれるんですけど、電動歯ブラシは振動が強すぎるのと、持ち手のところが大きくて細かな動きができないことがネックだなぁと、患者さんが持ってきてくれる電動歯ブラシで指導しようとするたびに思います(というか、これでちゃんと磨くほうが絶対に難しいって!と、思う/笑)
「音波歯ブラシ」は電動より振動が小さくて磨ける範囲がひろいので、ずっと簡単かもしれませんが。まず自分の手でちゃんと磨けることが前提にあればこそ、って感じがします。

わたしは、歯肉が腫れていなければバス法はお薦めしないし、腫れていなくても力を入れて歯を磨くことに慣れてる人には、薦める気がおきないです。そこはモチベーションで!とも思うんですが(笑) 若い方ならともかく、高齢の方は、いきなりまったく違う磨き方を教えたところで、その場ではできても、家でちゃんとやってくれるかどうかわかんないですし、習慣って無意識に出ちゃうものですし、忙しいですし、よっぽど「予防したい」という気持ちが強くないと、続けられるものでもない。だから元来の磨き方からかけ離れた磨き方より、その人が負担なくできそうな磨き方を教えるようにしています(というか、どうしても、そうなっちゃう) ローリング法は「古い磨き方」といわれているんですが、歯に負担のかからない、いい磨き方だと思います。わたしが教えているのは、実はローリング法ではなくて「チャーターズ法」とか「スティルマン改良法」とかいう(どっちだか忘れた/笑)磨き方で、思ったより難しい磨き方なんですが、マスターしてもらえたら、歯にも歯ぐきにもいいんじゃないかなと思っています。

バス法とかスクラブ法は、どうしても「ただの横磨き」になりやすく、数年後に確かめてみたらとんでもないことになっていた…ってなことよくあったので、以来、バス法は、ほんとに上手に磨ける人にしか教えられません。なんて、唐突に仕事の話を、つらつら書いてしまいました(たまには…/笑)

そして現在(2011年)
私は、チャーターズ法とかスティルマン改良法は指導していません。もっぱらスクラブ法と一歯ずつたてみがき法と毛先みがきだけです。共通しているのは「力を抜いて細かく動かす」「歯を1本ずつ磨くつもりで毛先を歯の面に直角にあてる」です。歯ぐきにブラシをあてるのは避けてもらって、マッサージは指先でしてもらうことにしました。

理由は、チャーターズ法などの磨き方は難しいので「患者さんがうまく習得できない」「手っ取り早く効果が出ない」から、です。歯科業界では、紙のムダ使いじゃないのかと思うほど患者さんに手渡す説明書がたくさんあります。歯のみがき方を教えたあとにも説明書を渡しています。そこにチャーターズ法みたいな難しい磨き方についてわかりやすく書くのが面倒(もとい大変)だし、次にきたときに磨けていないと再指導になるので、誰もがマスターできて、汚れを落とすのに効果的な磨き方のほうがすぐ数値に反映するので楽なのです。

テレビで一般的な「よい磨き方」として紹介されている磨き方でもあるので、多くの患者さんに受け入れられやすいというのもあります。

ちなみに、この磨き方に最適な歯ブラシの毛の巾は、小指の第一関節までの長さです。
個人差があるので、それぞれ、お確かめください。
思ったより大きめの歯ブラシを使っちゃってたことに気づいて、びっくりすると思います^^;

いい天気です。

今朝は清々しい天気です。雲ってますけど、湿気があまりなくて、さわ~としています。気持ちいいです。もう9月ですもんねぇ。
はぁ、もう9月かぁ。あっというまに年末になりますね(やれやれ)
去年の今頃は受験勉強していたんだったなぁ。
自主的にやる勉強は楽しかったですよ。
本来「知る」ということは、そういうもんなんですけど、学生のときは義務にしか思えなくて、むだなストレスを溜めていたなぁと思います。

米びつに虫が…

前々から怪しいとは思っていたのですが、ちっちゃーい虫が米びつのなかで繁殖しているようです。ようってのは確かめることができないからなんですけど。考えてみたら、うちの米びつって…洗えない、かも…? 検索してみたんですが、該当する虫がいません。コクゾウムシでもないし、ノシメマダラメイガでもない。でも、どっちかというと蛾な気がする。困ったことに、いまのお米は無洗米。でも水にいれると浮いてくるから除去できますが…そんなに数も多くないんですが…
というか、いつも2kgしかお米を買ってなくて回転早いんで、そう大変なことにはならない筈なんですけど、はじめて見たので、びっくりです。
とりあえず米びつの使用はやめておこう。

台風、きてました。

大陸にいっちゃったのだろうとばかり思っていた台風は、順路に沿って移動したらしく、今日の昼間から夕方にかけて突風が吹き荒れていました(ニュースくらい見なくちゃダメですね)
洗濯物を干して出なくてよかったです。

さて、このところHなブログへのトラックバッグが増えてます。見つけるごとに削除してんですけど、文字化けしていたり、いかにもなタイトルだったらクリックしないことを、お薦めします。

