「空飛ぶタイヤ」

実在した事件をベースに描いたフィクション。池井戸潤原作の映画です。長瀬智也主演。その昔、西田敏行主演で見かけた気がしていたんですが、勘違いでした。WOWOWで仲村トオル主演でドラマ化されているんですね。なにと勘違いしたんだろ。
久しぶりに父母とみにいきました。実に一年半ぶりです。
長めの映画でしたが、長く感じませんでした。

ネタバレ、かな。
有名な話ですが、内容わかったら見る気なくす人は読まないでくださいね。


大手の大企業に挑む運送会社のお話。
整備不良と思われていた事故が、実はトラックの構造的欠陥であったことを大企業が隠蔽していたという事件。リコール隠しですね。いまだにありますけど、以前ほどではなくなってきたかな。
長瀬智也は父親から引き継いだ運送会社に突然舞いこんできた死亡事故に動転する若社長役でした。絶対に整備不良ではないという確信のもと原因を追求し、あきらめない。同じくあきらめなかった人物と出会い、証拠を入手する。同時に組織内からの告発があったり、同系会社の銀行内にも首をかしげたものがいて、努力が実るのですが。
現実として、ある日突然に妻を喪った夫の叫びが胸に痛かったです。

なぜ罪を認めないのか。あんたたちのやってることは保身だ。自分のことしか考えていない。

でも違うのだから罪は認められない。
事故をおこした運転手はもう二度と運転したくないと引きこもり。事故をおこした会社に運送を発注する会社はない。経営は傾くし、銀行からは融資を断られる。家族のような従業員を守らなければならないけど、意に染まない和解はしたくない。
結論として冤罪は晴れ、被害者遺族とも和解はするんですが。
喪った命は戻らない。

リコール隠しをしなければ奪われずにすんだ命だったんだなぁとしみじみしました。

WOWOWのドラマもみたくなりました。
貸出中でしたけど。考えることは皆同じですね。

もはや接触性アレルギーなわけだけど

カラーリングとかカラートリートメントとかで地肌が荒れます。で、処方してもらったステロイドローションを使うとべたーとなって痒みがますのです。マラセチアだと思う。これきっとマラセチアアレルギーだわ。腸内環境を整えるといいというけど、グリーンスムージー飲んでもあまり改善されてません。残念至極。
ちょっと皮膚科に行きたかったんだけども、ジムで忙しくて行けないというね。
ジムといえば今月でおしまいです。ほっとしてます。私にはとことん向いてなかったです。残念だけど、しょうがない。というかお金がもったいなかったな。しょうがないことだけど。でも帰宅してから出かけることに抵抗感がなくなったのはイイことかもしれない。
腰が軽くなったともいう。

洗顔はこのところ石鹸なんですが、合わない石鹸のほうが多いです。これなら大丈夫という石鹸はお高いです。でもこれもしょうがない。しょうがないって言葉、便利ですね。

足が痛いです。

なんか痛くて歩くのつらいんですよねぇ。膝の痛みはやわらいだんですけども。思えば以前から足は痛くなりやすいんでした。歩き方かな?と思って矯正とかしてるけど、よくなってる気はしません。
筋肉がおちてるのが原因だろうけど、かといってストレッチすれば痛みひどくなるし、いまできることといったらダイエットだけなんじゃ?思ったので、
カロリーコントロールで減量できるかチャレンジしています。にしても、先が思いやられますね( ˘͈ ᵕ ˘͈ )
整骨院はおやすみしてたんですが、再開しても変わらずなのでお金もったいないけどもうやめようかな考えてます。整形外科にはまたちょといく予定です。
もう、よぼよぼ〜(_ _。)

iPhoneにしてから顔文字が増えました。メールとかも絵文字より顔文字になりがちです。

あと新居探してんですよ。でもなんかわくわくしてなくて困ってます。わくわくしたい!(笑)

iPhoneにしました。

Androidのままにしておくか迷ったんですけど、もうやっちゃえ!と思ってiPhoneに…。してみたら、とりあえずLINEゲームはすべてゲーム内の有料コインが引き継がれないことが発覚しました(うわぁ) 課金していた人がうっかりやっちゃったら最悪なんですげど。
うっかりやっちゃったからもう消えてます…(笑
ぇー、もっと大々的に知らせてよ。消えるってわかっていたら使い切っていたんですけど。このところもうやっていないとはいえ、もしやっていたらショックでもうやめちゃうんじゃないかな。ツムツムはやってるんですけども、ぎり使いきることができました。ほかはダメ。
バッテリー付きケースとかつけてみたら重くて大変です。
あと、なぜかメール設定ができない。なぜだかわからんです。
ドコモショップに行くしかないかな。めんどくさい。
そんなこんなな休日です。
今回は家でやることが多くて、あっというまにあと1日です。短かったなぁ。 

整骨院と整形外科

もともと整骨院って胡散臭いなぁ思っていたんですけども(イメージとして) たぶんずーっと以前のイメージのせいなんですけども、今は裾野もひろがって若い柔道整復師さんが増えて(理学療法士さんと同じように若い人が増えて) 街中で気軽に行けるところになりつつありますが。まずレントゲン撮影などができないという点をあげると、ひざとか腰とか痛めたり、交通事故に遭われた方が最初にかかるべきところは整形外科だと思うんですね。交通事故ならまず総合病院の外科にかかってると思いますが。
レントゲンでないと、まず骨の状態がわかんないし、わかんない状態で整骨するのは悪化する可能性もあるしで危険だと思うのですよ。素人考えですけども。たぶん、整形外科の医師にいわせれば、整骨院とか接骨院とかは邪道というか反目しちゃうところのような気がする。漢方医と蘭方医の違いなんですけども。日本においては柔道整復師のほうが歴史があるハズです。
あと「理学療法士」と「柔道整復師」が決定的に違うところは「し」でわかるように、理学療法士は理学療法士として事業所を設立することができない一方で、柔道整復師は設立できます。歯科衛生士と看護師の違いもおなじです。
柔道整復師が病院などでリハビリに関わるには受講する必要がありますが(一日の受講でいいそーです) 歯科衛生士はリハビリに関わることはできません(看護師はOK) そもそも歯科衛生士の資格には身体介護が含まれてないのです。
さて、柔道整復師。
その業務は、急性期において骨や関節を元来あるべき場所に戻す施術をおこなうこと。そこにマッサージや温熱療法も加えられています。けれど慢性期のマッサージなどは按摩針きゅうマッサージ師がいるので、そちらが専門です。
受傷した状態でなければ柔道整復師の施術で保険は適用されません。自費になります。
肩のマッサージお願いしたいわぁでかかってはいけない場所です。
以前かかったときは、マッサージでいったけど痛すぎて合わずに2回でやめてます。今回はちょっとまじめに通うつもりでいますが、自費なので高いです。めっさ高い。でもまぁしょうがない。
治療がうまくいくといいなぁ。
今日お試しでいってきたんですが(自費ですよ) 全身矯正。一応。肝心のひざと足は怪我している状態なのですぐに治るわけもなく施術終えたあとも痛かったんですけど、肩と首がめっちゃすっきりした。頭の神経痛は首からきてるものなので、結局ここのせいなんだなとわかりました。というか、からだが全身かたくなっていて、ほぐすだけで大変。
ふくらはぎのところをマッサージするだけで楽になるのも結局つながっているからなんですねぇ。
ジムは来月休むので、かわりに整骨院に通います(忙しいなぁ笑)
なんかもう歩き方とかちゃんとしないと、どんな運動しても怪我するだけだと思うこの頃です。

Pagination

Utility

プロフィール

きいこ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