蒸し暑いです。

台風はそれましたね。前線に追いやられる感じで大陸のほうに流されていったんでしょうか? 被害のほうはどうでしょう。こちらは強い風も吹いていません。
台風による降雨量とかを見ると、鹿児島とか800ミリとか、すごい数字で、同じくらい都内に雨が降り続けたら、地下鉄とか浸水しまくりだろうなとか、河川も氾濫するんだろうなとか、見たこともない水量にびびります。だって、うちの地下駐車場が水没したのって、50ミリ/時間 だったんですよ? 道路なんか30ミリ以上どばーっと降ったら冠水しそうです。計算上は70ミリまで耐えられる筈だったのにといわれても、実際、それくらいの雨で水没しちゃったわけですから、構造上の欠陥だといわれてもしょうがない(うちはバリアフリーで、道路から地下駐車場へ下るのに、何も障害がないんです)

ハザードマップで近くの河川の堤防が決壊したらってのやりましたけど、あの堤防が決壊するほどの雨量だったら、すでに、うちの前の道路は冠水しているし、うちのマンションは床上浸水しているでしょう。その段階で逃げること考えなくちゃダメってことなんですよね。

なんだか忙しかったです。

なにが忙しいんだか?なんですけど、仕事の終わる時間が遅かったからなんだろうな、時間の配分がうまくいきません。あと友人から電話があった。不思議と和むんですが、でも、やりたいことは後回しになっちゃいますね。どうしても。
なんだかだ、ぼんやりしている時間が長かったりして。
ボケボケしています。

東京、神奈川、埼玉の水害がすごかったようで、ニュースで見てびっくりしました。100ミリ以上って、そんなのうちの近所で降ったら、えらいことになりますよ…(怖) あの泥水、下水道の氾濫もあって…とか聞くと、マンホールや金網から、水が、こぽこぽ、ごぼごぼ、音をたてて噴き上げて出てくる様子が目に浮かびます。はぁ。
なんかハザードマップがあったので、うちの近所の川の堤防が決壊した場合のシミュレーションをやってみたら、決壊してから、たった2時間で水深2メートルの浸水って出たんですけど。2メートルって足がつきませんよ…。ありえるのか、そんなこと。2メートルか。うち、一階だし、完全に水没しちゃうんですけど、そのまえに逃げなくちゃいけないですね。2時間で。いや、2メートルになるのが2時間なんだから、1メートルになるのはもっと早いし。水って、ほんとに「あ、やばいかも」って思ったときには、どばーってくるからなぁ…。
局地的な大雨になりませんように(神頼み)

地震と違って予測がつくことなんだから備えることができることはできるんですけど、都市型災害とかいわれちゃうと、もっと対策してよ、とか、いろいろ行政に対する不満が出てきたりしちゃうもんなんですよね。ただの自然災害でも…。便利を求めてそうなってんだから、災害に見舞われたときだけ責任転嫁するなんて、無責任もいいとこではあるんですが。わたしも、床上浸水しそうになったときは、早く水門を開けてくれと役所を恨みましたしね(よく知らないけど、放水できるはずだと思いこんでいた) 

とりあえず水があがってきたときはトイレもお風呂も使わないほうがいいので(逆流してくるんです~/集合住宅だからかもしれませんが) 台風くるぞってときには早めにお風呂しているのでした。←あまり意味ない気もしますが。

すごい大雨。

今朝にかけて、すごい大雨が降ったようです。
うちは大丈夫だったんですが、地域によっては床上浸水とか?
たしかに集中豪雨のようにザーっと降っては止んでのくり返しでしたもんね。やばいと思ったのは、昨日の夕方に降った大雨でした。
いっきに道路に水があがってくるので「あ、また冠水するかな?」と思ったんですが、そうはならなかったです。排水がよくなったのかしら…
車検したばっかで車が水没したら泣くに泣けない。
ほんとに車検って、お金かかるし。

車検は時間がかかります。

唐突に彼が「車検に行くからついてきて」いうので、今日は午前中からお出かけしました。ひとりでいきなよーといったら車検中の数時間をひとりでぼやっと過ごすのがいやだそうで、しょうがないからついてったのです。
なんか、いろいろ買わされた気もするんですが…。
久しぶりに家具とか電化製品とか見てまわったなぁ。
結構、疲れました。

おかげで今日はなんだか頭ぼんやりです。

花より男子

読み終わりました。なんか、すごい内容でしたよ。ドラマチックで。なんか、いろいろ詰まっていて。びっくりしたことに、ときめきを感じちゃいましたよ。感動はしなかったんですけど(ああ、でも、つくしが司に別れを切り出すところは、うるっときたかなぁ) とりあえず幸せモードに入ると、そのあと落とすのが定石になっているので、あああ、なんかこの流れはきっとそうなっちゃうんだろうなぁと思ったら、ほんとになるってのが、面白かったです。だから、いっき読みをしてしまいました。少女まんがちっくな話が書けそうなくらい、いろいろ読んでるなぁ(あくまでも「そう」ですよ。読めば書けるなら、みんなプロ)

金持ちの通う学園が舞台のお話ですが、回を追うごとに、学園から話が離れます(もともと勉強とか行事とか試験とかあまり出てこない学園なんですが) 金持ちのぼんぼんと貧乏な女の子のラブコメディ? どんないじめにも耐え抜く、強靭な精神力と体力のある女の子が主人公です。いじめには遭うんですが、そんなとき救ってくれる誰かが必ずいて、いじめる側にいた相手が、どんどん、つくしに陥落されていくので、結構、安心して読めるというか、たくましいです。
ただ後半の、やっと、らぶモードか?ってときに事件が起きて、韓流ドラマなんかでよくあることになって、まるで人魚姫のような話になってしまったときは(「人魚姫」の王子様は別の女性を自分を助けてくれた相手だと思いこんで愛してしまいますよね。つまり、そういう話になるんです) まぬけな王子様と、ぬけめのない(天然をよそおった無神経な)ニセモノさんにふりまわされちゃう、つくしに同情しちゃいます。
でも主人公のつくしが強いんで、シリアスに突っ走らないところが、からっと、さわやか。

で、台湾でドラマ化されてるわけだし、向かいのレンタルビデオ屋で見かけたこともあるし、こうなったら借りてみるかーとか思ったら…「流星花園」 どこにあるやら見つけられません。確かにあったんだし、本数も多いんだから、どこかにあるんだろうけどなぁ…。
しかし、これ、長いです。「流星花園」「流星花園2」「流星雨」とシリーズになっています。最後のは番外編ですけど。
うーん。観たい気分になっているのも今だけのような気もするけど、レンタル屋にあったら借りてしまいそうです。

金持ちと貧乏人の価値観の食い違った恋。息子のために身をひけと主人公の女の子を諭す母親と、いったんはそれに従う主人公。いや、こう書くと、なんか、ほんとに韓流ドラマはもちろんのこと「キャンディキャンディ」を思い出してしまうんですが…。
要するに、わたしは、こういう展開な話が好きなのだろうか。
やっぱり韓流ドラマも、ちゃんと観れば、嵌りまくるのだろうか。
何度もレンタルしようとしては挫折しているんですが…何って「冬のソナタ」 きっとビデオテープも傷んでるだろうなぁとか思うしですね。なにより全巻となると、長いですしねぇ。
なにも使命感に燃えて(あるいはネタのために)観るものでもないでしょうしね…(笑)

ヒアルロン酸って

ひょっとして寝る前に飲むと顔がむくむのでしょうか。
昨夜うっかり飲むの忘れたら、朝、結構、顔がすっきりしているんです。ヒアルロン酸って水の含有量すごいですし、水分とったのと同じことになるんですね、きっと。目がしばしばしているのは、寝る前にマンガをいっぱい読んだせい…(いっき読みするのはやめようと、いつも思っているのに、続きがすぐ読みたくなって止まらなくなるのです)
とりあえずヒアルロン酸は朝に飲むことにしました。

時間って、あってまに流れますね。

今日は何をしていたろうかと考えてみると、朝8時に起きたあと、掃除して(お風呂そうじ含む) レンタル屋さんでコミックスを大量に借りてきて、そのあとビデオを二本観たら、午後2時になっていて、それからマンガ本を読んで、ちょっと話が浮かんだので創作やってみて、サイトいじってたら夕飯タイムになったので、夕飯つくったり、彼が帰宅したり、お風呂に入ったり、ごはん食べたりして、そのあとは絵を描いて、とりあえずUPしたりしていたら、日付変更30分前に…。

ちょっと待ってよ。時間、足らないよ。
やっぱり本を読んだり、ビデオ観たりしてる時間がなぁ。
もうすこし有意義に過ごせないものかと、休日のたびに思います。
というか、もっと健康的にね…。

運動しなくちゃね…。

ウサギさん

ウサギさんが寂しがりやなのは、年がら年中、発情しているからって読んでびっくり。え、そうなの? そうなんですか? ということで、ちょっと検索してみました。「ウサギ 発情」で(なんつーキーワードだろう) 人間と同様、年中、発情しているそうです。ほぼ7日周期らしいですが。だから「寂しがり」なのか、そうなのか。そういうもんなのか? ツレがいないと寂しくて死んじゃうのか…。
ハムスターは、仲間がいなくても平気です。むしろ仲間がいると喧嘩しちゃって大変です。でもジャンガリアンは集団で子育てしたりして、結構、フレンドリーな種らしいです。はむももは、ころころ喧嘩してましたけど、大抵、オスのほうが弱いんですよ。噛まれる一方で(オスは、もも) 

さて、歯の痛みがなんとかおさまってきたと思ったら、思いだしたように痒いです。気がそれることがあると忘れるんだから気の持ちようなんだろうけどなぁ。

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。